ホームBlog > 動画編集・音楽挿入詳細ガイド

動画に音楽を入れる方法、Windows/Macで動画編集・音楽挿入詳細ガイド

動画に音楽を付ける三つの要素:動画、音楽、または動画編集ソフト

今動画の音声は、オリジナルの音声以外に、セリフまたは音楽を入れることがよくある。動画編集で音楽挿入を行うために、必要なものは三つある。元動画ファイル、その動画に音楽を入れる音声ファイル、そして動画と音声を組み合う動画編集ソフト。

動画に音楽を付けることは簡単にいえばこのような作業であるが、実にその材料となる動画と音楽をどこから入手するか、どんな動画編集に音楽挿入の雰囲気など問題で初心者はとても困る。また、動画編集で音源を入れる前に音楽と動画が時間が違い時も不具合がでるので、動画編集/音声調整を完成してから動画に音楽を入れる。

元動画はどうすれば入手するか、雰囲気が似合う音楽をどこから見つけるか、またどうすれば動画に音楽を付けるかと、この記事でご紹介する。初心者でも動画編集/音楽挿入できるように、専門家ではなく一般人向けのサイト/アプリをご紹介しよう。

もくじ

初心者でも使いやすいMP3変換フリーソフト- 100% 安全

MacX Video Converter Pro - Mac環境に動画を編集することをクリック数回だけで完成できる神ソフト。高速高品質に動画ファイルを編集し、カット、結合、エフェクト、字幕追加、動画変換など機能が自由に利用できる。音楽をMP3変換することも完璧に対応でき、高品質で高速に完成できる。初心者にやさしいインターフェースに簡単な操作方法。このMP3変換無料ソフトをぜひ見逃すな!
 
 

動画編集・音楽挿入材料その一:画面を提供する元動画

動画編集に音源の雰囲気や長さなどを決めるのは、動画である。動画はだいたい、自分で撮影するか、ネットからダウンロードするかと、二つの方法で収集する。

自分で撮影する

今iPhoneもスマホも素晴らしい動画を撮影できる。カメラより便利で、撮りたい時にすぐ撮ることができるので時間と場所の制限はない。iPhone/Androidアプリでも動画に音楽を入れるので、撮ったらすぐ編集できる。

もちろんビデオカメラのほうはより専門的で、画質や手ぶれ補正など方面でそれなりの実力が持っている。スマホ/iPhoneとビデオカメラ以外に、パソコンのネットカメラ、画面録画などで自分だけの動画を撮影できる。

ネットからダウンロードする

ネットサイトから動画をダウンロードして、再加工して、自分のストーリーを作成する。Youtubeのような動画共有サイトもTwitterのようなSNSサイトも動画をダウンロードできる。

ビデオか、ドラマか、アニメか、どんどんダウンロードできるが、このように用意した動画はトリミング、結合などの編集作業をする必要がある。また、このような動画に音楽を付けるために同じ雰囲気または同じドラマの音楽がオススメ。

動画編集・音楽挿入材料その二:音声を提供する音楽

今保存された音楽はもちろん利用できるが、雰囲気や内容や歌詞などで動画編集の音源に似合う音楽がない時に、ネットからダウンロードするほうがいい。ダウンロードといったら、サイトからダウンロードするかアプリからダウンロードするかと二つの方法がある。

サイトから音楽をダウンロードする

今多くの音楽サイトから音楽をダウンロードできる。その中に直接にダウンロードできるサイトがあれば、ダウンローダーを利用して音楽をダウンロードできるサイトがある。また、音楽サイトではなく、動画サイトからMVなどビデオをダウンロードして、その音声を抽出することで音楽をダウンロードする方法もある。

アプリから音楽をダウンロードする

音楽アプリで音楽をダウンロードすれば、音質が優れた音楽ファイルがダウンロードできる。動画編集/音声調整も優れた音質で出力できる。が、音楽をダウンロードできる音楽アプリの中に、音楽ファイルとしてダウンロードされた方式もあれば、その音楽をアプリデータとしてダウンロードする方式もある。データとして保存された音楽はそのアプリで再生するしか利用されないので、動画編集に音楽挿入の素材にならない。これだけを確認してください。

