ホーム > ブログ >DVD コピー Mac ディスクユーティリティで失敗しまった解決法

【必見】DVD コピー Mac ディスクユーティリティで失敗しまった解決法!

DVD コピー mac ディスクユーティリティ

Mac ディスクユーティリティというソフトとは

ディスクユーティリティ(Disk Utility)はMac DVD 作成標準ソフトウェアの一つであり、最新バージョンのmacOS Sierraまで各バージョンについている。ディスクの管理、検証、修復ができ、データをまとめてイメージやディスクにバックアップすることができるし、DVDディスクをコピーすることもその主な機能の一つである。DVDをMacにコピーするに、イメージファイルに出力でき、フォーマットが指定することもできる。

Macにあるソフトなので、愛用する人が多くいるが、それを無視してディスクユーティリティ代わりソフトにする人も少なくないようである。が、このソフトを利用したいが使い方はあまり詳しく知らない初心者もいる。これから、初心者に向けDVD コピー Mac ディスクユーティリティのやり方をご紹介する。が、一言いっておくが、この方法でどんな場合でもMac DVD 保存するのが必ず成功できるとは言えない。そう言うより、市販されたDVDとレンタルDVDならディスクユーティリティでコピーできない時が多い。

Mac DVD コピーディスクユーティリティでのやり方

OS X El CapitanにてMacディスクユーティリティがアップグレードされる。UIも変わった。これからYosemiteを例にして古いバージョンでMacDVDコピーのやり方とOS X El Capitanを例にして新しいバージョンでMac DVD コピーのやり方をご紹介してあげる。

DVD コピー mac ディスクユーティリティ

Yosemiteで古いバージョンのMac ディスクユーティリティを使う場合

ステップ1:Mac ディスクユーティリティは標準ソフトなのでダウンロードもインストールもせずに直接に利用できる。まずアプリを起動して、コピーしたいDVDをMac PCに取り込む。

ステップ2:新規イメージを作成する。標記された「新規イメージ」というボタンにクリックしたら、新しいウィンドウが出てくる。

ステップ3:イメージフォーマットを「DVD/CD マスター」に選択して、「保存というボタンをクリックする。しばらく待ったらDVD解析が終わり、DVDからコピーしたイメージファイルが作成できあがった。

ステップ4:作成したイメージファイルをDVD作成 Macで直接に行うISOイメージに変換する。できたファイルの名を変更して、拡張子を「.iso」に変換する。この時に警告が出てくるが、標記された「".iso"を使用」を選んでください。

これでMac DVD コピーディスクユーティリティの操作が終わり、Mac DVDコピーディスクイメージが作成できあがった。この手順で失敗する場合に、何か操作が違う可能性があるので、もう一度お試しください。どうしてもできないなら、Mac DVD 保存したいディスクがディスクユーティリティでコピーできないかも知れない。

DVD コピー mac ディスクユーティリティ

El Capitanで新しいバージョンのMac ディスクユーティリティを使う場合

ステップ1:Mac ディスクユーティリティは標準ソフトなのでダウンロードもインストールもせずに直接に利用できる。まずアプリを起動して、コピーしたいDVDをMac PCに取り込む。

ステップ2:新規イメージを作成する。上に「ファイル」をクリックして、「新規イメージ」に「”ファイル名”からイメージ作成」を選択する。

ステップ3:イメージフォーマットを「DVD/CD マスター」に選択して、「保存というボタンをクリックする。しばらく待ったらDVD解析が終わり、DVDからコピーしたイメージファイルが作成できあがった。

ステップ4:作成したイメージファイルをDVD作成 Macで直接に行うISOイメージに変換する。できたファイルの名を変更して、拡張子を「.iso」に変換する。この時に警告が出てくるが、標記された「".iso"を使用」を選んでください。

これでMac DVD コピーディスクユーティリティの操作が終わり、Mac DVD コピーディスクイメージが作成できあがった。この手順で失敗する場合に、何か操作が違う可能性があるので、もう一度お試しください。どうしてもできないなら、MacでDVDを保存したいディスクがディスクユーティリティでコピーできないかも知れない。

Tips:2015年より「 com.apple.diskutility エラー 3」という問題がよくある。それはディスクが損傷されたり、また操作が間違ったりする場合にでるものである。この場合にこのMac ディスクユーティリティ DVDコピー方法でもう一度試したり、あるいはこれからのディスクユーティリティでコピーできない対策に「安全モード」を使ったりすることで解決できる。

DVD コピー Mac ディスクユーティリティでコピーできない原因

実は、ディスクユーティリティでDVDをコピーする時に、DVDを暗号化することが可能であるが、暗号化されたDVD コピー Mac ディスクユーティリティで実現できない。その原因を究明したいと、ディスクユーティリティを使って、MacでDVDを保存することができるが、DVDコピーガード解除機能が不完全であるため、暗号化DVDをディスクユーティリティでコピーできないエラーが出てくる。これで、せっかく手に入ったお気に入り映画のDVD コピー Mac ディスクユーティリティが行うことが必ず成功とは言えない。ディスクユーティリティでコピーできないと、DVDコピーガード解除方法とディスクユーティリティ代わりソフトになれるMac DVD保存ソフトが欲しい。

DVDコピーガード解除できる方法:MacX DVD Ripper Proを使おう!

