ホーム > ブログ > iDVD使い方まとめ

iDVD使い方・機能、iDVD焼き方をご紹介!iDVDを使って動画/写真をDVDに焼ける方法!

iDVD使い方

iDVDとは何?iDVD機能、メリットをご紹介

Macの原生ソフトのiLifeでDVD作成できる?実はiLifeソフトの一つのiDVDで、素人でも簡単に素晴らしい結婚式の記念DVDのようなものを作ることができる。iDVDはiLifeソフトの中に専門的なDVD焼くソフトである入力サポートのは動画だけでなく、写真をスライドショーに作ってDVD書き込みすることもできる。また、タイトル、サブタイトルも設定でき、テーマと選択メニューも作れる。が、公式サイトにあるiDVD使い方説明書はあまりにも難しくて、確かに全面だけど、動画DVD作成以外の機能も説明してしまった。あまり長くなって、そして画像が小さくてはっきり見れない。検索したら、Magic DVD機能で簡単にできるとわかるが、自由に設定することができない。iDVDとは元々便利に多彩で、個性的なDVDを作れる動画DVD作成ソフトなのに、Magic DVDだけ利用すれば無駄になる。ではもっと簡単に多彩なDVD焼くことができるiDVD使い方がないか?

見つからなくても構わない。ここでiDVD使い方を簡単に説明してあげる。Mac PCにある動画をDVD書き込みできる方法も、写真をスライドショーに作って動画DVD作成できる方法も、DVD映画を別のDVD焼く方法もご紹介しよう。複雑な操作を入れなくて、初心者に向けているもっとも簡潔な方法を画像で説明する。

iDVD使い方その一:動画からDVDディスクへのDVD焼く方法

ステップ1:新規プロジェクトを作成する。

まずiDVDを起動する。そうしたら画像のようなウィンドウが出てくる。「新規プロジェクトを作成」を選択する。新しく出たウィンドウに名前を入力し、場所を選択する。

ステップ2:テーマを選択する。

テーマを選択することと同時に、背景イメージや背景ムービーや、タイトルや、ボタンまで選択できる。まずお好みに合うテーマを一つ選ぶ。ウィンドウがなにか出たら「OK」をクリックする。
この時に、右のボタンでDVDのメディアとボタンが設定できる。

ステップ3:コンテンツを追加する。

追加ボタン(下にある三つのボタンの中で一番右にあるボタン)をクリックして、DVD書き込みたい動画をソフトに追加する。そうしたら左のボタンを押して、マップビューになる。マップビューにプロジェクトを整理する。動画の再生順番のようなものを、この時にする。また、次から次へと、タイトルに戻らなくて再生する動画は、一番目の動画をステップ2で追加するが、ほかの動画をこの時に追加する。

ステップ4:プロジェクト情報を確認して、DVDを作成する。

「プロジェクト」で「プロジェクト情報」を選択したら、新しいウィンドウが出てくる。このウィンドウで、各情報を確認する。そうしたら「ディスクを作成」ボタンをクリックする。ディスクの挿入指示が表示されたら、ドライブに空のディスクを挿入する。そうしたら動画からのDVD焼くことができあがった。

iDVD使い方その二:写真をスライドショーとして動画DVD作成する方法

iDVDとは、Mac専用な動画DVD作成ソフトであり、全能だともいえる。動画だけでなく、記念写真をスライドショーとしてDVD書き込みすることもサポートできる。方法のステップ1とステップ2、またはステップ4はiDVD使い方その一とほぼ同じであるので、これからステップ3のコンテンツ追加をご説明する。

ステップ3:スライドショーを作って、写真を追加する。

メインメニューを戻って、下にある「追加」ボタンをクリックする。そして、「スライドショーを追加」を選択する。そうしたらメニューに「My Slideshow」ボタンは表示される。そのボタンをクリックし、「More Photos」で入力する。入力したら写真の消去、順序の調整など、いろいろできる。写真から写真へとの転換方式も選択できる。それに、BGMを追加するには「メディア」パネルにある「オーディオ」をクリックする。

iDVD使い方その三: iDVD焼けない時の対処方法|DVD書き込み方法

結婚式のDVDをコピーして空くDVDを動画DVD作成したい?でもDVDからのiDVD使い方が分からない。実はiDVDとはあくまでもDVD焼くソフトであり、DVDにデータを焼くことができてもDVDからデータを取り出せない。では録画したDVDを複製し、友達や親戚に郵送することが、やはりできないか?それは絶対できる。DVDからデータを取り出して、パソコンに動画として保存すれば、一番目のiDVD使い方で空くDVD書き込み、焼くことができる。DVDから動画を取り出すことは専門なソフトを利用すればとても簡単である。オススメのはMacX DVD Ripper Proである。このMac専門なDVDリッピングソフトで、DVDに保存された映画や録画した動画など、動画ファイルとしてPCに保存することが簡単にできる。Mac PC対応な出力プロファイルもあるので、ファイルに詳しく知らなくても、出力先デバイスさえ知ればリッピングできる。それで、 iDVD焼けないなどの iDVDエラーを一発で解決できる。

