ホーム > ブログ > iPhone7 vs Galaxy S7比較紹介

【機種変換】2016注目されたスマホiPhone7 vs Galaxy S7比較面々紹介!

iPhone7 vs Galaxy S7

iPhone7 vs Galaxy S7:2016年最も注目されるスマホの勝負!

2016年最も注目されるスマホと言えばもちろんiPhone7とGalaxy S7である。アンドロイド一番のGalaxyは今年も新機種公開する予定で、iPhoneも二年に一回の大変化が迎えようとする。2016年に新しいスマホを買いたい人にとってはiPhone7 Galaxy S7どっちでも検討していることがあると思う。iPhone7 かGalaxy S7かと迷っている人も多くいると思う。が、迷うことだけしても結論が出てくれない。まず自分のニーズや、スマホ利用習慣などを考えて、iPhone7とGalaxy S7のスペックなどを分かり、iPhone7 Galaxy S7違いを比較してからiPhone7 vs Galaxy S7にどっちにするかと決めよう。

100%安全
100%安全

iPhone7とGalaxy S7のスペック比較:iPhone7 Galaxy S7違いを一目で

iPhone7

Galaxy S7

デザイン

iPhone7 vs Galaxy S7 iPhone7 vs Galaxy S7

スクリーン

  • 4.7インチ/5.5インチ
  • 1334x750/1920x1080
  • サファイアガラス
  • 5.1インチ/5.5インチ
  • 2560x1440/4K
  • ゴーニング第五世代ゴリラガラス

CPU

A10

Snapdrgon 820/Exynos 8890

メモリ

2GB/3GBRAM+32GB/128GB/256GBROM

4GB RAM+32GB/64GB/128GBROM
TFメモリカードサポート可能

カメラ

1200w(+1200w)+700w画素

2000w+500w画素

OS

iOS10

Android6.0.1

バッテリー

1715mAh/3100mAh
高速充電対応

3000mAh/3600mAh
高速充電対応、ウェアレス充電対応

公開時間

9月7日(日本時間9月8日朝2時)

2月21日

ハードウェアにより、iPhone7 Galaxy S7どっちにしようか?

ハードウェアでiPhone7とGalaxy S7を比較すると、いわゆるアンドロイドデバイスとiOSデバイスを比較すると、絶対アンドロイドのほうが勝つ。が、iPhone7 vs Galaxy S7にはそう言われない。ご覧のように、大体にはGalaxy S7のほうがより良いが、スクリーンのほうならiPhone7により傷づきしがたいサファイアガラスになる。スクリーンの傷を心配しているお方はiPhone7 かGalaxy S7かと選択する時にこれを考えるほうがオススメする。

デザイン

iPhone7 vs Galaxy S7

iPhone7ならアップルの習慣で今年にデザインが大きく変化することになるが、公開したらiPhone6sとほぼ同じで、新しいジェットブレックが選択できる。。また、3.5mmイヤホンジャックがなくなるため、iPhone7の薄さは7.1mmになるそうである。薄くなるとカメラが依然として浮き出すことは、完壁を追求するユーザーにとってはなかなか納得できない。ここにはiPhone7 Galaxy S7違いがあり、Galaxy S7がGalaxy S6と同じようなデザインが採用され、Galaxy S6と同じく曲面スクリーンと平面スクリーンの二つの機種がある。つまり、今回は主にはスペックやソフトウェアなど、技術的なアップグレードであり、デザインのほうがアップすることがなさそうである。一言に言えばiPhone7 vs Galaxy S7に、一目で「これが最新な機種!」に見えるほうが黒いiPhone7で、最新的な技術が体験したいならGalaxy S7にする。両方がほしいお方には1年半を待って、2017年のiPhone8を買えばどう思う?

