ホーム > ブログ >Youtube アップロード形式に変換する方法

Youtube アップロード形式一覧|Youtubeアップロードできない全解決!

Youtube アップロード形式

Youtubeアップロードできないとは、ファイル形式の問題かも

Youtubeはアメリカの動画共有サイトであり、今世界一動画共有サイトである。今43.8%の市場占有率が持ち、山のような動画はYoutubeに投稿される。誰でもYoutubeでお気に入りの動画を見つかる。登録した利用者は動画を見るほかに、動画をアップロードすることもできる。が、アップロードされた動画に対し、要求がある。ファイルはYoutube アップロード形式で、サイズも限定されたそうである。これによって、動画がYoutubeアップロードできない問題がよくある。動画はyoutubeサポートフォーマットでないとアップロードできないので、Youtubeアップロードできないとファイル形式の問題かも知れない。これからYoutube対応形式を一つ一つ詳しくご紹介し、投稿できない動画はYoutube アップロード形式かどうか、チェックしてください。

Youtube アップロード形式を詳しくご紹介〜

MOV:Apple社が開発した動画フォーマットで、拡張子は「.mov」あるいは「.qt」である。もともとはQuickTime専用のフォーマットであるが、今デジタルビデオカメラが撮ったビデオはこの形式な場合もよくある。

MPEG4:Moving Picture Experts Groupが作成した動画ファイルの圧縮形式である。基本的にサイズが小さくになり、携帯電話やインタネットで転送できる。part14とするMP4は、今互換性が最も高いファイル形式である。

AVI:Microsoft社が開発したファイルであり、youtubeサポートフォーマットのなかで一番年上のファイル形式である。このために、今AVI形式のビデオが多くあるが、圧縮率が低いためファイルサイズが大きい。

WMV:Microsoftが開発したフォーマットであり、Windows Media Playerが標準対応している。

FLV:Flash Videoのファイル形式で作成された動画ファイル形式である。主にFlash player専用なフォーマットなので、ウェブサイトに再生したりインタネットで配信したりすることが最適である。

3GPP:第三世帯の携帯電話に関する動画ファイル形式である。拡張子は「.3gp」である。携帯電話と言っても、パソコンにQuickTimeといったプレーヤーで再生できる。

WebM: Googleが開発しているオープンでロイヤリティフリーな動画コンテナフォーマットである。誰もが利用できる無料で高品質なウェブ向けビデオフォーマットとして開発されたのである。

Youtube動画変換ソフト:Youtubeアップロードできない解決法!

Youtube対応形式は上記のフォーマットだけであるが、ビデオフォーマットはそれ以外多くある。この故で、Youtube アップロード形式でない動画をYoutubeアップロードできないと、どうする?諦めるしかないか。いいえ!Youtube動画変換ソフトさえあればyoutubeサポートフォーマットでない動画をYoutube対応形式に変換することができる。

どんな動画でもYoutube アップロード形式に変換したかったら、どんな動画でも入力できると、Youtube動画変換ソフトに要求する。この要求を満ちるソフトで最高のはもちろんMacx Video Converter Proである。Mac専用なソフトであるが、その対応なWindows用バージョンもある。youtubeサポートフォーマットに変換するのは極めて便利で、Youtube対応形式に変換するため、用意しておいた出力プロファイルがあるので、操作ができるだけ簡単になり、初心者もすぐできる。83Xよりスピードで変換できるが、その出力品質も完壁で、一番鮮明な画像が提供できる。Youtubeのほかに、常用のサイト、例えばFacebook、Vimeo、といったサイトの対応形式の出力プロファイルもあるので、ほかのサイトに動画を公開したい御方もこのYoutube動画変換ソフトで簡単に変換できる。

フォーマットの原因でYoutubeアップロードできない問題は解決できるMacx Video Converter Proを利用して、サイズが大き過ぎるビデオもアップロードできる動画に変換できる。このYoutube動画変換ソフトで動画を変換したり、短縮したり、パラメータを調整したりすることで、動画ファイルサイズを小さくすることができる。

Mac用
Windows用

Macx Video Converter ProでYoutube対応形式に変換する手順

まずMacx Video Converter Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。

Youtube アップロード形式

ステップ1:ビデオを追加する

Macx Video Converter Proを開けて、赤く標記されたボタンをクリックしてYoutube アップロード形式に変換したいビデオを追加する。

Youtube アップロード形式

ステップ2:出力プロファイルを選択する。

ご覧のように、Youtube動画をクリックして、適当なプロファイルを選んでください。おすすめのはMP4である。Facebook動画、Vimeo動画もあるが、この三つのサイト以外のサイトに共有したい場合に通常ウェブ動画を選んでください。

この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。そして「完了」というボタンを押してください。

Youtube アップロード形式

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。

この時、ある程度な編集ができる。音量の調節、字幕の選択と追加、トリミング、クロップと拡張等、ウォーターマークの追加もできる。

ステップ4:変換を開始する。

「run」という大きいボタンをクリックして変換を開始する。数秒待つと、入力した動画をYoutube アップロード形式に変換することができあがった。

TIPS:「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

Macx Video Converter Pro:Youtubeアップロードができればダウンロードもできる

このYoutube動画変換ソフトを利用すれば、上記の方法でYoutube対応形式でない動画をyoutubeサポートフォーマットに変換することを一分間で完成できる。同じソフトで、アップロードされた動画をダウンロードすることもできる。内蔵されたYoutubeダウンローダで、Youtubeを始め、ニコニコ動画、FC2動画、ひまわり、Gyao、Vimeo、Dailymotionといった300以上のサイトから動画をダウンロードできる。しかも出力ファイルの自由選択も提供する。高速エンジンで、ダウンロードする時間は大きく短縮され、成功率も100%も言える。今進化し続けているので、サイト側がダウンロード防止措置が更新してもすぐダウンロードできる。動画変換機能がついているので、ソフト一つでYoutubeをiPhone6に取り込むこともできる。Macx Video Converter Proにほかの素晴らしい機能も内蔵されるので、今すぐダウンロードして、試してみよう!

MacX Video Converter Pro

Youtubeをダウンロードに得意だけではなく、驚くほど豊富な機能も付く。具体的に言えば、FC2動画、ニコニコ動画、ひまわり、GYAO!など300を超える動画共有サイトから好きな動画、例えば、アベンジャーズ2をダウンロードと変換を一気に行い;ネットでの生放送、DMMなどのDRM付きWindowsメディアの動画を録画;vob, avchd, mkv, m2ts, avi, flv, mp4などの動画を相互変換;カメラで撮った複数の写真をステキなスライドショーに作成と全対応!

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

VideoProc

動画編集&変換、PC画面録画、DVDコピー、動画ダウンロード、音楽ダウンロード、音声変換など、7つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画ソフト!

MacLife レビュー

MacX Video Converter Pro高品質と想像にもつかないほど高速を誇っているオールインワン式の動画変換ソフトである。手軽かつ完璧にMacで動画を変換可能。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。