ホーム > ブログ >最高評価の多い人気Mac DVDオーサリングソフト一覧

オーサリングソフトMac版!Mac DVDオーサリングには必ず入れておきたいフリーソフト

オーサリングソフトMac

2018年オーサリングソフトMac版おすすめ?

オーサリングソフトとは、映像ファイルをDVDに書き込むことができるソフトである。近年、Mac DVDオーサリングに関する質問が多くなってきた。例えば:ヤフー知恵袋では「結婚式のDVD作成したい。Mac OS X10.14(macOS Mojave)」「Macにダウンロードした動画をDVDに焼き、家庭用DVDプレーヤーで見たい、このような目的を達するライティングソフトMac版のおすすめは何?」「ビデオカメラで撮影した動画ファイル、又は動画共有サイトからダウンロードした動画ファイルを編集してからDVDに書き込みたいが、おすすめのMac DVDオーサリングフリーソフトはあるのか」といったような質問がたくさんある。

これらの質問にお答えして、PC初心者でもすぐに使えるMacオーサリングソフトを厳選してランキング形式でご紹介する。オーサリングソフトMac有料版&無料版両方があり、それぞれにはメリット・デメリットもある。だから、自分の目的や使用用途にあわせて最適なMac DVDオーサリングソフトを選ぶ。

【最新保存版】最高評価の多く人気オーサリングソフトMac用ソフトランキング(使い方もあり)


NO.1 Mac DVDオーサリングソフト― Disk Utility(ディスクユーティリティ)

Mac DVDオーサリングソフトおすすめのナンバーワンはこのMac OS X標準のアップル製ソフトウェアディスクユーティリティである。最大の特徴は、ISOイメージファイルを空DVDにライティングできる所。その他、Macがマウントしているディスクの管理、検証・修復も行える。
● ライセンス:無料
● 言語:英語・日本語
● OS:新しいmacOS及びそれ以降(macOS Mojave対応済)
● 最新バージョン:13(606)
● 開発者/メーカー:アップル
● メリット:最新のMac OS Xに対応している
● デメリット:市販DVDダビングできない;市販DVDをISOイメージファイルにコピーするには他のソフトを利用しないとダメ
Top1に紹介されたディスクユーティリティのデメリットを補うには、市販DVDオーサリングに役立てるソフトMacX DVD Ripper Pro(Windows版もあり、Windowsユーザーはこちら>>)が不可欠。なぜかというと、ほとんど全てのDVDコピーガード(例えば、CSS、容量偽装、Cinavia、UOPs、APS、リージョンコード1〜6、RCE、ソニーArccOS、ディズニーX-projection DRM、最新アダルト/フィットネス系コピーガードなど)を解除できるからである。他のオーサリングソフトMacフリー版と比べ、このコピーガード解除機能が目立つ。だから、おすすめする。

MacX DVD Ripper Pro本体にはDVDオーサリング機能は無いが、パワフルなDVDコピー機能を備え、元DVD(CSS DVD/リージョンコード/RCE/ソニーArccOS/UOPs/容量偽装/ディズニーX-projection DRM/99つタイトルのあるDVD/日本独自DVD(S1コピーカード&本中&パラマウント)/ワークアウト系DVD)を1:1の比率でISOイメージファイルにバックアップでき、ディスクユーティリティ又はBurn(Mac)と連携して、無劣化・高画質でDVDに焼ける。更に、自作DVD・家庭用DVDから市販DVDまで、空のDVD-Rにオーサリングすることが可能である。

Mac用
Windows用

Macオーサリング方法:市販DVDをDVDに書き込む操作手順(ISOファイルをDVD-Rに)

まず、MacX DVD Ripper Proをダウンロードしてインストールしてください。ディスクトップのメニューバーにある「help(ヘルプ)」をクリックして、ソフトの言語を日本語に指定できる。

オーサリングソフトMac

1「DVD追加」ボタンをクリックしてから、コピーしたいファイル(DVD/ISOイメージ/フォルダ/UDFファイル/ISO9660フォーマット)を追加する。そして、DVD種類を選択する画面が表示され、そこにある「自動検出」にチェックを入れて、「OK」をクリックすればOK。もし「自動検出」にチェックを入れても、DVDをリッピングできないなら、「強制ISO」にチェックを入れてもう一度試してみてください。

