必ず役に立つiPhone 7の「神アプリ」iPhone 7データ移行・iOS 10アップデートやダウングレードに不可欠なツールが期限限定無料配布!

iPhone 7発売日、新機能、スペック、メリット&デメリット、機種変更あるある

iPhone 7には魅力的な機能が充実!
iPhone 7を早めに入手したいのですか?

iPhone 7へ機種変更に不可欠なツールが無料配布中!!

アップルの4インチ・新型モデルiPhone SEが大ヒット販売中なのに、次期iPhoneモデルiPhone 7(iPhone 7・7 Plus・Pro)の噂やニ新情ュースが早々浮上!待望のiPhone 7やっと9月7日(現地時間)アップル開催したメディア向けイベントで登場した!新モデルの特徴として、イヤホンジャックが廃止され、Lightningコネクタを採用したイヤホン「EarPods」と、Lightningコネクタから3.5mmのイヤホンジャックに変換するアダプタが同梱されることになった。また、アップルは2017年3月21日、iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)RED Special Editionを発表し、3月25日午前0時01分(日本時間)より発売される。カラー以外は既存モデルと共通で、IP67準拠の防沫・防水、防塵仕様。カメラはiPhone 7がリア1,200万画素、フロント700万画素で、光学式手ブレ補正を装備。

アップルの次期フラッグシップモデルiPhone 7についての情報やレビューがたくさんは山積みほど多い。いちいち閲覧するわけでもない。それに対して、本ページでは、アイフォン7の素敵な新機能、不具合、他機種との比較、iPhone 7に機種変更する時注意すべきなことを含め、iPhone 7に関する噂・情報がすべて整理してまとめる!ぜひ見逃さないでください。

iPhone 7に搭載する革新的な機能

去年のiPhone 6sに搭載した新機能は3Dタッチしかないから、ユーザーから不満の声が聞こえてきた。そのため、iPhone 7は革新的な進化を遂げると期待されている。例えば、高画質のデュアルカメラ、Dラインと呼ばれているアンテナラインを取り去り、防水・防塵対応、ワイヤレスイヤホン等。そして、「これなしでは生活できないと感じさせる革新的機能を搭載する」というティム・クックCEOの発言から、iPhone 7新機能の魅力と便利さを実感できる。だが、それは広告宣伝だけなのかと疑われる。とりあえず、2017iPhoneフラッグシップモデルiPhone 7・iPhone 7 Plus新機能を見てみよう!

ディスプレイ & デザイン
デザイン的にはiPhone 6と同じガラスとアルミで、アイフォンの歴史上初めて、3代連続で大体同じということになる。ジェットブラック、ブラック、ゴールド、シルバー、ローズゴールドの5色から展開している。その前噂された新色のディープブルー、スペースブラックが見えなかった。その代わりに、ジェットブラックは新色として登場した。ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものである。
  • ディスプレイ & デザイン
  • 向上のバッテリー持ち
  • Lightning接続のヘッドホン
  • 防水防塵機能
  • A10プロセッサー
  • ステキなカメラ
向上のバッテリー持ち
「iPhone 7」・「iPhone 7 Plus」は、バッテリー性能が大幅にアップしている。具体的に言えば、iPhone 7は、iPhone 6sより2時間バッテリー性能がアップ。iPhone 7 Plusは、iPhone 6s Plusより1時間バッテリー性能がアップ。そして、通話・インターネット利用・ビデオ再生・オーディオ再生などの方面で、バッテリー駆動時間が長くなる。
  • ディスプレイ & デザイン
  • 向上のバッテリー持ち
  • Lightning接続のヘッドホン
  • 防水防塵機能
  • A10プロセッサー
  • ステキなカメラ
Lightning接続のヘッドホン
従来のiPhoneモデルに搭載した3.5mmヘッドフォンジャックが廃止された。その代わりに、アップルは3.5mmヘッドフォンジャックがついたデバイスをiPhone7/7 Plusに接続するためのアダプタを、900円で販売開始している。そして、bluetoothワイヤレス、Lighting接続のDACアンプ、Lighting接続のイヤホン・ヘッドホンを使って音楽が聴けるようになる。
  • ディスプレイ & デザイン
  • 向上のバッテリー持ち
  • Lightning接続のヘッドホン
  • 防水防塵機能
  • A10プロセッサー
  • ステキなカメラ
防水防塵機能
内部にシーリングを施すことでIP67に準拠した防水防塵仕様になったのはiPhone 7の最大の特徴。なお、規格上粉塵が内部に侵入せず、水中に漬けても影響を受けないものだが、Appleは水濡れによる損傷は保証の対象外になるとしている。そして、NFCによる決済機能「Apple Pay」は、ついに日本国内で使用されているFeliCaに対応した。
  • ディスプレイ & デザイン
  • 向上のバッテリー持ち
  • Lightning接続のヘッドホン
  • 防水防塵機能
  • A10プロセッサー
  • ステキなカメラ
A10プロセッサー
A10 Fusionプロセッサを搭載して、iPhone 6s比で40%CPU性能が高く、GPU性能は60%も向上しているとのこと。2つの高性能コアと2つの低消費電力コアを組み合わせたbig.LITTELE的な構成で、iPhone史上最速のプロセッサであるとうたう。
  • ディスプレイ & デザイン
  • 向上のバッテリー持ち
  • Lightning接続のヘッドホン
  • 防水防塵機能
  • A10プロセッサー
  • ステキなカメラ
ステキなカメラ
iPhone 7」は昨年発売のiPhone 6sと比べても大きく性能が向上しただけでなく、デュアルカメラや光学2倍ズーム、防水性能など、新しい試みも数多く盛り込まれるのである。iPhone 7は別途望遠カメラ(F2.8)を組み合わせる1200万画素の広角カメラ(F1.8)を搭載して、iPhone 7 Plusはデュアルカメラを搭載して、光学2倍ズーム・デジタル10倍ズーム(iPhone 7はデジタル5倍ズーム)を実現した。
  • ディスプレイ & デザイン
  • 向上のバッテリー持ち
  • Lightning接続のヘッドホン
  • 防水防塵機能
  • A10プロセッサー
  • ステキなカメラ