スクリーン

iPhone7 vs Galaxy S7

iPhone7のほうが同じく4.7インチのiPhone7と5.5インチのiPhone7 Plusがある。(ちなみに噂にある4インチのiPhoneがiPhone SEになり、iPhone7シリーズには4インチのiPhoneがない。)両方でもサファイアガラスのスクリーンで、鍵などの硬いものと一緒に置いても傷付く心配がない。また、スクリーンの解像度がiPhone6sと同じであるが、最大輝度が向上され、特にスクリーンの画像が暗い時にもっといい体験が得られる。一方、Galaxy S7は5.1インチと5.5インチスクリーンの機種があり、5.1インチスクリーンが2560x1440画素であり、5.5インチスクリーンは4Kである。ゴーニング第五世代ゴリラガラス使用され、傷付くことも少なくなる。この方面でiPhone7とGalaxy S7比べる力がなかなかない。ではiPhone7 かGalaxy S7かと選択する時に普通に利用する時にスクリーンが壊しやすいお方はiPhone7にするほうがすすめるが、高解像度が欲しくて映画などを見ることが多いお方はGalaxy S7にする。

CPU

iPhone7 vs Galaxy S7

iPhone7に搭載されるのは間違いなくマルチコアのA10コアである。iPhone6sに搭載されるA9はこれほど素晴らしくて、A10とその一緒のMコアがA9より40%の性能が向上されている。が、iPhone7 vs Galaxy S7にコアがより良いのはiPhone7 Galaxy S7どっちかと未だに言えない。Galaxy S7に搭載されるのは最新なSnapdrgon 820とExynos 8890、何よりの流暢な体験がくれる。ちなみに、Galaxy S7コアがSnapdrgon 820かExynos 8890か、機種とは関係がなさそうである。発売地域次第と思われている。実際に試す前にはこの二つのコアはiPhone7 Galaxy S7違いしかないと言えるが、iPhone7とGalaxy S7比べるとどっちのコアが強いかと言えない。

メモリ

iPhone7 vs Galaxy S7

もしGalaxyスマホがTFメモリカード対応できるようになるとどうと思う?最新なGalaxyスマホが4GBのRAMがあり、ROMは32GB/64GB/128GBROMが選択できる。また、TFメモリカードも対応できる。これで消費者がiPhone7 かGalaxy S7かと、メモリスペースで選択する時にはiPhone7の優位がちっともない。iPhone7が2GBのRAMと64GB/128GB/256GBのROMで、二倍になるがメモリカードが対応不可であれば、絶対いいアイディアではない。iPhone7 PlusのRAMは3GBになるが、iOS10だったら2GBで充分だったら体験の向上はどうかとわからない。比較できる2GBRAMのiPhone7 Plusがないから。ここで消費者がゆっくり考えるほうが賢いと思う。

カメラ

iPhone7 vs Galaxy S7

iPhone7が1200w+700w画素カメラ搭載しているが、iPhone7 Plusは1200w+1200w+700w画素カメラである。iPhone7 vs Galaxy S7に競争し合うサムスンのほうはより高い解像度の2000w+500w画素カメラで戦う。実際にiPhone7 Galaxy S7どっちのカメラがいいかと、発売した後に写真を撮ってみた後でわかることであろう。

バッテリー

iPhone7 vs Galaxy S7

iPhoneの最も厄介なところと言えばすぐバッテリーを思い出す。メモリスペースが足りなくなることがよくあるが、実に32GBの機種、されに128GB機種にすれば解決できる。が、今までアップルはバッテリー持ちの問題を解決する気が無さそうで、むしろ機体を薄くなるためにバッテリー容量が何回も減らす。今回のiPhone7はこのようなiPhone7とGalaxy S7の3000mAhと3600mAhのバッテリーと比べるとすぐ負ける。またGalaxy S7が対応するウェアレス充電もiPhone7/iPhone7 Plusが対応できない。

特有機能

iPhone7 vs Galaxy S7

iPhoneがいよいよ防水になる!また、iPhone6sで好評ばかりの3D TouchはiPhone7にもできるし、同時に複数のところに3D Touchがサポートできる。また、アップルは「AirPod」というブルーツース-lightningイヤホンが開発して、iPhone7に利用できる。が、それと同時にiPhone7には3.5mmイヤホンジャックがなくなる。つまり、これから普通のイヤホンが利用できなくなる。これが絶対いいニュースではない。また、カメラが浮き出すことが変わらないままである。でもGalaxy S7もカメラが浮き出すことになってしまう。それに、iPhone7 Galaxy S7違いには、iPhone7が指紋認識で、Galaxy S7が虹彩認識である。そう!Galaxy S7が虹彩認識対応できる!でも四つの機種が全部対応できるとは言えない。また、Galaxy S7がUSB Type-Cがいよいよサポートできるようになる。今スマホがだんだん同じくなる時代に、iPhone7 かGalaxy S7かと決定するのはこれらの特有機能である。今年にiPhone7 Galaxy S7どっちでも買いたいお方が自分のニーズに最も合うものを選択するほうがいい。

