ホームBlog > データ・写真・動画DVDをUSB保存する方法

DVD USB保存ガイド:Windows/Macで各類DVDをUSBにコピーする方法

なぜDVDをUSB保存したい?DVDよりUSBメモリーのいいところ

写真、音楽、ファイル、動画などデジタルデータを実感がある方式で保存するように、DVDディスクがよく利用される。が、今DVDをUSBに保存しようとする人が多くなる。DVDをUSBにコピーすれば収めるにずっと便利である。DVDからメモリースティックや外付けバードディスクなどUSBメモリに移動すると、DVDより何十倍のスペースが節約できるので、DVDをUSB書き込みによって部屋はすぐ広くなる。

パソコンはWindowsかMacか、またDVDをハードディスク保存したいのは動画かファイルか、それぞれのDVD USB保存方法がある。

また、DVDをUSBにコピーするためにUSBメモリを買えば、DVDディスクの数によってUSBメモリ容量を考えるべきである。DVDからメモリースティックかSD/HDカードか外付けハードディスか、どっちに保存するかと、用途やデータ量などで決める。ではこれからDVD USB保存方法を紹介しよう。

PC&Mac USB保存方法|DVDをUSBにコピーするに一番のツール

ファイルを保存するDVDをUSB書き込みたいと簡単に実現できるが、動画の標準DVDをハードディスク保存する時に直接にコピペはできないので、専門なソフトが必要である。MacユーザーにMacX DVD Ripper ProというDVD USB保存ソフトを強くすすめたいが、WindowsユーザーにそのWindowsバージョンのMacX DVD Ripper Pro for Windowsを使えばDVDからメモリースティックにコピーすることが簡単に完成できる。

高速エンジンによって大量のデータとしても、このDVD USB保存ソフトでDVDをUSBにコピーすることをすぐ完成できる。一枚の映画DVDをUSB書き込み、数分間だけ完成できる。より専門な力で、より高速で高品質に作業を完成できる。また、映画DVDをハードディスク保存する時にDVDガード解除機能で、成功率が保証される。

100%安全
100%安全

DVDからメモリースティックまで、よく使われる記録メディア

今パソコンでよく利用される記録メディアは光ディスクとUSBフラッシュメモリという三つの種類である。光ディスクはDVD、BDで、USBフラッシュメモリはUSBメモリスティックやUSB外付けハードディスクなどが使われる。

DVDからメモリースティックまで、それぞれのメリットとデメリットがある。例えば、DVDをUSB保存すれば部屋のスペースを大量節約できるが、ファイルを渡す時にはDVDといった光ディスクなどやすいほうがいい。ではこれからよく利用される記録メディアの特徴、メリットとデメリットをご紹介しょう。

macbook dvd 再生

DVDディスク

よく利用される片面一層DVDは容量が4.7GBで、1GBあたり価格は約30円で、一枚あたりの価格は約150円である。標準DVD動画は2時間ほど保存でき、ハイビジョン動画の場合に数十分間保存できる。動画をまとめて保存する場合にDVDが一番やすいが、ディスクを収めるスペースを考えると、大量のDVDをUSBにコピーするほうがいい。

DVD容量を詳しくご紹介、または各容量の違い>>

BD(ブルーレイ)

よく利用される一層BDは容量が25GBで、1GBあたり価格は約20円で、一枚あたりの価格は約500円である。写真を保存すれば5000枚ぐらい収める。主には地デジ番組など長時間のハイビジョン動画が保存できる。が、今利用できるBDドライブが普及されていないそうである。

macbook dvd 再生

USBメモリースティック

8GB、16GB、64GBなど容量がある。容量が大きいほど、価格がやすい。8GBのUSBメモリースティックを例にすれば、1GBあたり価格は約250円で、一つ価格は2000円ぐらいである。動画、写真、書類ファイル、なんでも保存できる。光ディスクより、USBメモリースティックが何回も安心に書き換える。DVDをUSB書き込みたいと、USBの容量が注意してください。

外付けハードディスク

250GB、500GB、1TB(約1000GB)など容量がある。容量が大きいほど、価格がやすい。1TBハードディスクを例にすれば、1GBあたり価格は約12円で、一つの価格は12000円である。パソコンのよう容量と書き込み速度で、2000枚のDVDをハードディスク保存できる。

@、【Mac USB保存編】動画DVDをUSB 書き込みできる方法

まず、Mac USB保存ソフトMacX DVD Ripper Proをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「?」をクリックし、日本語を指定できる。

動画DVD USB保存 Mac



ステップ1: DVDを読み込む。


DVDからメモリースティックに保存したいディスクをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤く標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込む。


このソフトがサポートする入力フォーマットにはDVDフォルダとISOイメージがある。入力形式はDVDでない場合に、相応なボタンを押すことで読み込んでください。

動画DVD USB保存 Mac

ステップ2:出力フォーマットを選択する。


出力プロファイルを選択する。


「DVDバックアップ」に出力プロファイルは直接に再生できないがチャプターなどの情報が保存できる。「General Profiles」に出力プロファイルは直接に再生できる。DVDをUSB保存する時にニーズによって出力プロファイルを選択してください。また、「最近使用されたプロファイル」に四つ提供している。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。