注目されているiPhone 7価格:
アップルはこれまで、現行モデルと同じ価格で新しいiPhoneを販売する戦略を実行する。向上される性能を考えると、地域によって少し違うけど、日本では、アイフォン7が7万2800円(税別、以下同)から、Plusが8万5800円から販売される。iPhone 7はソフトバンク、KDDI、NTTドコモと3つの携帯キャリアと契約をすることが分かった。契約によって、ユーザーはただ最初数万円を払って、残り部分は分割払いすることは可能なのである。以下は各モデルの税別価格 (SIMフリー版)価格をまとめる。

機種
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
16GB
78,800円
89,800円
32GB
78,800円
89,800円
72,800円
85,800円
64GB
89,800円
101,800円
128GB
101,800円
113,800円
83,800円
96,800円
256GB
94,800円
107,800円

注目されているiPhone 7発売日:
先代モデルの毎年6月リリースするパターンと違って、第四代iPhoneのリリース日の10月に延期された。それは、iPhone 4は大きな成功を収めていたので、アップルは早く新モデルを発表することを避けたからである。その後、アップルは毎年9月新製品を発表するパターンを採用している。iPhone 7リリース日も例外ではない。予約開始日は9月9日から、出荷開始は9月16日から(日本を含みます)。
2017年3月25日の0時1分より注文を受け付け、Apple Storeで一括購入した場合の価格は、iPhone 7赤色(レッド) バージョンの128GBモデルが83,800円、256GBモデルが94,800円。iPhone 7 Plus赤色(レッド) バージョンの128GBが96,800円、256GBが107,800円。

ソフトバンク:SoftBankブランドより、アップルが発表したスマートフォン「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」と腕時計型スマートデバイス「Apple Watch Series 2」、および「Apple Watch Series 1」を9月16日午前8時より発売すると発表した。

KDDI:iPhone7/7 Plusの予約を9月9日(金)午後4時1分からau販売店とオンランショップで受付開始し、16日(金)に発売すると発表しました。

NTTドコモ:iPhone7/7 Plusの予約を9月9日(金)午後4時1分から店頭およびドコモのホームページで受付を開始、9月16日(金)から発売する、と発表した。

iPhone7買い替えてもデータは損失なし!業界一高速でアイフォン6s/7/7 Plus内の動画・音楽・写真をPCに転送・同期・コピーできる。

iPhone 7/6s/6s Plus DVD取り込めるMacソフト - 市販・レンタルDVDをコピーやリッピングして、無劣化でiPhone 7にDVDを取り込める。

iPhone 7/6s/6s Plus動画ダウンロード保存ソフト - 300+サイトから動画をDL、変換、編集、録画して、iPhone 7/6s/6s Plusに保存して再生。

【更新中】iPhone 7関連の国内外から配信されるリーク情報や最新情報特集

2016年10月17日

海外メディアの報道によると、iPhone 7を強制的に再起動する際に、機械式ホームボタンを使えなくなっている人を見かけた。物理ホームボタンを修理を行う必要があるかもしれない、仮想ホームボタンを使ってくださいというメッセージが出てきた。それなら、次期モデルには、物理ボタンを廃止しタッチセンサー式のボタンに切り替える可能性が一段と高まると報じている!