2DVDコピーガードが解除されてから、出力プロファイルウィンドウが出てきた。四つのコピーモードを提供する。ここではISOイメージ化するには、「DVDをISOイメージへクローン」を選んで、「完了」をクリックする。

3「ブラウザ」をクリックして、出力ファイルの保存先を指定してください。

4後は、右下側にある「RUN」ボタンをクリックし、映画DVDをISOファイルにコピーする。コピープロセスが完成するまで、少しお待ちください。(かかる時間はMac PC自体の性能と関わっている。念のため、RUNボタンを押す前、「安全モード」と「高品質エンジン」にチェックを入れておいてください。

MacX DVD Ripper Pro購入方法>>

オーサリングソフトMac

5ディスクユーティリティを起動してください(Applications/アプリケーション --> Utilities/ユーティリティ)。空のDVDを挿入してください。(オリジナルDVDはDVD 9である場合は、8.5 GBの空のディスクをご用意ください)

6ディスクユーティリティに先保存していたISOファイルをドラッグ&ドロップしよう。今、空のDVDとISOにある。

7ディスクに焼きたいISOを選択して、Burnボタンをクリックしてください。上のように、保存先の確認(あなたの空DVD)が表示されるダイアログボックスが出る。それで、Mac DVDオーサリングプロセスが終わった。

NO.2 Mac DVDオーサリングソフト― Burn(バーン)

動画や音楽ファイルから新たなdvdへのオーサリングが簡単に行える。無料のオーサリングソフトMac版の一つとして、DVDデータコピーやオリジナルDVDライティングが一括で完成できる。
● ライセンス:無料
● 言語:英語・日本語
● OS:Mac 10.9+
● 最新バージョン:2.5.1(2011年12月08日)
● サイズ:19.0MB
● 開発者/メーカー:Burn
● メリット:DVDに記録されているデジタルデータから空DVDに焼くことができる;エンコード機能であるffmpegを搭載している;動作が軽く、数回クリックするだけでDVDライティングできる
● デメリット:エンコードはファイルサイズによって違い;新作DVD/市販DVD/99つタイトルのあるDVD/日本独自DVD/ワークアウト系DVDに対応していない

Macオーサリング方法:Burn使い方|BurnでDVD書き込みを行う(MP4ファイルからDVDを作成)

オーサリングソフトMac

以下では、ライティングソフトおすすめ2位のBurnを使って、無料でDVDを空DVDに書き込む方法をご説明する。自作DVD/家庭用DVDだけ。

1Burnを起動して、「Burn」→「環境設定」→「一般」タブ→「完全互換DVDビデオディスクを作成する」にチェックを入れる。

2「ウィンド」→「ディスク作成」ウィンドにある「データ」タブを選択する。

3ファイル名の所にリッピングしたAUDIO_TSフォルダとVIDEO_TSフォルダ各ファイルをドラッグ&ドロップしてから、「ファイル」→「イメージを保存」(任意のフォルダ)とクリックする。

4「コピー」タブを選択→上記で作成された●●●.isoファイルをドラッグ&ドロップしてから、「ディスク作成」ボタンを押し、空DVDをセットする。

NO.3 Mac DVDオーサリングソフト― iDVD(アイディーヴィーディー)

第三番目でMac ライティングソフトおすすめはiDVDである。QuickTimeに対応した動画をDVDプレーヤーで再生できるように、動画をエンコードしてDVD-Videoに作成できるオーサリングソフトMac版である。
● ライセンス:プロプライエタリ・ソフトウェア
● 言語:日本語・英語・中国語・韓国語など
● OS:Mac OS X 10.6.7及び以降
● 最新バージョン:7.1.2(2011年1月18日)
● サイズ:36.12 MB
● 開発者/メーカー:アップル
● メリット:DVDメニューを簡単に作成できる
● デメリット:大きな映像ファイルサイズなら動作が不安定となる;プロの人に対してはお勧めしない

Macオーサリング方法|Mac DVD焼くソフトiDVDでDVD作成しよう(動画ファイルをDVD-Rに書き込み)

