ホーム > ブログ > iOS10 アップデートご案内

iOS10 アップデートご案内!iOS10対応機種、新機能、アップデート方法

iOS10 アップデート

iOS最新バージョンのiOS10が公開された!iOS10新機能は?

標準アプリが消去したい?Siriで第三方アプリを操作したい?このような願望が実現できるiOS10が公開された!iOS10できることに待ちに待った標準アプリ消去機能などがある。また、いろいろな進化が重ねて、iOS10 アップデートしたらiOSデバイスをもっと自由に使えるとともに、3DTouchもよく利用されるようになる。今iOS10対応機種が持っているユーザーはワクワクしてiOS最新バージョンにアップしようとするが、どうすればいいかと分からない。一般ユーザーにバージョンアップを提供するのは、9月になると予測されている。今開発者しかiOS10 アップデートできない。一般ユーザーはiOS10新機能を利用したいと方法があるか。まず自分のデバイスはiOS10対応機種に含められるかないかと、確認してください。

iOS10対応機種一覧:iPhone4sとiPad2は残念

40%以上のiPadが放棄されるという噂がある。これはiPad2(New iPad)がiOS10 アップデートできないということである。また、iOS10できることはうまそうで、今回は絶対一刻もはやくiOS最新バージョンにアップしたい。ならば新しいiPadを買うか、あるいはiOS9のままでiOS10新機能利用しないかと、iPad2ユーザーは自分なりの考えがあるだろう。また、iOS10対応機種に含められるiPhone7はiOS最新バージョンが搭載されているので、iOS10 アップデートしなくてもiOS10新機能が楽しめる。ではとりあえずiOS10対応機種一覧をあげる。お持ちのデバイスでiOS10できることを体験できるかどうか、確認してみよう。

iOS10 アップデートする前にまず準備を!

データをバックアップする。

iOS最新バージョンにアップする時に個人的データは失ってしまう可能性がある。また、iOS10からバージョンダウンしたい時にもiOS9でバックアップしたファイルも必要である。その故で先にデータをバックアップすることを忘れなく。バックアップするのはiCloudでもiTunesでもできるので、お好きな方法を選んでください。
PS:安全なためにiOSバージョン変更しなくても、時には個人的なデータをパソコンにバックアップするのがオススメする。

互換性を確認する。

今使っているiPhoneとiPadはiOS10と互換性があるかどうか、確認してください。つまり、今iOS10対応機種であるかどうかと、ぜひ確認してください。

ログイン情報を確認する。

パスワードとアカウントのログイン情報を改めて確認すること。iOS10 アップデートする時も、iOS最新バージョンを使い始めたばかりの時も、このようなの情報の入力を求められるので、念のために確かめる方が賢い。

Wifiとデバイス状態

iOS10 アップデートする時にインターネットからファイルをダウンロードすることがあるので、Wifiを確認してください。また、デバイスにはメモリスペースがあることとバッテリー状態を確認してください。

開発者であるユーザーは今すぐiOS最新バージョンにアップできる方法

iOS10 アップデート

ステップ1:「Featured Downloads」というところからiOS 10 betaに対応する「∨」をタッチして、「Configuration Profile」に対応する「Download」と書かれたボタンにタッチする。そうしたら「iPhone」を選んで、右上に「インストール」にタッチする。

iOS10 アップデート

ステップ2:この時にはロッグ解除のパスコードが求められる。入力したら規約画面が表示される。その内容を確認してから「インストール」にタッチするとインストールが始まる。しばらく待てばインストールが完了した時に再起動が必要なので再起動する。これで「Configuration Profile」が完成でき、iPhoneがiOS10 アップデートできるようになる。

DVDリッピング・コピー
動画DL・変換・編集
iOS10 アップデート

ステップ3:設定アプリを起動する。そして「一般」をクリックして「ソフトウェアアップデート」を選択する。そうしたらiOS最新バージョンの情報が表示される。その下にある「ダウンロードとインストール」をタッチする。

iOS10 アップデート

ステップ4:この時にはロッグ解除のパスワードが再び求められる。入力して、使用条件を同意して、そうしたらiOS10 アップデートに必要なファイルがダウンロードし始まる。ダウンロードしたら「今すぐインストール」か「後で通知」かと選択肢が出てくれる。後に用事がないなら今すぐインストール方がオススメする。そこにタッチして、しばらく待つと、iOS10できることで楽しめる。

Tips:この方法は開発者でない一般ユーザーが利用すると、iOS10にアップしても検証ができない恐れがある。また、iOS10が一般公開する前にiOS10 アップデートしたらiOS不具合などが多くあることでご注意してください。

一般ユーザーはiOS10できることを楽しみたいとどうする

iOS10 アップデート

一般ユーザーには一番オススメのはOTAアップデートである。簡単で、また違い操作してしまう可能性はほとんどない。これから紹介された手順でiOS10にアップできる。

ステップ1:設定アプリに「一般」をクリックして、「ソフトウェアアップデート」に入る。こうすればiOSが最新か自動的に確認して、iOS10に関する情報が表示される。「iOS 10」の下にはアップデートファイルのサイズがあり、デバイスの残りメモリが足りるかと確認してください。

ステップ2:「ダウンロードとインストール」をクリックしてください。この時にはネットが必要であるので、安定なWIFI環境を確認してください。これからアップデートファイルをダウンロードしてインストールするので、しばらくお待ちください。またiOSデバイスが再起動したりすることがある。デバイスが再起動すると、完成に近い。

ステップ3:アップデートファイルをインストールしたら再起動したりする。そして、デバイスの指示に従って、iOSデバイスを設定する。そうするとiOS10 アップデートが完成し、iOS10新機能が利用できる。

TipsiOS最新バージョンがアップデート提供し始まったばかりな時に、アップする人が多いので失敗することが多い。二三日待てば順調にアップデートできる。またiOS9.3.2前のiOSが搭載するデバイスの場合に、まずiOS9.3.2にアップすることが必要ということもある。

リリース:速報!iOS10アップ失敗してiPhoneが起動できなくなるバッグ発生!