2016年9月30日

一部の Android wearのスマートウォッチをiPhone 7/7 Plusと連携できないという報道が出てきた。だが、それらのAndroid wearはほかのiPhoneモデルと連携することができる。そして、アップル製完全無線イヤホンのAirPodsが発表されて以来、注目を集めている。「Apple Watch」に対する消費者の購入意向を調査した結果、米国の消費者の12%はAirPodsを購入するつもりである。されるそうである。

2016年9月20日

iPhone 7/ 7 Plus絶賛発売中なのに、早くも具合が報じられている。まず、iPhone 7 /7 Plusの一部に、使用中にノイズ音が発生するものがあるという報道があった。また、iPhone7を機内モードにしたあと、機内モードを解除しても「No Service(圏外)」と表示され、通信できない状態が続く不具合が発生しているとMacRumorsが報じている。Appleは、認定サービスプロバイダに対し、端末の再起動を行い、それでも改善しない場合はSIMカードを抜き差しするよう案内している。

2016年9月13日

iPhone 7/ 7 Plusの第一次発売国が昨年の12ヵ国から28ヵ国へと増えた!日本もも第1次販売国となった。iPhone 7 / 7 Plusは今、供給不足に陥る噂や報道が飛び交っている。2015年、iPhone 6sとiPhone 6s Plusの2モデルが販売開始からわずか3日間で、新記録となる1,300万台以上を販売された。今年、スマートフォンの需要低迷により、iPhone 7/ 7 Plusはその記録を破ることは無理かもしれない。iPhone7を今年だけで7,200万台から7,800万台の製造する計画と伝えられている。

2016年8月30日

9月7日にアイフォン7が登場!アップルが、2016年9月7日(現地時間)にメディア向けイベントを開催することを正式に発表した。それは次世代 iPhoneの発表イベントであることは間違いない。最新リーク情報によると、iPhone7、iPhone6SE、iPhone7 Plus(7 Pro)と3機種を用意しているそうである。

iPhone 7メリット&デメリット及びiPhone 7不具合

以上iPhone 7新機能から見れば、この2016新しいiPhoneモデルは確かに大幅な進化を遂げるのである。例えば、デュアルカメラ、防水防塵機能、フレキシブルディスプレイ、大容量バッテリー等。基本は 「誰もが新型iPhoneに買い換えたくなるような革新的機能を搭載する」とAppleのティム・クックCEOが発言したとおりということである。ところが、いくら優秀なモデルだとは言っても、メリットとデメリットがある。最先端技術を搭載するiPhone 7でも例外ではない。iPhone 7新機能より、iPhone 7デメリット、iPhone 7不具合が発生するかと同様に重視されている。以下の内容はiPhone 7メリットとデメリット及びiPhone 7不具合をまとめて紹介する。

メリット
●  現行モデルより薄く軽くなり

iPhone 7は3.5mmイヤホンジャックを廃止して、現行のiPhone 6s に比べ1mm薄く、6.1mmになるとのこと。そして、ワイヤレス接続のイヤホンが同梱される。また、電波を通すためのアンテナバンドが背面から消える。

●  内蔵ストレージサイズの拡大

両モデルともストレージ容量は最大256GBになるとのこと。ゲームアプリ等は年々大容量化が進んでいるし、1,200万画素のデュアルレンズカメラで撮ったHD動画ファイルや4Kファイルの保存も相当の容量が必要なので、内臓ストレージの増大は当然のことと言える。

●  バッテリーの持ちが良くなり

噂によると、iPhone 7は1,735mAh、iPhone 7 Plusは2,810mAhのバッテリーを搭載するとのこと。iPhone 6s/Plusと比べて、バッテリー容量がわずかに増えるようである。そして、iPhone 7ではプロセッサ・メモリ・ディスプレイなどに変更があって消費電力が増えたため、バッテリー持ちがかなり改善すると思わない方が良いだろうか。(iPhone7バッテリー長持ちさせる方法まとめ