更に、MacX DVD Ripper Proは絶えず更新中、最新macOSとデバイス(iPhoneX/8/8 Plus/Galaxy Note8/S8/Xperia XZ/Huawei Mate10など)にも対応している。それで、最新デバイスを持ち運びながらDVDを鑑賞できる。iDVDより機能が豊富で、手軽に操作できる。

Mac用
Windows用

 

ヒント:MacX DVD Ripper Proは、史上最大のアップデートとうたう最新バージョンがリリース。@. アダルトDVD・ダイエットDVDなど日本独自のコピーガード解除可能; A. 革命的な新しい専門音楽DVD対応技術、無劣化でDVDをオーディオファイルに変換; B. VLC Player などのプレーヤーで再生できないDVDやPCで見れないDVDを手軽にMP4(H264)に変換; C. 新しいハードウェアアクセラレーション技術を導入し、爆速でDVDをリッピングする; D.大切な部分を劇的に進化させ、最も安定、最も使いやすい、最も高品質にとなった;アップデートしないと損!

iDVD焼き方が難しいと思う方、及びiDVD焼けないとお困っている方は、MacX DVD Ripper Proはおすすめ。MacX DVD Ripper Pro自体にはDVD焼く機能を持っていないが、Macに標準しているアプリFinder/ディスクユーティリティと連携し、無劣化でDVDに焼ける。まずMacX DVD Ripper Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。そうしたら以下のステップで操作すれば映画DVDデータをPCに取り込める。

ステップ1: DVDを読み込む。

iDVD使い方

空くDVD焼くことがしたいディスクをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤く標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込んで、「自動検出」をチェックしてください

MacX DVD Ripper Proがサポートする入力フォーマットにはDVDフォルダとISOイメージがある。入力形式はDVDでない場合に、相応なボタンを押すことで読み込んでください。この方法でDVDをISOイメージにリッピングしたら、再び変換するとISOイメージから変換することができるので、ディスクはもういらない。

iDVD使い方

ステップ2:出力フォーマットを選択する。

ディスクユーティリティが提供する出力フォーマットと違って、このDVDリッピングソフトが提供する出力プロファイルは300以上もある。DVD書き込み用な動画として保存するには標記された「最近使用されたプロファイル」、「General Profiles」と「DVDバックアップ」のなかに適当な出力プロファイルを選んでください。後日に携帯デバイスに取り込む場合に、下にあるデバイスプロファイルに相応な機種を選んでください。

この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

iDVD使い方

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。
この時、ビデオオプションとオーディオオプションのようなパラメーターが設定できる。オーディオを選択でき、字幕を選ぶことも追加することもできる。編集機能が付いているから画面のトリミングもクロップもできる。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。
変換する時間は数秒で、しばらく待ってください。

TIPS:「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

iDVD使い方

ステップ5:ディスクユーティリティを起動。

ディスクユーティリティを起動してください(Applications/アプリケーション --> Utilities/ユーティリティ)。空のDVDを挿入してください。(オリジナルDVDはDVD 9である場合は、8.5 GBの空のディスクをご用意ください)

ステップ6:ファイルをディスクユーティリティに読み込む。

ディスクユーティリティに先保存していたISOファイルをドラッグ&ドロップしよう。今、空のDVDとISOにある。

ステップ7:isoファイルをDVDに焼く。

ディスクに焼きたいISOを選択して、Burnボタンをクリックしてください。上のように、保存先の確認(あなたの空DVD)が表示されるダイアログボックスが出る。それで、Mac DVD焼くプロセスが終わった。
ご注意:OSX El Capitanからディスクユーティリティに【ディスク作成】のボタンが無くなっていたが、
新OSXでもDVDのコピーが行える。

ご注意:

このソフトにはDVDコピーガード解除機能もついているが、買ったDVDをスマホ(iPhoneX/8/8 Plus、Xperia XZ/Z5、Galaxy S8/Noite8、Huawei Mate10など)のような個人利用なデバイスでも再生するために利用する限定で、決してこの時に利用するわけではない。市販中のDVDを別のDVDディスクにコピーして商売用になるのは違法行為なので、ご注意してください。

iDVDダウンロード・iDVD焼けない時の対策MacX DVD Ripper Pro

MacX DVD Ripper Proは最新の暗号化されたDVDのコピープロテクトを解除機能は目に立つ。最新のディズニーDVDコピープロテクトや、CSSで暗号化されたDVD、ソニーARccOSでプロテクトDVD、およびリージョン1−6の商業用DVD(アダルトDVD・ダイエットDVDも対応)を全てサポート可能。また、デコーダとエンコードのパラメータを調整する機能や音声/画像を抽出する機能も持っている。特定の用途に使用したい人にとってすごく便利になる。先進な技術でリッピング処理を最適化させて、速いスピード・高い品質を保持しながら、あらゆる種類のDVD データ コピーして再生する。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはDVDコピー機能を持ち、無劣化でDVDをisoにコピーし、Finder/ディスクユーティリティでDVDに焼ける。だから、iDVD焼けないなどのiDVDエラーで困っている方は、このソフトをお試し下さい。

関連チャンネル