この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。

動画DVD USB保存 Mac

ステップ3:保存先を選ぶ。

USBフラッシュメモリーをパソコンと連携する。「ブラウザ」をクリックして、保存先フォルダをUSBフラッシュメモリーに指定する。

このDVD USB保存ソフトでビデオオプションとオーディオオプションのようなパラメーターが設定できる。オーディオを選択でき、字幕を選ぶことも追加することもできる。編集機能が付いているから画面のトリミングもクロップもできる。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。数分間待つとDVDをハードディスク保存できあがった。

「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

【Mac編】データ、写真、ファイルDVDをハードディスク保存できる方法

データ、写真、ファイルを保存するDVDをUSBにコピーする時に、ファイルは特別な形式ではないので、普通にコピペすることでDVD USB保存完成できる。

データDVD USB保存 Mac

ステップ1:DVDをMac PCに入れる

DVD USB 書き込みたいディスクをパソコンに入れる。この時にMac PCが自動的にディスクを検出して、処理方式を求める。Finderで開けると選択する。

ステップ2:DVDからメモリースティックに保存したいファイルをコピーする

FinderでDVDディスクを開けると、ファイルが表示される。DVDからハードディスク保存したいファイルを選択して、コピーする。

ステップ3:USBフラッシュメモリをパソコンと連携する

USBフラッシュをパソコンと連携する。この時にMac PCが自動的にUSBメモリを検出して、処理方式を求める。Finderで開けると選択する。

外部DVDドライブの利用などによって、DVDとUSBを同時に連携できない場合に、コピーしたファイルをパソコンに預かる。そしてDVDドライブを抜けて、USBメモリをパソコンと連携する。

ステップ4:コピーしたDVDをUSBにコピーする

FinderでUSBメモリを開けると、ファイルが表示される。コピーしたファイルをUSBファイル表示するウィンドウにペーストする。ファイルサイズによってしばらく待つかもしれないが、データDVDをUSB保存完成した。

A、【Windows USB保存編】動画DVDをUSB 保存できる方法

まず、PC USB保存ソフトMacX DVD Ripper Pro for Windowsをダウンロードして、インストールしてください。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「?」をクリックし、日本語を指定できる。

動画DVD USB保存 Windows

ステップ1:DVDを追加する

DVDをUSB書き込みたいディスクをパソコンに入れて、標記された三つのボタンの中に左にあるボタンをクリックして、追加する。

ステップ2:出力プロファイルを選択する。

出力プロファイルを選択する。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

「DVDバックアップ」に出力プロファイルは直接に再生できないがチャプターなどの情報が保存できる。「General Profiles」に出力プロファイルは直接に再生できる。DVDをUSB保存する時にニーズによって出力プロファイルを選択してください。また、「最近使用されたプロファイル」に四つ提供している。

ステップ3:保存先を選ぶ。

USBフラッシュメモリーをパソコンと連携する。「ブラウザ」をクリックして、保存先フォルダをUSBフラッシュメモリーに指定する。

ステップ4:変換を開始する。

以上の操作が全て完成すると確認したら、「RUN」と書かれた大きな丸ボタンを押せば、DVDリッピングが始まる。数分間待てばDVDをハードディスク保存できあがった。

【Windows編】データ、写真、ファイルDVDをUSBにコピーできる方法

データ、写真、ファイルを保存するDVD USB 書き込みする時に、ファイルは特別な形式ではないので、普通にコピペすることでDVD USB保存完成できる。

データDVD USB保存 Windows

ステップ1:DVDディスクをパソコンに入れる


DVDディスクをパソコンに入れる。自動再生により、DVDディスクを開けて、ファイルを表示する。


ステップ2:USBメモリをパソコンに連携する


USBメモリをパソコンと連携する。DVDディスクと違って、USBメモリを開けずに自動再生をキャンセルする。


ステップ3:ファイルをDVDからハードディスク保存する


DVDからUSB書き込みしたいファイルを選択して、右クリックする。そうすればメニューが出てくれて、「送る」にクリックして、USBメモリの名を書いたところにクリックする。ファイルサイズによってしばらく待つかもしれないが、データDVDをUSB保存完成した。

MacでDVDをUSBにコピーするに必要なソフト-MacX DVD Ripper Pro

プロなMac USB保存ソフトだけど、使い方が超簡単!初心者もすぐ上手にDVDを変換できる!ISOイメージ、MP4、MOVなど何百種類の出力形式を用意している。そして、DVD USB保存機能も搭載している。DVDをUSB書き込みたい人とDVDコピーしたい人にとっては、とても役に立つツール!

あなたへのおすすめ

ホームBlog > データ・写真・動画DVDをUSB保存する方法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。