●  iPhone7 Plusにカメラはデュアルカメラが搭載

Appleが去年イスラエルのカメラ関連企業LinXを買収した。LinXのデュアルカメラで撮影された写真は、グラスの輪郭やビールの質感、背景の壁も鮮明なのがわかる。800万画素や1,300万画素のカメラ単体よりも、400万画素のカメラを2つ組み合わて撮った写真のほうが鮮明なのが印象的である。

デメリット・不具合
●  3Dカメラと高度なVR技術なし

最近、3Dカメラと高度なVR技術が話題になる。2016最新フラグシップモデルiPhone 7には3Dカメラと高度なVR技術が採用されないことが明らかになった。スマートフォンで、安価にVRを楽しむのは、iPhone 7のかわりに、最新Android搭載スマホを使ってみてください。

●  iOS 10には新機能なし

2016年WWDC大会で発表されたばかりのiOS 10は、新機能の追加より、バグの修正が優先されるような気がする。アップデートでこれだけのストレージ容量を消費するので、iOS 9からiOS 10へアップグレードする必要とよく考えてください。

●  販売価格は高すぎる

ライバル製品と比べて、iPhone 7にはiPhone 7ならではの魅力と使い勝手のよさがあるこそ、価格も絶対安くない!ネットでiPhoneを安く買う方法がたくさん掲載されている。お金を節約したいなら、ぜひご覧になってください。

●  対応可能な動画音声フォーマットが少ない

iPhone 7は、先代モデルと同様に、対応できる動画フォーマットはM4V、MP4、MOVで、音声フォーマットはAAC、MP3等しかない。DVD、SWF、MKV、FLV、WMV、MTSなどの拡張子で保存された映画やビデオファイルが iPhoneで使えるフォーマットから外れているから、iPhone 7で再生したい場合、第三者の動画変換ソフトを使わなければならない。

iPhone 7にある動画・音楽・写真をMac/PCに転送・移行・同期!

お手持ちのiPhone 7にある動画や写真及び音楽などのデータをMac/PCに移行・転送・同期したいか。例えば、動画に音楽に写真に、日々増えてきたアイフォン7のデータ容量を減らす;お好みの写真や動画等をMac/PCへ取り込んで編集;大事な大事なファイルを、iPhone 7の紛失や故障というトラブルから守る等。ここでは、初心者にも熟練者にも関わらず、カンタンに操作できるiPhone 7専用データ転送ソフトMacX MediaTransをオススメ。このソフトを使えば、MacとiOSデバイス(iPhone /iPad /iPod)の間で、動画、音楽、写真などのメディアファイル共有を簡単に行うことが可能。

- iOSデバイス専用データ転送ソフト

? 音楽転送編:プレイリスト新規作成&編集&削除;アーティスト、アルバム検出&編集;

? 動画転送編:動画をiPhone iPadに変換、サイズ圧縮、自動回転、双方向同期;

? 写真転送編:iTunesなし、iCloudなし、WiFi経由なし;100枚の4k写真の転送は8秒で実現;

? USBメモリー編:iPhone、iPad、iPodをUSBメモリー化、様々なファイルやデータを保存。

iPhone 7はライバル製品(Galaxy S7/Note 7/Xperia X等)との対戦がアツイ!

2016年に発売予定である、新しい技術をふんだんに採用して高機能・高性能を追求した、スタイリッシュなデザインを採用したハイエンドモデルはiPhone 7のほか、Samsung Galaxy S7/Note 7、Sony Xperia X、LG G5、Huawei P9、Nexus 5X、Nexus 6P等沢山ある。一段と激しい競争の中で苦戦を強いられている各スマートフォンメーカーと比べて、アップルはブランド力やユーザーを囲い込む戦略や仕組みを採用して、iPhoneモデルの市場シェアを伸ばしている。今度、2016年フラッグシップモデルであるiPhone 7はその勢いに乗れるかと注目されている。また、先代モデルiPhone 6S/6や、ライバルモデルGalaxy S7/ Note 7、Xperia Xのかわりに、iPhone 7に機種変更すべきかと話題になっている。

先代iPhoneモデル/6)からiPhone 7へ機種変更するには

iPhone 6S/SEを選ぶか、あるいはiPhone 7まで待つか」と機種変更を考えているiPhoneユーザーがよく悩んでいることである。確かに、噂を総合的に眺めれば、iPhone 7を待つ価値は大いにありそうである。iPhone 7はiPhone 6s/SE/6/5Sから新たなデザインに変わった上、ヘッドフォンジャックの廃止によって、従来モデルより薄く軽くなっている。また、iPhone 7シリーズに搭載するA10チップはA9チップよりも10~20%アップし、新しいアーキテクチャによって更に10~15%の強化が行われ、全体的には30~40%の性能向上になるのではないかとみられている。そして、iPhone 7には防水防塵機能、ワイヤレス充電機能が搭載されるようである。

