ホームBlog > 8Kと8Kテレビご紹介

8Kとは?NHKにより8K放送の始まりに必要機材の8Kテレビ購入ガイド!

8Kとは?8Kの魅力はどこ?

4Kテレビが普及されていない今は、8Kというものが試験放送されて始まった。8K放送番組と同時に、8Kテレビも発売された。でも8Kとは何か?

8K動画と言われるが、実に8Kはコーデックではなくて、解像度のことである。「K」は「千」で、8K動画は横に8千画像もある動画で、一般的には7680x4320ピクセルである。8K動画は解像度が7680x4320ピクセルの動画であり、8Kディスプレイとは7680x4320ピクセル解像度のディスプレイである。もちろん8Kテレビは8K解像度のディスプレイが搭載しているテレビである。

もちろん今流行っている動画と比べると8Kとは何倍何十倍の画素数で、界面が鮮やかで細かな部分としても精密に表現できる。特に8Kテレビでスポーツ番組などを見る時に、速い動きが満たす画面はより滑やかに見れる。また、VRのようなデバイスでハイビジョンにしても画質が満足できないが、8Kになったら絶対シャープな画質が楽しめる。

超高精細動画をダウンロード・変換に最高なソフト - 100% 安全

MacX Video Converter Pro - -ネットから4K、8Kなど超高精細動画をダウンロードしたり、8Kディスプレイで再生するために変換したりして、画面も音声も無損質に出力できるソフト。300以上のウェブサイトから保存して、350以上の形式に変換するに世界一の力が持っている。高速エンジンにQSV加速、超高質動画としてもすぐ変換完成できる。
 
 

なぜ8Kディスプレイにする?4K と8K比較ご詳説

今スーパーハイビジョン放送といえば4Kのことで、4Kテレビもだんだん流行ってくる。Mac Proにも4K機種がある。確かに4Kは今にしては画質が素晴らしい。が、テレビはスマホのような二三年経てば機種変するものではない。2020年に東京オリンピックは4K/8Kで放送され、その4K放送よりやはり8K放送チャンネルのほうがいい。その時点で、4K放送番組と8K放送番組が一般民衆に普及され、8Kの時代は決して遠くではない。今8Kテレビではなく、4Kテレビを買ったら二三年後時代遅れになり、その時に後悔するしかない。もちろん8Kとは一番先進的な撮影技術、放送技術、圧縮技術、映像技術を用いる先進的なものであるため、8Kテレビも8K放送番組も今高くて庶民には簡単に買えるものではない。では今テレビあるいはディスプレイが買いたいお方にと8Kと比較してあげよう。

8Kとは

4Kと4Kテレビ

4Kとは3840x2160ピクセルの解像度で、画素数は8294400である。今の4K放送番組は一秒間に60コマが映し出す。今の4Kテレビは42インチから55インチまで、または60インチサイズの4Kテレビも発売された。

8Kと8Kテレビ

8Kとは7680x4320ピクセルの解像度で、画素数は33177600である。今の8K放送番組は一秒間に120コマが映し出す。また、8Kテレビは100インチ以上だと予測されている。8K相当と言われる4K Nextテレビは80インチサイズなので、100インチ以下の8K小型テレビの発売も期待できる。

HEVC/H.265変換Macソフトおすすめ|4KのH.265エンコードで、iPhoneで再生する方法


8Kとは

4Kと8Kと比較すれば、8K動画は4Kより四倍の画素数で、圧倒的な画質が提供できる。8Kディスプレイの高精細画面で色も動きもより美しく表現される。臨場感と迫力の面にも4Kと8Kと比べるものではない。また、8Kとは解像度のことであるが、音質も一段的に向上される。8K放送番組は高画質の傍ら高音質で、快適な視聴体験が得られる。この快適さは、8Kテレビしかできない。

一方、4Kテレビは40インチ以上もあり、狭い部屋には大きすぎると言えるが、8Kテレビはとても向いていない。また、家庭用の8Kディスプレイはテレビ用としてもパソコン用としてもすごく高くて、百万以上もかかる。庶民にとっては高嶺の花しかならない。

次世代の8Kテレビ購入ガイド:発売時期、価格、サイズなど

4Kと8Kと比較して、8Kのほうが絶対いいと思う。が、今8Kディスプレイあるいはテレビは高くてとても買えない。それに発売された機種もめったに少なくて、売り場も少ない。8K放送番組が2018年から試験放送ではなく正式に公開放送されるので、今買っても8K動画が見れない。

8Kとは

発売時期

8Kテレビの購入は、早くても来年にするほうがおすすめ。8K番組は公開放送されるし、値段もだんだん下がってくると予測されている。また、2018年から各機種の8Kテレビが世を問うことになるはずである。が、一般家庭にとって2020年は一番いいチャンスである。東京オリンピック生中継を見るために、やはり8K放送のほうがいい。2020年になると性能も向上され、8K動画も普及されている。高性能・無料なiPhone VRアプリおすすめランキング

8Kとは

発売価格

価格のほうといえば、百万級は予想できる。今8K相当と言われるテレビは最安に130万円で入手できる。値下がりなどを考えられるれば、2018年、遅くても2020年に本物の8Kテレビが150万円ぐらいだと考えられる。その時に8Kとはもはや高嶺の花ではないかと思われている。


8Kとは

サイズとデザイン

テレビを購入する時に、価格以外にはサイズとデザインのほうも考えなければならない。今4Kディスプレイから見れば、同じdpiで、8Kディスプレイは80インチ以上になりそうである。が、iMac用4Kディスプレイは1080Pスクリーンより大きくならないという点から見れば、解像度の向上と同時に、スクリーンサイズではなくdpiの向上が主な技術発展方向である。近い頃には80インチ以上の8Kテレビばかりで、それからは小型8Kディスプレイの開発により80インチ以下のテレビまたはコンピュータにも8Kが用いると期待できる。また、デザインもより小さくて、より薄くなりそうで、枠なしのディスプレイも近い未来に世を問うと予想されている。

超高精細動画をダウンロード・変換・編集するに最高なソフト

MacX Video Converter Pro-ネットから4K、8Kなど超高精細動画をダウンロードしたり、8Kディスプレイで再生するために変換したりして、画面も音声も無損質に出力できるソフト。300以上のウェブサイトから保存して、350以上の形式に変換するに世界一の力が持っている。高速エンジンにQSV加速、超高質動画としてもすぐ変換完成できる。

あなたへのおすすめ

ホームBlog > 8Kと8Kテレビご紹介

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。