9月14日朝からiOS10正式版はアップグレードが提供し始める。それからあせてアップグレードする人が多い。が、iOS10.0.0がバッグがあり、アップデートしたらiPhoneが起動できない、あるいは起動できるが検証できなくなることでiOSデバイスが利用できなくなることが多く起こるそうである。

順調にiOS10にアップグレードできるTIPS:

iOS10.0.0ではなくてiOS10.0.1にアップデートする。iOS10.0.1が修復されたバージョンである。iOS10アップデートする人が最も多い最初の一週間が経った後で行うことが強くすすめる。
アップデートする前にiPhoneあるいはiPadの残りエネは85%以上あると確認する。充電しながらiOS10アップデートするほうがすすめる。
安定なWifi環境で行うこと。IPが頻繁に変わるWifiも公共WifiもiOS10アップデート中止するリスクがある。
デバイスに充分なメモリスペースがあるとぜひ確認してください!重要!
Apple IDとその対応なパスワードを確認してください。

iPhoneが利用できなくなるバッグ発生したソリューション

iTunesでiPhone/iPadをiOS9に戻す。だが、これでデバイスに保存されるデータが紛失されてしまう可能性があるのでiOS10アップデートする前にデータをバックアップすることがぜひしてください!
iTunesでiPhoneをiOS9にバージョンダウンする方法>>
初心者ならお店に行って店員に解決してくれる。

なんとしてもiOS10にアップデートしたい人にソリューション

いままで利用できなくなるiPhoneがみなOTAでアップデートするデバイスである。この方法を使ったら、利用できなくなるiPhoneをiTunesでiOS10にアップするチャンスが得られる。が、この方法は100%成功できるとは言えないし、データをすべて紛失する可能性もある。iTunesでiOS9に戻るほうがおすすめするが、どうしてもiOS10を利用したいお方はこの解決法を試してください。

必要なもの:iPhoneとライトニングライン、Mac/Windowsパソコン、最新版iTunes(Ver.12.5.1.21)、安定なWifi環境

ステップ1:iPhoneをパソコンに連携して、起動している状態が必要である。界面はiTunesと連携した界面になれば大丈夫。そして、iTunesの注意喚起にiPhoneのソフト更新を止める。

ステップ2:「更新」と書かれた青いボタンをクリックして、次の注意喚起にも青いボタンにクリック。そうしたらiOS10.0.1アップデートファイルがダウンロードし始める。

ステップ2:ダウンロードしたら自動的にインストールするので、これからずっと待てばいい。早ければ5分間で完成するが、遅ければ一時間以上かかる。パソコンが急に再起動したり、連携が急にできなくなったりすれば失敗するのでご注意してください。

Tips:iTunesが最新バージョンではない場合にiOS9に戻って、すべてのデータが紛失されるのでご注意してください。 起動できなさそうに見えるiPhoneをパソコンに連携したらiTunesと連携する画面がある場合がある。連携する画面があると大丈夫であるが、もしその画面が現れないとお店に行くしかない。

【随時更新中】iOS 10関連の国内外から配信されるリーク情報や最新情報特集

【追記:2017/04/04】Appleは日本時間4月4日未明、iOS端末向けにiOS10.3.1をリリースした。このバージョンでは、バグの修正と、iPhone、iPadのセキュリティ問題の改善が含まれている。今回検証するためにアップデートした端末はiPhone5・iPhone5s・iPhone6・iPhone6s PlusでどれもiOS10.3からのアップデートになる。

【追記:2017/01/24】Appleは2017年01月24日(日本時間)、最新アップデートとなるiOS10.2.1の配信を開始した。iOS10.2.1は新機能追加というようなものではなく、バグ問題やセキュリティ問題の改善(脆弱性の修正)がメインとなっているマイナーアップデート。iOS10.2.1アップデートによると、Apple Watchによって自動的にロックが解除される問題や、悪意のある連絡先カードを追加してしまうとアプリが強制終了する問題など、13件の脆弱性が修正されている。

【追記:2016/12/13】Appleは12月12日(現地時間)、最新アップデートとなるiOS10.2の配信を開始した。iOS10.2のアップデートでは100個以上の新しい絵文字が追加され、写真やメッセージ、ミュージック(再生中画面でのシャッフルやリピートが見やすくなる)、ニュース、メール、アクセシビリティーなどのアプリで細かい改善を実施した。更に、システム全体の安全性の改善及びバクの修正が行なわれている。

iOSデバイスのファイルを転送、管理、同期できるソフト

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!だから、iOS10アップデートしてもデータはそのまま。MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはプロなDVDリッピングソフトであり、Mac OSの上で、最高品質と速度でDVDをコピーかつ変換するソリューションを提供する。iOS10新機能でDVDを再生するには不可欠なツールである。iOS 10アップデートしたらぜひお試してください!

関連チャンネル