AndroidスマホからiPhone 7に乗り換えるには

iPhoneの対抗馬になっているAndroidスマホと言えば、サムスン製Galaxy S7/Edgeと間もなく登場すると見られるGalaxy Note 7、ソニー製Xperia X/XA/X Performanceなのである。Galaxy S7/Edgeは2K解像度のSuper AMOLEDディスプレイ、高性能カメラ、VR対応技術、防水防塵機能等を搭載して、驚くほどの超ハイエンドモデルと言っても過言ではない。一方、2016フラッグシップモデルとなるXperia Xシリーズも負けなように、曲面ガラスディスプレイと、高級感のある金属製背面パネル、動きを予測するAF、前面カメラも1300万画素、フルアルミボディは"スリットレス"を実現、バッテリーの「寿命」を2倍にする最適化技術導入等。どっちが買うべきかと良く考えてみてください。

機種 iPhone 7 iPhone 6S Samsung Galaxy S7 Xperia X Performance
スペック

カラバリはジェットブラック、ブラック、ゴールド、シルバー、ローズゴールドの5色から展開。4.7インチと5.5インチ(Plus)の2つのモデルがある。A10チップ、3Dタッチ、防水防塵機能、ヘッドフォンジャックなしのデザイン、iOS 10。

ゴールド、シルバー、スペースグレイ、ローズゴールドの4色展開。4.7インチと5.5インチ(Plus)の2つのモデルがある。LEDバックライト・IPS液晶、タッチスクリーン、A9チップ、3D指紋認証、12MP、4kやライブ映像撮影、iOS 9。

ゴールド、シルバー、ブラック、ホワイトの4色展開。Qualcomm MSM8996 Snapdragon 820 とExynos 8890 Octaプロセッサー、5.1インチのSuper AMOLEDディスプレイ、4 GB RAM、Android 6.0 Marshmallow。

ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色展開。「Predictive Hibrid Auto Focus」機能、3GB RAM、Snapdragon 820プロセッサー、5インチ フルHDディスプレイ、Android 6.0 Marshmallow。

ディスプレイ 4.7インチと5.5インチのOLEDディスプレイ、Quad HD/4K解像度 4.7インチと5.5インチ3Dタッチ、1080 x 1920ピクセル(401 ppi) 5.1/5.7インチタッチスクリーン、1440 x 2560ピクセル(577 ppi) 5インチ フルHD(1920 x 1080)ディスプレイ
チップ A10 (6コア/ 64bit) A9 (dual-core1.8GHz/ 64 bit ) Qualcomm MSM8996 Snapdragon 820 と Exynos 8890 Octa Kryo (4コア)
OS iOS 10 iOS 9 Android 6.0 (Marshmallow) Android 6.0 (Marshmallow)
メモリ ROM: 32/ 128/ 256GB
RAM: 2/ 3GB
ROM: 16/ 64/ 128GB
RAM: 2GB
ROM: 32/ 64GB
RAM: 4GB
ROM: 32GB(SDカード対応可能)
RAM: 3GB
カメラ 前面カメラ: 700万画素
背面カメラ: 1200万画素
前面カメラ: 500万画素
背面カメラ: 1200万画素
前面カメラ: 500万画素
背面カメラ: 1200万画素
前面カメラ: 1300万画素
背面カメラ: 2300万画素
バッテリー バッテリーの持ちは改善される 1715 mAh (交換不可能) 3000 mAh (交換不可能) 2700mAh mAh (交換不可能)

iPhone 7に機種変更する前に準備しておくべきこと

iPhone 7は2016年iPhoneのフラッグシップモデルとして、それなりの新機能や、高性能向上が期待できる。ワクワクと手元の先代iPhoneモデルや、AndroidスマホからiPhone 7に乗り換えたいのか。このページでは、ただiPhone 7発売日、新機能やライバルGalaxy/ Xperiaとの比較を紹介するだけではなく、各方面でiPhone 7ロコミ、評価とレビューをもたらす。そして、次の内容はiPhone 7へ買い換える前に、データバックアップ等準備しておくべきことを説明する。ぜひ見逃さないでください。

