ホームBlog > macOS 10.14 2018年リリース-macOS Mojave最新情報

新システムmacOS 10.14 2018年登場!次期macOS Mojave 2018年最新情報おまとめ

次期macOS 2018年に公開されるのは、macOS Mojave!

macOS 10.14 2018年6月5日にAppleが公開した製品の一つとして、今年は前より注目される。macOS最新情報も混んでいる。なぜなら今年、macOS Mojaveにリリースしたら待ちに待ったmacOS次期新機能が搭載された。例えばmacOS 2018年にダークモードが搭載された。macOS 10.14 Mojaveの命名について、アメリカのカリフォルニア州・ユタ州・ネバダ州・アリゾナ州に広がる大きな砂漠「モハーヴェ砂漠」の名前を採用したことで、macOS次期バージョンは砂漠のように昼夜に分明になるという。ほかにもMac APP Storeの変更・進化、デスクトップ・スタックスというデスクトップ整理機能など、macOS 10.14 Mojaveに新機能が満載で、これからmacOS 10.14対応機種、macOSアップデート時間から、macOS 次期新機能を詳しくご紹介しよう。

macOS 10.14 2018年オススメのDVDコピーソフト- 100% 安全

MacX DVD Ripper Pro - 超カンタンの操作だけでお好きな映画DVDをコピー・リッピング可能!レンタルDVD、録画DVD、家庭DVDなど色々なDVDを動画ファイルとして保存できる!また、DVDリッピングソフトとしてDVDディスクに保存される映画をiPhone、iPad、Androidスマホ、タブレットに変換する機能もすばらしい。また編集機能と音声抽出機能も内蔵され、思い存分に楽しめる。
 
 

macOS 10.14 2018年公開時間とmacOS Mojaveアップデート時間

例年どおりに、次期macOS 2018年6月のWWDC(アップル開発者大会)で公開されて、今年WWDCは米国時間6月4日(日本時間6月5日2時)により開催され、macOS 10.14も2018年6月5日に公開された。セキュリティなどmacOS Mojaveに進化されたところ、ダークモードなど次期macOS新機能、または対応する機種も公開された。公開されたのはmacOS 10.14の開発者向けのベータ版であり、開発者が新しいmacOSアップデートできるが、一般ユーザーには提供しない。一般ユーザーがmacOS 10.14 Mojaveにリリース提供するのは9月のApple新製品発表会まで待つということ。9月に至ってはmacOS Mojaveに不具合などを解決して、アプリの開発者もアプリをリリースして、ダークモードなどmacOS 2018新機能に対応できるようになり、9月に安定に動作できる。一般ユーザーには9月にリリースするほうがオススメ。

macOS2018新バージョンが公開されたと同時に、iOS12、watchOS5も公開された。iOS12詳しい情報をチェック>>

macOS 10.14対応機種:2018年macOSアップデートに対応できる機種


iMac:2012年後半機種及びそれ以降の機種
MacBook:2015年機種及びそれ以降の機種
MacBook Pro:2012年機種及びそれ以降の機種
MacBook Air:2012年機種及びそれ以降の機種
Mac mini:2012年後半機種及びそれ以降の機種
Mac Pro:2013年後半機種及びそれ以降の機種、またはMetal対応GPUを搭載した2010年機種と2012年機種

また、macOS 10.14 2018年にアップするとアプリもリリースされるので、macOSアップデートして順調に利用するように、次期macOSにアップデートに必要の空き領域より大きいスペースを用意するほうがオススメ。

macOS 10.14対応機種のユーザーに:macOS Mojaveをインストールする方法>>

2018年macOS 10.14新機能:macOS Mojaveに真のダークモード追加!

macOS 2018年に最大の目玉機能といえば「ダークモード」であろう。次期macOSの基本UIは従来の「白」から「黒」に変更するmacOS最新機能である。次期macOSではウィンドウ全体をブラックにすることができる。それと同時に、文字などは逆に白になり、読めやすくなり、一面に「かっこいい」と評価された。macOS 10.14 Mojaveのデスクトップの壁紙に関しては「朝」「昼」「夜」で自動的に切り替えできるようになり、時間によって自動的に変更することができる。このmacOS Mojave新機能は次期macOS 2018年発表されたばかりの今では標準アプリと一部の大手アプリのみ対応できるが、サードパーティ製アプリも徐々に「ダークモード」に対応していくものと予想される。9月に一般ユーザーにmacOSアップデートを提供する時にサードパーティー製アプリも大体対応できることが期待できる。