実はその方法は極めて簡単である。DVD コピー Mac ディスクユーティリティで失敗すると、DVDコピーガード解除できるディスクユーティリティ代わりソフトのでコピーすればいい。専門的なMac DVD保存ソフトとされ、最高なDVDコピーガード解除機能が備えています。ディズニーDVDコピープロテクト、CSS、ソニーARccOSで保護されたDVDや、リージョン1-6までの商業用DVDも、ディスクユーティリティでコピーできないDVDを含めすべての暗号化DVDを完壁にコピーできる。それに、今更新しつつあり、生涯無料アップグレード提供しているので、例え新しく出たDVDコピーガード解除できる。DVD コピー Mac ディスクユーティリティで必ず成功するとは言えないが、このディスクユーティリティ代わりソフトはMac DVD保存に100%の成功率で誇っている。

また、DVD コピー Mac ディスクユーティリティの操作と違って、MacX DVD Ripper ProでMac DVD保存するにはただ4ステップで、出力プロファイルはイメージのほか、MP4、 QT、 FLV、H.264、MOV、AVI、MP3、MPEG、M4Vのような動画フォーマットや、iPhone(iPhone 6s/6s Plus、iPhone 6/6 Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s, iPhone 4)、iPad(iPad、iPad 2、iPad 3/4、iPad mini 3/2、iPad Air/Pro、iPad mini Retina)のようなAppleデバイスや、スマホに対応するビデオフォーマットも提供する。

Mac用
Windows用

一番便利な方法:MacでDVDを保存するに4ステップのみ

まずMacX DVD Ripper Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。これからわずか4ステップでディスクユーティリティでコピーできないDVDをコピーし、MacでDVDを保存することができる方法をご紹介する。

DVD コピー mac ディスクユーティリティ

ステップ1: DVDを読み込む。

DVDをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤く標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込む。
MacX DVD Ripper Proがサポートする入力フォーマットにはDVDフォルダとISOイメージがある。入力形式はDVDでない場合に、相応なボタンを押すことで読み込んでください。

DVD コピー mac ディスクユーティリティ

ステップ2:出力フォーマットを選択する。

DVD コピー Mac ディスクユーティリティが提供する出力フォーマットと違って、このディスクユーティリティ代わりソフトが提供する出力プロファイルは300以上もある。Mac DVD保存するには標記された「最近使用されたプロファイル」、「General Profiles」と「DVDバックアップ」のなかに適当な出力プロファイルを選んでください。その後に携帯デバイスに取り込む場合に、下にあるデバイスプロファイルに相応な機種を選んでください。

この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

DVD コピー mac ディスクユーティリティ

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。
この時、ビデオオプションとオーディオオプションのようなパラメーターが設定できる。オーディオを選択でき、字幕を選ぶことも追加することもできる。編集機能が付いているから画面のトリミングもクロップもできる。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。
変換する時間は数秒で、この間にこのソフトは自動的にDVDコピーガード解除するので、これから操作が必要ない。

TIPS:「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

今だけ!MacX DVD Ripper Proライセンスキー特別優待セールが絶賛開催中!知らないと損!

高い評価を得るMacX DVD Ripper Pro、MacX Video Converter Proなどを含め、人気DVDリッピングかつ動画ダウンロード・変換ソフト厳選まとめ、特別価格でご提供しております!MacX DVD Ripper Pro一本で3550円を節約!MacX DVD Ripper Proの魅力を体験したい皆さんは、ぜひ見逃さないでください。



DVD コピー Mac ディスクユーティリティよりMacX DVD Ripper Proが簡単な操作、高速なスピードと優れた出力品質でMac DVD保存できる。それが、高品質エンジンと先進的な技術のお陰である。このソフトでDVDをISOイメージとしてリッピングすると、これからDVDをコピーしたくなったら、ディスクユーティリティでコピーできない、DVDディスクが見つけない、あるいは壊れてしまうとしても、イメージからコピーできる。

MacX DVD Ripper Pro

MacX DVD Ripper Proは最新の暗号化されたDVDとコピープロテクトDVDを解除機能は目に立つ。最新のディズニーDVDコピープロテクトや、CSSで暗号化されたDVD、ソニーARccOSでプロテクトDVD、およびリージョン1−6までの商業用DVDを全てサポート可能。また、デコーダとエンコードのパラメータを調整する機能や音声/画像を抽出する機能も持っている。それで、特定の用途に使用したい人にとってすごく便利になる。先進な技術でリッピング処理を最適化させて、速いスピード・高い品質を保持しながら、あらゆる種類のDVDを変換して再生する。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはプロなDVDリッピングソフトであり、Mac OSの上で、最高品質と速度でDVDをコピーかつ変換するソリューションを提供する。DVD コピー Mac ディスクユーティリティの代わりになる!。

関連チャンネル