古いモデルのデータをバックアップ

iPhone 7の素晴らしさに魅了されて、iPhone 7に乗り換える前に、必ず古いモデルのデータのバックアップを忘れないてください。下の内容はiCloud、あるいは iTunesでお使いのiPhoneのデータをバックアップする方法をご案内する!

iPhone 7を設定してアクティブ

古いiPhoneに保存する写真、動画及びほかのデータもうちゃんとiTunesやiCloudでバックアップするか。そして、つぎのステップに移行しよう。iPhone 7を設定してアクティブした後、データを転送する。

iPhone 7でAndroidスマホから移行した動画を再生

Androidスマホからお気に入りの動画をiPhone 7へ移行した後、iPhone 7で再生したいが、今よく使われている動画形式AVI、WMV、MKV、MTSなどは、iPhone 7と互換性がないので、諦めるしかない。一方、iPhone 7で撮影した動画をYouTube、ニコニコ動画へ投稿したいか。ファイルサイズが大きすぎて、なかなかうまくいかない。その時どうすればいいか。心配ことなく、ここでは、iPhone 7ユーザーにピッタリした神ソフトMacX Video Converter Proをお届ける!

iCloudでデータをバックアップ :

バックアップを自動作成:
iOS 9 または iOS 8 デバイスの場合:「設定」>「iCloud」>「バックアップ」を開き、「iCloud バックアップ」をオンにする。
iOS 7 デバイスの場合:「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」を開き、「iCloud バックアップ」をオ にする。

バックアップを自動作成:
iOS 9 または iOS 8 デバイスの場合:「設定」>「iCloud」>「バックアップ」を開き、「今すぐバックアップを作成」をタップする。
iOS 7 デバイスの場合:「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」を開き、「今すぐバックアップを作成」をタップする。

iTunesでデータをバックアップする場合、お使いのiTunesのバージョンは最新であるかと確認してください。そして、デバイスをUSB ケーブルでコンピュータに接続して、 iTunesメニューの「ファイル」→「デバイス」→「バックアップ」の順に進む。

iPhone 7の設定&アクティブ
  • ステップ 1: iPhoneを起動して言語を選ぶ
  • ステップ 5: Apple ID でサインイン
  • ステップ 2: Wi-Fiネットワークを選択
  • ステップ 6: Siriを利用するかと決定
  • ステップ 3: Touch IDを設定
  • ステップ 7: iPhone 7の壁紙を設定
  • ステップ 4: iTunesやiCloudでデータを転送
  • ステップ 8: <開始>をタップ
ステップ 1:「動画追加」をクリックして動画を取り込む;
ステップ 2: 「Appleデバイス」->「iPhone 7」を押す;
ステップ 3: 「ブラウザ」をクリックして保存先を指定;
ステップ 4: 「RUN」ボタンをクリックして動画をiPhone 7への変換をスタート。

iPhone7についてよくある質問まとめ

【機種変更】iPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違いはどこ?どっちがお得?

iPhone6s/6s Plus及びiPhone7に関して非常に盛り上がっている. 検索してみると、画像のリーク情報やスペックや発売日や価格など情報は様々。そこで今回は、これまでの多数な最新ニュースや製品レビューを元に、 これから買い替えを検討されている方に向け、iPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違い及びiPhone 6s/6s PlusとiPhone7のスペックなど徹底比較を行う!

もっと読む>>
iPhone7はあまりにもバッテリーの持ちが悪い!どうすればいいか?

iPhoneの新フラッグシップモデルiPhone7がいよいよ発表される。iPhone7を購入する前、「iPhone7活用術:iPhone7バッテリー長持ちさせる方法」を分かるべき。iPhone7を普通に使っているはずなのに、すぐバッテリーが無くなってしまう。大変困ることであるね。iPhone7省エネによって、快適にiPhone7の新機能を楽しめながら、Appleライフを満喫しようと、本文を見逃さないでください。

もっと読む>>
機種変更したいが、iPhone 7とiPhone 7 Plusどっちが買うべきか?

2016年新モデルのiPhone 7とiPhone 7 Plusは、最上位モデルとしてで再びスマートフォン市場を席巻すると期待できるそうである。iPhone新モデルに買い換えたいユーザーが、iPhone 7かiPhone 7 Plusか、どっちが買うべきかと悩んでいるだろうか。さて、今回の記事では、iPhone 7とiPhone 7 Plusの両機種をデザイン、スペック、価格面で比較して、どちらを選ぶべきかを考察してみよう。

もっと読む>>