2018年macOS 10.14新機能:macOS MojaveにMac APP Storeの大改革

2011年に世を問ったMac APP Storeは今までの七年間にほとんど更新されていなかった。当時の目玉更新点は今古いサービスとなり、お世辞にも使い勝手は良いとはいえない。が、macOS 10.14 2018年でMac APP Storeを作り直すほど革新した。今回発表されたmacOS Mojaveではまず、Mac APP Storeの界面はiOS版のApp Storeライクなデザインに変更されることが明らかにされた。また、macOSアップデートしたら「Discover」や「Create」「Work」「Play」「Develop」「Categories」といったタブが複数用意され、ユーザーがアプリを探しやすくなる。また、macOS次期App StoreにAPPの紹介界面に大きな画像やプレビュー動画を掲載できるようになり、ビジュアル的にもアプリの魅力をアピールできるようになりそうである。

2018年macOS 10.14新機能:macOS Mojaveにデスクトップスタックス自動整理

macOS次期バージョンにアップしたら、画像ファイル、メモ、資料、書類、写真などがデスクトップにバラバラにして保存されることを過去にするmacOS最新機能が利用できる。ファイル種類、日付けなどファイル情報によって、このmacOS 10.14 2018年新機能で自動的に分類できる。macOS 10.14 Mojave新機能で分類した結果によって、同類ファイルをスタック、つまり重ねて、デスクトップの右端に整理する。ゴチャゴチャしたファイルを常に整理整頓、面倒くさがりなあなたもこれで快適な環境で仕事ができるようにと、macOS 10.14 2018年に実現させてくれる。このmacOS Mojaveの標準機能で、旅行の写真、関連書類、編集素材などをまとめて、仕事効率化に役に立つことが期待できる。

2018年macOS 10.14新機能:macOS MojaveのFinderに新しいギャラリー登場!

次期macOS 2018年に、Macのファイルマネージャー「Finder」に新しくギャラリー表示機能が搭載される。macOSアップデートすれば写真のメタデータなどもサイドバーに表示することができる。またクイックアクションが増え、複数のファイルを自動的にまとめるなどスマート機能がmacOS次期バージョンに充実。さらに「クイックルック」にも便利なアップデート、「マークアップ機能」を利用することが可能になり、署名を挿入することがmacOS 10.14 Mojaveにアップしたら全てできる。そのほか、アプリケーションを立ち上げることなく画像編集ができたりと地味に便利な機能が搭載。動画であれば簡単な動画編集も可能となる。動画をみながらトリミングも可能となる。

2018年macOS 10.14新機能:macOS Mojaveにスクリーンショット進化!

次期macOS 2018年からスクリーンショットを撮ったら画面の右下にプレビューが表示されるようになり、iOS環境でスクリーンショットを撮ったような効果である。撮影後のスクリーンショットはすぐにマークアップ(編集)することができる。macOS最新のFinderに搭載される標準機能で編集することだそうである。また、macOS Mojaveの前のmacOSバージョンを使って、スクリーンショットで静止画しか保存されない。が、macOS次期バージョンにアップデートすれば動画でも保存できるようになった。ちなみに、macOS Mojaveのデスクトップスタックスという自動整理機能で、スクリーンショットで撮った画像はほかの画像と違って扱って、分類されるそうである。

2018年macOS 10.14新機能:macOS MojaveにContinuity Camera!

macOS最新機能に画像表示や画像編集など新機能が満載で、またこれまでいくつのmacOSアップデートにMac PCとiPhoneとの協力がだんだん重視してきた。今「Continuity Camera」という機能がmacOS Mojaveに登場することがサプライズであるが案外では言えない。iPhoneとMacと連携したら、iPhoneのカメラで撮影した画像を、すぐにMacに送って加工したり、資料に挿入することができる。macOS 10.14 2018年にアップデートすれば、このような標準アプリがある。このアプリから「iPhoneで写真を撮影する」といったオプションを選択することで、iPhoneのカメラが起動し利用可能になる。ちなみに、iPhoneで撮影したスクリーンショットやカメラアプリで撮影したドキュメントのスキャン画像でも利用可能である。

2018年macOS 10.14新機能:macOS Mojaveに「新しい」標準アプリが複数!

元々iOS環境にあるアプリで、macOS次期に追加される。というわけで、次期macOS 2018バージョンにアップデートしたらHome、株価、ボイスメモ、Newsという四つのアプリがMac PCで利用できる。特に「Home」アプリの導入により、Mac PCもHomekitに追加され、macOS最新バージョンにアップしたMac PCはHomekitのコントロールセンターになる可能性がある。スマート家電と連携して操作することができるようになる。Macを利用する時にMacで操作し、iPhoneを利用する時にiPhoneでスマート家電を操作することにより、より便利になると同時に、今の仕事により集中できる。が、今macOS次期のニュースアプリは日本に対応していない。

2018年macOS 10.14新機能:macOS Mojaveはより安全で、より安心

今個人情報に関する騒ぎは世界範囲に次から次へと起こす。Facebookのような大手企業も安心できない。この時に、次期macOS 2018年に安全性を重視して、セキュリティの向上のために努力している。macOS最新のSafariは、トラッキングからユーザーを守ることができる。具体的には各サイトのSNSボタンやコメントなどをシャットアウトすることだけでなく、クッキー情報を利用しているサイトを検知することもできる。さらにセキュリティの範囲を拡大し、マイクやカメラといったコンポーネントも保護対象に含まれるように変更されている。また、最新の「MacBook Pro」では「Touch ID」による指紋認証が可能だが、この指紋のトラッキングを防止する機能も搭載される。例えほかのmacOS最新機能に興味がないとしても、セキュリティだけで、macOSアップデートするほうが強くオススメ。

2018年macOS 10.14新機能:2019年次期macOS以降、iOSアプリ動作可能?!

