ホーム > ブログ > DVDコピーできない原因と対処法

DVDコピー失敗ばかり?DVDコピーできない原因と対処法ご詳説!

DVDコピーできない原因は?このようにDVDコピー失敗したとはなぜ?

市販DVDコピーは一般な自作DVDより難しくて、失敗することがよくある。なぜかというと市販DVDには最も厄介なDVDコピーガードがついている。でもコピーガードを解除してもDVDコピーできない原因はほかにもある。汚されたり壊れたりしたらDVDリッピングできないとはもちろん、再生すらできなくなる。またディスクによって容量不足などのエラーもある。DVDコピー失敗した時に対処法を探すと原因が分からなければならない。でもどうしたらDVDコピーできない原因がわかるか。

汚れたりした場合:DVDディスクが傷や汚れに弱い。再生ができるうちにバックアップしたりDVD複製したりすることが強くオススメする。今はすでに再生すらできないDVDコピーできない。この時には汚されたDVDを洗うことをしたらDVDリッピングできないかと試す。その時にはDVDコピーガードのせいでDVDコピー失敗しないように解除できる専門的なソフトを使ってください。

容量不足の場合:容量不足でDVDリッピングできないと、パソコンのスペースを確認してください。またDVDコピーガードでDVDデータが異常に多いと認識されたこともある。また、容量不足でDVDダビングできないと、DVD9に書き込めば大丈夫。

市販DVDコピーの場合:映画DVDコピーできないとはやはりDVDコピーガードのせいとも言える。そのDVDについているのはどんなコピーガードかと、専門な知識がないと分からない。この時にはできるだけ多いコピーガードが解除できるソフトを利用することをすすめる。

最新DVDコピーできない時の対処方法|新作レンタルDVDをコピーするソフトまとめ>>

絶対成功できるDVDコピーソフト:DVDリッピングできない究極的な解決法!

DVDコピーガードが全て解除できるソフトが公開された!MacX DVD Ripper ProというMac専門ソフトで、DVDコピーできない問題の最終的な解決法である。このソフトならCSS、リージョンコード1〜6、RCE、ソニーArccOS、UOPs、容量偽装などのコピーガードが全て対応でき、最新的なディズニーX-projectong DRMも解除できる。これでどんな市販DVDコピーできるようになる。また少し汚されたりしたDVDコピー失敗に対してこのソフトの「安全モード」を使ったらDVDリッピングできない可能性が低くなる。でも成功だけが充分ではない。MacX DVD Ripper ProでDVDをコピーすることが高速に完成し、高質で出力できる。出力先もパソコン以外にスマホやタブレットなどもサポートできる。つまりこのソフトを利用すればiPhone6sなどにDVD映画を再生することができる。しかも操作が極めて簡単で、初心者でもDVDコピーできない問題を気楽に解決できる。ではこれからこの市販DVDコピーソフトを使い方をご紹介してあげよう。

Mac用
Windows用

市販DVDコピーできる方法:4ステップだけでDVDコピーガードを自動的に解除

まずMacX DVD Ripper Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。

mac dvd コピー

ステップ1:DVD動画を追加する
コピーしたいディスクをドライブに挿入する。PCに認識されて自動的に再生するなら、再生画面を閉じる。そして、MacX DVD Ripper Proを立ち上げて、インターフェースの左上側にある【ディスク】アイコンをクリックする。コピーしたいDVDをソフトに読み込ませて、右の画像のように標記された「自動検出」にチェックを入れて、「OK」をクリックすればOK。

※「自動検出」のままでうまくいかない場合、「強制ISO」にチェックを入れてもう一度試してみてください。

DVDコピーできない

ステップ2:出力フォーマットを選択する。

適当な出力プロファイルを選択する。

市販DVDコピーしてバックアップしようとするとDVDバックアップを選択する。また、「最近使用されたプロファイル」には前に利用された出力プロファイル四つがある。

この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

DVDコピーできない

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。
この時、ビデオオプションとオーディオオプションのようなパラメーターが設定できる。オーディオを選択でき、字幕を選ぶことも追加することもできる。編集機能が付いているから画面のトリミングもクロップもできる。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。このソフトはDVDコピーガードを自動的に解除するので、終わるまでしばらく待てばいい。

DVDコピー失敗した時に「安全モード」を使ってもう一度試してください。汚されたDVDとソニーArccOSで保護されたDVDが「安全モード」でないとDVDリッピングできない。

TIPS:「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

Tips:よくあるDVDコピーガードをご紹介〜

  • DVD CSS:Content Scramble Systemの略名である。DVDディスクに保存されたものを暗号化し、DVDをコピーする時に暗号化解除方法はコピーされない。そうするとコピーしたデータは元のビデオになれない。
  • リージョンコード:DVDを指定された地域で生産されたDVDドライブしか再生できない技術。
  • RCE:Regional Code Enhancementの略名である。リージョンコードフリーのドライブ、あるいはプレーヤで再生することはできないようにする技術。
  • ソニーArccOS:ソニーとディズニーの専用プロテクションである。怪しいタイトルがあり、再生できなくなる。
  • UOPs:User Opertion Prohobitionsの略名である。使用者の特定の操作を禁止すること。
  • 容量偽装:実にそんなに多いデータがないディスクに、実際以上に認識してしまうこと。
  • ディズニーX-projectong DRM:DVDディスクにタイトルは99もあり、その中で正しく再生できるタイトルはただ一つ。

MacX DVD Ripper Pro

豊富な編集機能を備えており、DVDビデオから好きな部分を取り出して集めたり、外部字幕・強制字幕・ウォーターマークを追加したり、フレームレート,ビットレート,アスペクト比,解像度などパラメーターを調整したり、余計な部分をカットしたり、好きなシーンをキャプチャーしたりできる。上述した通り、本ソフトはMac DVD ダビングが行えるし、、DVD映像の編集も可能だし、DVD鑑賞者にとってはとっておきのソフトウェアだと言っても過言ではない。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはプロなDVDリッピングソフトであり、最高品質と速度で市販DVDコピー 方法を提供する。DVDコピーできないには一番な解決法。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。