ホームBlog > MacbookでDVD再生に簡単方法ご紹介

MacbookでDVD再生に簡単方法!Mac用DVD再生/映画再生ソフト複数!

光学ディスクドライブが非搭載のMacbookにDVD 入れないとどうする?

MacbookでDVD再生してそのシャープの画質が提供できるディスプレイで視聴するのは快適で今慣れになった。が、残念なことで、今Macbook、特にRetinaディスプレイ搭載モデルは光学ディスクトライブ非搭載の方向に向いている。これからのMacbookにDVD 入れないモデルが増える一方だと予測できる。これでDVDディスクのままのDVDがMac再生することが、Macbook新機種に対応できなさそうである。

ドライブさえあればMacで DVD再生できるとも言えない。MacbookでDVD再生できなくする不具合も多い。例えばドライブの不具合でMacbookにDVD 入れない、DVDディスクの認識、表示ができない、リージョンコードなどが原因でDVDがMac再生できないなど。

MacbookでDVDを再生できるように:ドライブなしにDVDをMacで再生

DVDディスクの再生は一部だけの機種しか対応できないし、不具合も多いで、DVDはディスクのままでMacで DVD再生するより、MacbookにDVD取り込み、動画ファイルで再生するほうが便利。MacbookにDVD 入れない場合にも動画が入れるから再生できる。MacX DVD Ripper Proというソフトさえあれば、初心者でも簡単にMacbookでDVDを再生できるフォーマットの動画ファイルに変換できる。DVDをMac再生するために、Macに対応するフォーマット、解像度、アスペクト比などを設定してある出力ファイルが内蔵され、高品質且つ高速の変換で、Macで DVD再生する体験が保障された。ではこれから具体的な操作を図でご説明しよう。

100%安全
100%安全

MacbookにDVD取り込み方法詳しくご説明:4ステップで完成

macbook dvd 再生


まずMacX DVD Ripper Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「?」をクリックし、日本語を指定できる。

ステップ1: DVDを読み込む。


MacbookでDVD再生したいディスクをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤く標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込む。


このソフトがサポートする入力フォーマットにはDVDフォルダとISOイメージがある。入力形式はDVDでない場合に、相応なボタンを押すことで読み込んでください。

macbook dvd 再生

ステップ2:出力フォーマットを選択する。


出力プロファイルを選択する。


このソフトにDVDをMac再生するために最適なフォーマット、解像度などを設定しており、それを選んだらいい。


この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

macbook dvd 再生

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。

このMacbook用DVD取り込みソフトでビデオオプションとオーディオオプションのようなパラメーターが設定できる。オーディオを選択でき、字幕を選ぶことも追加することもできる。編集機能が付いているから画面のトリミングもクロップもできる。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。数分間待つとMacでDVDを再生できるファイルに変換完成。

「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

MacのDVD再生ソフト複数ご紹介:DVD動画もDVDディスクも対応

MacbookにDVDが入れない時にMacbookでDVD取り込み、動画ファイルを再生するしかないが、MacbookにDVD 再生できない原因は不具合の場合に、より頼りできるDVD Mac再生プレイヤーをダウンロードすれば解決。ではこれからDVDの動画もDVDのディスクも対応できるプレイヤーを複数ご紹介してあげよう。

5KPlayer

Macbook用DVD再生ソフトNo.1:5KPlayer

  • 対応OSバージョン:macOS Mojaveまで
  • 提供者:5KPlayer
  • 日本語対応:対応済み
  • ソフトサイズ:38.29MB

MacでDVD 再生も動画再生も得意で、対応するDVDと動画ファイルが一番多いプレイヤーである。DVDディスクの再生も、MacbookにDVD入れない時にDVD動画の再生も、このプレイヤーで完璧に対応できる。ほかにも外部字幕の搭載やウェブ動画のダウンロードや音声抽出など便利な機能が内蔵している。

VLC Player

Macbook用DVD再生ソフトNo.2:VLC Player

  • 対応OSバージョン:Mac OS X 10.4以降
  • 提供者:VideoLAN
  • 日本語対応:対応済み
  • ソフトサイズ:44.65MB

DVDディスクと動画ファイル両方も再生できるプレイヤーで、対応する動画ファイルがそれほど多くないのでMacbookでDVD取り込みに出力プロファイルをよく利用されたファイルにするほうがオススメ。再生以外の機能も豊富で、界面は簡潔すぎで操作は逆に難しくなるが、DVDのMac再生だけは簡単で便利。

MPlayer

Macbook用DVD再生ソフトNo.3:MPlayer

  • 対応OSバージョン:Mac OS X
  • 提供者:Klokan Petr Pridal
  • 日本語対応:対応不可
  • ソフトサイズ:8.20 MB

DVDディスクと動画ファイル両方も再生できるプレイヤーで、オリジナルのMac風の界面はその特徴。機能は豊富とは言えないが、軽量化アプリなのに動画の再生サイズが自由に変更できる機能など必要な機能が揃えるので実に便利。

ドライブ非搭載のMacbookでDVD再生に必要なソフト-MacX DVD Ripper Pro

プロなDVDコピーソフトだけど、使い方が超簡単!初心者もすぐ上手にDVDを変換できる!ISOイメージ、MP4、MOVなど何百種類の出力形式を用意している。そして、DVD動画編集機能も搭載している。MacbookにDVD取り込みたい人とDVDコピーしたい人にとっては、とても役に立つツール!

あなたへのおすすめ

ホームBlog > MacbookでDVD再生に簡単方法ご紹介

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。