ホームBlog > MacX DVD Ripper for Windows書き込みガイド

【公式】MacX DVD Ripper for Windows書き込みガイド!DVD焼き方ご紹介!

MacX DVD Ripper for Windowsで書き込みたい?

MacX DVD Ripper for WindowsがWindows10に対応し、コピーガードにも対応できる。Windows環境にMacX DVD Ripper for WindowsでDVDをコピーし、色々なデバイスに取り込むことが簡単で高速にできる。が、最近MacX DVD Ripper for Windows焼き方がほしい人が増えるそうである。この便利なソフトでDVDコピーして、空DVDに取り込みたくてMacX DVD Ripper for WindowsのDVD書き込み方法に関する質問がこっちどっちもある。

MacX DVD Ripper for Windows:DVDコピーに一番の選択

MacX DVD Ripper for WindowsでDVD焼くことが簡単にできるので一番の選択と言われる。画質も音質も高いし、変換時間も短い。何よりのはその成功率。CSS DVD、RCE、リージョンコード、ソニーArccOS, UOPs, 容量偽装, ディズニーX-projection DRMなどのコピーガードが対応でき、MacX DVD Ripper for Windows 書き込み中に自動的に解除できる。

ほかのソフトが対応できない市販DVD、レンタルDVDでも、MacX DVD Ripper for WindowsでDVD書き込み、順調に完成できる。MacX DVD Ripper for Windows焼き方も簡単で、初心者でも機械音痴でもすぐわかるような操作で、クリック数回だけで完成できる。

ただし、MacX DVD Ripper for Windowsにコピーガード解除機能が内蔵しているが、家庭、個人で利用するためにMacX DVD Ripper for WindowsでDVDをコピーするよう、商売用しないでください。

100%安全
100%安全

MacX DVD Ripper for WindowsでDVD焼く前の準備:インストールと日本語化

まずはMacX DVD Ripper for Windows公式サイトから最新版をダウンロードする。最新版ではないと、新機種、新OSまたは新映画DVDが対応できない恐れがあるので、最新版を使ってください。


ダウンロードの保存先フォルダを開けて、「macx-dvd-ripper-pro-for-windows.exe」というインストールファイルを起動する。使用許諾同意書に「同意」にしたりインストール先を選んだりして、インストールを完成する。MacX DVD Ripper for Windows 書き込み作業がこれからできるが、日本語としてインストールしていない場合に表示言語を日本語に設定できる。


ソフトの右上に「?」と書かれるボタンをクリックして、言語を変更する。「日本語」に指定し、表示言語を日本語に変更して、英語が読めない人でも簡単にMacX DVD Ripper for WindowsでDVD書き込みできる。

MacX DVD Ripper for Windows焼き方その一:焼けるファイルを作成

MacX DVD Ripper for Windows 書き込み

ステップ1:DVDを追加する

DVDディスクをパソコンに入れて、標記された三つのボタンの中に左にあるボタンをクリックして、追加する。

この時にDVD種類を選択する画面が表示され、そこにある「自動検出」にチェックを入れて、「OK」をクリックしてください。失敗したら「強制ISO」に変更して、もう一度試してください。

ステップ2:出力プロファイルを選択する。

「DVDバックアップ」をクリックして、「DVDをISOイメージへクローン」という出力プロファイルを選択する。MacX DVD Ripper for WindowsでDVDをコピーするにこのファイルで出力すれば、1:1の品質が実現できる。選択が出来たら「OK」というボタンを押す。

ステップ3:保存先を選択

保存先を選択して、確認する。

ステップ4:変換開始

以上の操作が全て完成すると確認したら、「RUN」と書かれた大きな丸ボタンを押せば変換が始まる。数分間待てば完成し、DVDに焼けるファイルは保存先フォルダに保存される。

 

MacX DVD Ripper for Windows焼き方その二:ファイルをDVDに書き込み

フリーのソフトでなく、MacX DVD Ripper for WindowsでDVD焼く原因はフリーソフトが映画DVDに対応できないことである。が、空DVDにMacX DVD Ripper for Windows 書き込みできない。MacX DVD Ripper for WindowsでDVD書き込みフリーソフトが対応できるファイルを作成した以上、いつも愛用したフリーソフトで焼ける。また、多数のDVDに複製する場合に元DVDの代りにISOイメージファイルから焼くことに、DVDから読み出すことが一回だけするので作業時間が大きく短縮できる。ではこれからフリー焼きソフトと連携してDVDを増やす方法をご説明しよう。

MacX DVD Ripper for Windows 書き込み

ステップ1:焼けるファイルを追加する

愛用のフリーDVD焼くソフトを開ける。Burn Image BurnAware Freeを例にして、「Browse…」をクリックして、MacX DVD Ripper for WindowsでDVDをコピーした焼けるファイルを追加する。

ステップ2:空DVDを入れる

空DVDをパソコンに入れる。容量不足問題を避けるために、DVD9のディスクをいれてください。

マルチセッションディスクを入れる場合、一番最初に「Multisession」という画面が表示され、一番最後のセッションから追記を再開する場合は「Continue multisession disc」を選択する。又は、挿入されているディスクがファイナライズされていない場合、「The inserted disc contains data,〜」という画面が表示され、追記する場合は「はい」を選択し、ディスクを新規に作成する場合は「いいえ」を選択する。

ステップ3:ディスクタイプを指定し、設定を行う

画面左下にある「Estimated Size on Disc…」メニューをクリックし、ディスクタイプを選択する。作成するディスクのファイルシステムは、「UDF」のままでOK。ベリファイを行う場合は、「Options」ボタンをクリックして、「Verify data on disc after burning」にチェックを入れておく。また、ディスクのファイナライズを行う場合は、「Finalize disc (No further writing possible)」にチェックを入れておく。

ステップ4:ファイルをDVDに焼く

「Burn」と書かれた赤いボタンをクリックして、DVDに焼く作業を始める。しばらく待つと作業が終わり、フリーソフトと連携してMacX DVD Ripper for Windows 書き込みが完成できる。

MacX DVD Ripper for Windows

プロなDVDコピーソフトだけど、使い方が超簡単!初心者もすぐ上手にDVDを変換できる!ISOイメージ、MP4、MOVなど何百種類の出力形式を用意している。そして、DVD動画編集機能も搭載している。DVDコピーしたい人とDVDダビングしたい素人にとっては、とても役に立つツール!

あなたへのおすすめ

ホームBlog > MacX DVD Ripper for Windows書き込みガイド

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。