動画編集・音楽挿入ツール:動画に音楽を入れる動画編集ソフト

動画と音楽ができたら、動画に音楽を付ける。この時に動画編集で音源または音声トラックを編集・変更できるソフトが必要である。場合によってその前に動画編集/音声調整ソフトで動画と音声の長さや音量などを変更したり、動画ファイルまたは音楽ファイルを変換したりするソフトが必要である。

動画と音声と、材料をまとめて、動画編集/音声調整すれば、MacX Video Converter Proというソフトがあれば簡単に操作できる。動画を簡単にカットしたりトリミングしたり長さを変更して、音楽を変換したり動画に追加できるファイルとして保存できる。また動画から音源を抽出することもできる。動画と音楽両方もまとめた時に、動画に音楽を入れる。

100%安全
100%安全

「Windows編」動画編集で音源入れる方法

Windows環境に標準の「フォト」アプリで簡単に動画編集/音楽挿入できる。この記事はフォトアプリで動画に音楽を付ける方法をご紹介しよう。誤ってフォトを消去した場合に、Microsoft App Storeから簡単にダウンロードできる。

動画編集 音楽挿入

ステップ1:動画を追加する

フォトアプリを起動して、右上に「インポート」をクリックして、「フォルダーから」を選んでください。動画を保存したフォルダを見つけて、追加する。

「フォルダー」タブをクリックして、先追加したフォルダにクリックしてください。

ステップ2:ビデオプロジェクトを作成する

右上に「作成」をクリックして、「音楽入りカスタムビデオ」を選んでください。そしてフォルダから元動画を選択して、チェックを入れる。右上に「作成」をクリックして、プロジェクトを作成する。

ステップ3:追加された動画に音楽を入れる

上に「音楽」と書かれたボタンをクリックして、新しいウィンドウから追加したい音楽ファイルを選択する。右の「音楽」タブから自由に音楽ファイルを追加できるが、リストではなくフォルダから音楽を追加できる。

ステップ4:動画編集/音楽挿入作業を始める

右上に標記されたボタンをクリックして、動画、音楽またはその上の編集作業を実行して、完成した動画を出力する。

「macOS編」動画編集で音源入れる方法

アップル社が初心者向けに開発された動画編集ソフトの「iMovie」で簡単に動画に音楽を付ける。まずはApp StoreからiMovieをダウンロードして、起動してください。

動画編集 音楽挿入

ステップ1:新規プロジェクトを作成する

「プロジェクト」タブをクリックして、「新規作成」をクリックする。そしてムービーを選択する。

ステップ2:動画と音楽を追加する

左に「iMovieライブラリ」の下にクリアなエリアに右クリックして、「新規イベント」を選択して新規イベントを作成する。そのイベントに右クリックして、「メディアを読み込む…」を選択する。新しいウィンドウで動画と音楽を見つけて追加する。

ステップ3:動画と音楽をタイムラインに挿入する

動画または音楽にクリックしたら「+」の印が現れる。その印をクリックしたらライムラインに挿入できる。音楽も動画も同じ操作で挿入できる。

ステップ4:動画編集/音楽挿入作業を始める

左上に「プロジェクト」と書かれたボタンをクリックして、動画、音楽またはその上の編集作業を実行して、完成した動画を出力する。

初心者でも使いやすい高機能MP3変換フリーソフト

MacX Video Converter Pro - Mac環境に動画を編集することをクリック数回だけで完成できる神ソフト。高速高品質に動画ファイルを編集し、カット、結合、エフェクト、字幕追加、動画変換など機能が自由に利用できる。音楽をMP3変換することも完璧に対応でき、高品質で高速に完成できる。初心者にやさしいインターフェースに簡単な操作方法。このMP3変換無料ソフトをぜひ見逃すな!

あなたへのおすすめ

ホームBlog > 動画編集・音楽挿入詳細ガイド

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。