今まで、次期macOSと次期iOSとアプリ共通が可能となるという噂が多いが、アップル側としてWWDCで不可能と発表された。変わるのはアプリではなく、システムのほうであるみたいで、macOS Mojaveが「Home」といったいくつのiOSアプリが利用できるようになった。これだけではなく、次期macOS、つまり2019年6月に発表される予定なmacOS 10.15から、macOSでiOSアプリが動作可能となる。具体的には開発者向けには2019年以降に提供を開始する予定で、それまではまず標準の公式アプリを使ってテストをしていく、ということである。一般ユーザーにとって、macOS最新バージョンでiOSアプリを利用することが全面的に実現することはおそらく、はやくても2019年9月に次期macOSが正式リリースする時になるであろう。


【ハズレ】macOS 10.14新機能:次期macOS(macOS 10.14)起動とロック解除時間短縮

海外メディアのaxiosの報道によると、macOS 10.14が起動とロック解除の速度は向上され、かかる時間が短縮できる。それを始めとして、パフォーマンスの改善や品質の向上など、次期macOSリリースの中心である。注目される新機能がなくても、macOS 10.13より全新な体験が得られる。起動とロック解除以外に、動作がより滑らかになるかと期待できる。


【ハズレ】macOS 10.14新機能:iOSとmacOS 2018年にアプリ共通?

同じアプリとしても、Mac用アプリとiOS用アプリに分けることに慣れているが、次期iOSと次期macOS 2018年にアプリを「シェア」するプロジェクトが始まる。開発者はmacOSとiOSで別れているアプリを1つのアプリとして開発し、ユーザーは両方のシステムで利用できる。このプロジェクトは「Marzipan」というコードネームで開発が進められているといわれ、macOS 10.14 2018年に実現できる様子である。Mac App StoreとiOS App Storeが統合されるかは定かではないが、もしそうだったら膨大なiOSアプリ数から見ればmacOSアップデートすればより多彩なアプリが利用できる。


【ハズレ】macOS 10.14新機能:OS X 10.14は32Bitアプリに対応不可だと?

macOS 10.13 High Sierraが32Bitアプリに対応する最後のOSバージョン。つまり、macOS最新版は64Bitアプリしか対応できなくなる。2018年1月から新しいアプリが64Bitになり、6月前にすべてのアプリがリリース完成とApple側はこう要求している。RAMはだんだん大きくなる今は64Bitになる時だと判断される。開発者は大きいRAMを活かせるアプリが開発できる。一方、ユーザーもより良いアプリが得られる。が、macOSアップデートした後にアプリもアップデートするので、空き領域を充分に用意してください。


【ハズレ】macOS 10.14新機能:進化されたiTunesは次期macOS2018年リリース?

iTunes不具合が多くて、よくなるはずだったところも多い。Appleは不具合の解決と機能のリリースをiOS12とmacOS 10.14 2018年に追加すると予測されている。が、小さな進化の代わりに、iTunesが全新なアプリになるかと期待する人もいる。界面もなにもかもあらためてデザインして、機能も大きく強化して、一段的に進化したものだけ満足できるであろう。


【ハズレ】macOS 10.14新機能:OS X 10.14に逆Emoji追加?

OS X 10.14に新しい絵文字が追加されると案外ではないが、今どんな絵文字が追加されるかとまだ決められない。が、それより注目されているのは絵文字を水平方向に反転する機能が追加されるそうである。例えば、右から左へと動ける汽車は逆に左から右へと動けるように反転する。が、あらゆる絵文字が反転できるわけではなく、どんな絵文字にこのmacOS最新機能を可能に設定するかとAppleによって決めることである。また、macOSアップデートが提供始まるばかりにこの新機能が間に合わない可能性があるが、その後にすぐ追加されると予測されている。

動画変換・ダウンロードに最高のMacソフトおすすめ

MacX Video Converter Pro - Mac環境に動画を変換することをクリック数回だけで完成できる神ソフト。高速高品質に動画ファイルを変換し、iPhone、iPad、Androidスマホ、タブレット、動画プレイヤー、動画編集ソフト、共有サイトに対応するファイルとして出力できる。内蔵されたダウンローダーにより、ネット動画も簡単便利に保存して変換できる。

あなたへのおすすめ

ホームBlog > macOS 10.14 2018年リリース-macOS Mojave最新情報

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。