 アップルは21日、iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)RED Special Editionを発表し、3月25日午前0時01分(日本時間)より発売される。カラー以外は既存モデルと共通で、IP67準拠の防沫・防水、防塵仕様。3月25日の0時1分より注文を受け付け、Apple Storeで一括購入した場合の価格は、iPhone 7の128GBモデルが83,800円、256GBモデルが94,800円。iPhone 7 Plusの128GBが96,800円、256GBが107,800円。

DVDリッピング・コピー
動画DL・変換・編集

ソフトウェアで良いのはiPhone7 かGalaxy S7か?Android6.0.1かiOS10か?

ソフトによるiPhone7 vs Galaxy S7とはやはりiOSとAndroidの比較であろう。iOSとAndroidに選択すると、いわゆるiPhone7とGalaxy S7に一つだけを買うと、やはり自分の使用習慣とニーズに合うものを選択する。が、はじめてスマホを買う人とiOSを試したい元Androidユーザーにとっては、iPhone7 Galaxy S7どっちにするかと習慣だけで判断するわけがない。ではAndroidとiOSの利点と欠点なんであろうか?

Android

iPhone7 vs Galaxy S7

iOS

iPhone7 vs Galaxy S7

Galaxy S7にあるシステムはAndroid 6.0.1バージョンを基づいて開発されたGalaxy S7専用システムである。開発したのはサムスンだけでなく、Google側も参加したので、このシステムはサムスンのスタイルがありながらオリジナルのシステムに負けない流暢性がある。このシステムは以下の特徴がある:

アプリ:アプリが多いのは間違いなく絶対Androidのほう。iPhone7 Galaxy S7違いには最も体験に影響が当たるのはGalaxy S7で利用できるアプリがiPhone7で利用できない恐れがある。

自由:iPhone7 vs Galaxy S7にGalaxyの味方になることはつまり、ウェブサイトからアプリをインストールしたり、スマホにあるどんなファイルでも自由に複製したり消去したりすることができる。また、マルチメディア、例えば映画などのファイルをどんな手段でGalaxyに変換してもすぐ再生できる。

多彩:Androidには自分が最も好きなシステムデザインが採用することができる。デスクトップを彼女の写真にしたり、フォントをかわいいスタイルにしたりすることがROOTしなくても簡単にできる。今のデザインがあきたらすぐ別のデザインに変化することも簡単にできる。誰もどんな時も一番綺麗と思うデザインが楽しめる。

iPhone7に搭載されるのはiOS10である。今は詳しい情報がないが、iOS9よりiOS10がより良いスピードで、より強い機能が動ける。また、利用しないオリジナルアプリを消去することも無料にできるようになる可能性がある。

流暢:iOSの利点と言えば一番のは流暢である。タッチしたらどんな操作でもすぐ動かして、すぐ完成できる。長い時間で利用しても、たとえ三年使っても流暢さは全然変わらない。また、何年も経ってもその時のシステム新バージョンにアップグレードしても流暢できる。

安全:iPhone7 Galaxy S7違いとはiPhone7がもちろんその高自由体験ができないが、どんなことも心配しない安全感がGalaxy S7が与えられないものである。アプリは全部審査され、情報などがほかの人に知られることが全然ない。個人情報を重視しているお方はiPhone7 Galaxy S7どっちを買うかと、考えることもなくiPhone7のほうがいい。

簡単:Androidの利用者にはもっと多彩はシステムが体験できるが、それがシステム変換できる以上のことである。システムをインストールする方法がないと、多彩なデザインはともかく、流暢さも失う。が、iOSにはこれらの複雑な操作は全然ない。システムアップグレードでもタッチ一回で実現できる。

iPhoneデバイスのファイルを転送、管理、編集、同期できるツール

かなり優秀な評価の高いiPhoneデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!だから、iPhone 7などの iPhoneデータをMacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。