オーサリングソフトMac

1まずオーサリングソフトMac用のiDVDを立ち上げて、画像のようなウィンドウが出てくる。「新規プロジェクトを作成」を選択する。新しく出たウィンドウに名前を入力し、場所を選択する。

2テーマを選択することと同時に、背景イメージや背景ムービーや、タイトルや、ボタンまで選択できる。まずお好みに合うテーマを一つ選ぶ。ウィンドウがなにか出たら「OK」をクリックする。この時に、右のボタンでDVDのメディアとボタンが設定できる。

3追加ボタン(下にある三つのボタンの中で一番右にあるボタン)をクリックして、DVD 書き込みたい動画をソフトに追加する。そして、左のボタンを押して、マップビューになる。マップビューにプロジェクトを整理する。動画の再生順番のよう なものを、この時にする。また、次から次へと、タイトルに戻らなくて再生する動画は、一番目の動画をステップ2で追加するが、ほかの動画をこの時に追加する。

4「プロジェクト」で「プロジェクト情報」を選択したら、新しいウィンドウが出てくる。このウィンドウで、各情報を確認する。そうしたら「ディスクを作成」 ボタンをクリックする。ディスクの挿入指示が表示されたら、ドライブに空のディスクを挿入する。そうしたら動画からのDVDライティングを行える。

NO.4 Mac DVDオーサリングソフト― iTunes

Mac ライティングソフトと言えば、iTunesを思い出す人はほとんどいないだろう。だが、iTunesは絶えず更新中、バージョン4からDVDオーサリングをサポートしている。
● ライセンス:ソフトウェア
● 言語:日本語・英語・中国語・韓国語など
● OS:Mac OS X 10.12及び以降
● 最新バージョン:12.6(2018年3月21日)
● サイズ:30.78 MB
● 開発者/メーカー:アップル
● メリット:自分だけの CD や DVD を作成できる
● デメリット:iTunes Store から購入した映画やテレビ番組、及びApple Musicからダウンロードした曲やミュージックビデオは独自のCDやDVDにライティングできない

オーサリングソフトMac版〜iTunesでDVD作成しよう(iTunesライブラリ内のビデオをDVD-Rに書き込み)

オーサリングソフトMac

1まず、ディスクにライティングができるディスクドライブを準備しておく。データDVDを作成する時は、お使いのMacにApple Super Driveが搭載されているか、USB Super Driveが接続されている必要がある。それ以外、一部の外付けドライブを利用する場合もある。

2ディスクに入れたいビデオを集めたiTunesプレイリストを開く。

3お使いのコンピュータではDVDを使用できるが、ほとんどのDVDプレーヤーではデータDVDディスクを読み取ることができなくて、念のため、空のディスクを用意しておく。DVDは少なくとも4.7GBの容量を持った方がいい。

4iTunesプレイリストを右クリックして「プレイリストからディスクを作成」を実行する。そして、Macオーサリング作業が始まり、少々お待ちください。

NO.5 Mac DVDオーサリングソフト― LiquidCD


● ライセンス:ソフトウェア
● 言語:日本語・英語など
● OS:Mac OS X
● 最新バージョン:2.08
● サイズ:8.55 MB
● 開発者/メーカー:Maconnect
● メリット:使い勝手が良くて、手軽にVIDEO_TSフォルダからDVD-VIDEO作成できる
● デメリット:時々エラーが発生する

Macオーサリング方法|Mac DVD焼くソフトLiquidCD でDVD作成しよう(VIDEO_TSフォルダをDVD-Rに書き込み)

オーサリングソフトMac

1まず、LiquidCDを立ち上げ、「ビデオDVD」を選択すると、DVDを焼けるモードになる。「VIDEO_TSフォルダの選択」をクリックして、先ほど作成したVIDEO_TSを選択する。

2「ディスクを作成」ボタンをクリックする。

3空のDVDをセットして、「ディスクを作成」ボタンをクリックすると、DVDオーサリングが始まる。

TIPS:LiquidCDはVIDEO_TSフォルダからDVDにライティングできる他、オーディオCD、データファイル、各種ディスクイメージ(.cue/.bin、.ccd/.img、ISOなど)にもサポートしている。だから、LiquidCDはとても素晴らしいMac DVDオーサリングソフトだと思う。

いかがだろうか。上記は2018Mac DVDオーサリングソフトおすすめTop5をご紹介した。Mac DVD書き込みはスムーズにできるだろう。今回ご紹介したMacオーサリングソフトは各自のメリット・デメリットがあり、それらを事前に確認してから、適応な方法を使ってください。

Macで市販DVD(TSUTAYA/ゲオ/DMM/アマゾンなど)をオーサリングする場合、MacX DVD Ripper Proの方がいいだと思う。普通のDVDディスクなら、Burn Mac及びLiquidCDがおすすめ。iTunesプレイリストにある動画や音楽ファイルをDVDに書き込みたいのなら、iTunesを使ったの方がいい。それぞれにはメリット・デメリットがあり、使用用途に合わせて、最適なDVDライティングソフトを選択してください。

3つのポイントを押さえて最適なオーサリングソフトMac版を選ぼう!

(1)最新macOS 10.14 Mojaveに対応するか?または、現在利用中のmacOSに対応しているのか?

(2)Mac DVDオーサリング作業が完了した後、画質・音質がオリジナルのままで再生できるのか?

(3)お使いのオーサリングソフトMac版の処理速度、操作性、性能に満足しているのか?

ただし、処理速度はMac オーサリングソフトウェア自体に原因があるが、お使いのコンピューターのCPU/性能にも関係がある。

Mac DVDオーサリングに役立てるソフト ― MacX DVD Ripper Pro

2018市販DVDオーサリング/MacオーサリングソフトおすすめTop5を見てから、どっちが一番だと思う。普通のDVDなら、どっちでもいいが、コピーガード付きDVDを空DVDにオーサリングするには、MacX DVD Ripper Proは一押し。更に、コピー機能以外、素晴らしいリッピング機能がついている。出力プロファイルには様々なデジタルデバイスや映像形式にサポートしている。DVDを最新スマホ(iPhone, Xperia, Galaxy, ARROWS, HTC, Lenovoなど)やタブレット(iPad/Surface Pro/ASUS/Galaxy Tabなど)や他のデジタルデバイス(iPod/Apple TV/iMovie)に取り込める。それで、ユーザーは変換したビデオを手元のポータブルデバイス上で楽しめる。

関連記事
iPhoneで撮った動画をDVDに焼く方法が知りたい|iPhone動画DVDダビングソフトおすすめ

iPhone動画DVD焼くと、SDカード/USBメモリーより長期間保存できるし、大画面のTV/家庭用DVDプレーヤーでも観られ、多くの人がiPhone動画DVDダビング方法を探している。今最も流行っているのは、専門的な店(例えば、tokyo-dc、kitamura、カメラのキタムラ)を利用する。これが便利だが、価格がちょっと高い。ここでは、初心者でも簡単に使えるiPhone動画をDVDに書き込む方法をご紹介する。

VIDEO_TSをDVDに書き込み・焼く方法を詳しく解説!DVDプレーヤーで視聴しよう!

Windowsユーザ向けVIDEO_TSファイル 書き込みソフトとMacユーザ向けVIDEO_TS 書き込みソフトを紹介する以外に、VIDEO_TSをDVDに焼く詳しい操作方法を詳しく解説。すべて無料なので、VIDEO_TSをDVDに書き込みしてVIDEO_TS DVDプレーヤーで視聴したい方はお早めにどうぞ!

MacでレンタルDVD焼く方法!超簡単なMac環境DVDダビング方法ご紹介

初心者にとってもMac でレンタルDVD焼くことを簡単にするMac DVDコピーソフトが必要で、レンタルDVDのためにMacでDVDコピーガードを解除する機能も必要。つまり、DVDコピーガード解除機能付きのMac用レンタルDVD焼くソフトに任せるのは初心者にとって一番簡単で便利な映画DVDダビング方法であるとも言える。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

Mac DVDオーサリングソフトおすすめTop5は、DVDライティング時に役に立てる。上記の三つオーサリングソフトMac版又はヒントのリンク先などの方法で、順調的にDVDを空DVDに書き込める。だから、Mac DVD作成には必ず入れておきたい。普通のDVDディスクから市販のDVDディスクまで、全て対応している。

関連チャンネル