ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone Androidどっちがいい

【2019年版】iPhone Androidどっちがいいか?面々でiPhone Android違いをお届け!

あなたはiPhone派?Android派?

現在、日本で見かけるスマートフォンは、大きく二つに分けることができる。つまり、 Apple社のiPhone(iOSを搭載)とGoogleの開発したAndroid を搭載したAndroid携帯である。iPhoneにはiPhoneならではの魅力と使い勝手のよさがあり、AndroidにはAndroidだからこその魅力と使い勝手のよさがあるので、新しいスマホを購入する時、iPhoneとAndroidどっちがいいかと悩んでいる方が少なくないだろう。熟練者ならまだしも、初心者にとって、選択しづらいに間違いない。ネットで探してみると、専門用語いっぱいで、本当に役に立つ情報が少ない。本当に困らせることである。そのため、本文は面々でiPhone Android比較して、初心者にも迷うことなく簡単に分かる言葉でiPhone Android違いをお届ける!そして、ご個人的なニーズに合わせて、あなたはiPhone派かAndroid派かと自分で決めてください。


毎日プレゼント!!Digiarty「X'Masプレゼントキャンペーン」、期間限定で実施中

180,000円以上の24つ人気ソフト製品(DVDコピーソフト+動画処理ソフト+iPhone管理ソフトなど)が全員もらえる「X'Masプレゼントキャンペーン」が12月2日(月)から始まります。

製品
@、最新最強のDVDコピーソフト「MacX DVD Ripper Pro」(全員)
A、多機能な動画処理ソフト「MacX Video Converter Pro」(全員)
A、iPhone管理ソフト「MacX MediaTrans」(全員)
B、他の21つ人気ソフト製品(Paragon Hard Disk Manager、Audials、Malware Hunter Pro、Driver Easy、AOMEI Backupperなど)(全員)

応募期間:2019年12月2日(月)〜2019年12月25日(水)

キャンペーン開催場所(第1弾):
「Digiarty X'Masプレゼントキャンペーン!」−24つ人気ソフトウェアを毎日プレゼント!!>>

※ 詳細はキャンペーンページにてご確認ください。

第2弾:2019〜2020年末年始プレゼントキャンペーン(10,000円分Amazonギフト券+ソフトウェアの永久ライセンスコード無料配布)は、2019年12月27日(金)より開始します。

(1).iPhone Android違い:ハードウェア

iPhone7 iPhone8どっち
アイフォン アンドロイド 違いと言えば、まず言うべきのはハードウェアである。iPhoneを提供するのはAppleのみで、iPhone 4S/ 5s/ 5c/ 6/ 6 Plus/ 6s/ 6s Plus/ 7/ 7 Plus/ 8/ 8 Plus/ iPhone Xなど性能に違いはあるものの、シリーズを通して一貫性があり、機能も大きな違いはない。それに対して、Androidを搭載したスマホは多くの会社(ソニー、サムスン、富士通、HTC、シャープなど)から出て、サイズ、機能、重量、ユーザーエクスペリエンスでそれぞれに特長がある。好みに応じた機種を選ぶことが可能。一般的に言えば、フリーズ、過熱、あるモデルが品質低下といった不具合がAndroidには少なくない。もちろん、iPhoneもハードウェア上の問題がある。(2018年新モデルiPhone 9(アイフォン9)の発売日・価格・新機能・スペック等最新情報>>

(2).iPhone Android違い:OSの互換性

iPhone7 iPhone8どっち

最新かつ最高な機能を提供するスマホオペレーティング・システムを体験したいなら、iPhoneは絶対ベストな選択肢である。なぜかというと、GoogleがAndroid OSをアップデートしても,Androidスマホメーカーはすぐに最新OSを採用するわけではないからである。それに、古いバージョンのAndroidを搭載するスマホは最新OSに対応できないが、iPhone(4S/ 5s/ 5c/ 6/ 6 Plus)ユーザーは最新iOSに自由にアップデートできる。iOS11のインストール率は、2017年10月19日の時点で54.49%とすでに過半数を超えていた。それに対して、2016年のリリースから18カ月が経過したAndroid 7.0/7.1「Nougat」が2018年1月頭の時点で最も多く使われているAndroidのバージョン(約28.5%)だったことが判明した。一方、2017年にリリースされたAndroid 8.0/8.1「Oreo」のシェアはわずかに1%あまりとなっている。

次期iOS 12いつ出るか?iOS 12リリース日・対応機種・新機能等の情報をまとめ>>

(3).iPhone Android違い:アプリ

iPhone7 iPhone8どっち
iPhoneは「App Store」、Androidは「Google Play ストア」から専用アプリをダウンロードする。iPhoneアプリストアから入手できるアプリはGoogle playに比べて少ないが、アプリの種類の多さや、使い勝手がいいもの、セキュリティの面でも安心して使えるのはiPhoneの大きな強みである。ところで、Appleは一般ユーザーにApp Store以外でのアプリの配布・提供・インストールは認めていないのに対し、GoogleはGoogle Play ストア以外でのアプリの配布やインストールを制限付き(設定で変更可能)で認めている。今、最新のアプリのリリースも、iOS版とAndroid版が同時提供されるケースが主流となって、アプリによるiPhone Android比較して差別化は難しくなった。(【定番なiPhone超便利アプリ】iPhone X/8に入れるアプリ!iPhone X/8神アプリお揃い>>

(4).iPhone Android違い:Flashに対応

iPhone7 iPhone8どっち
Flashは、動画やアニメーション、音声データ、ゲームなどいろいろなWeb上のマルチメディアコンテンツの再生に使われている標準技術となって、「Adobe Flash Player」を使うことで、Webブラウザー上で「ニコニコ動画」などのFlashを使った動画を直接再生できる。基本的にFlash非対応のiPhoneに対し、Androidは2010年の秋に登場した「Android 2.2」より「Adobe Flash Player」に対応している。AndroidがFlashに対応している点は、かなり大きな優位点だと思われる。

iPhone 11(XI)超進化!iPhone 11 いつ?発売日・新機能・価格・スッペク等最新情報

(5).iPhone Android違い:バッテリーの持ち

iPhone7 iPhone8どっち
Androidを搭載するスマホは様々なはハードウェを採用して、バッテリー持ちもそれぞれである。古いiPhoneモデルはバッテリーの容量は小さくて、毎日充電しなければならない。だが、最近の大型化iPhoneモデルの場合、バッテリー容量が確かに拡大されるが、ディスプレイサイズの大型化により、バッテリーの減りが早い(どうやらバッテリーを一番消費するのはディスプレーのである)。なので、iPhoneを朝にフル充電したのに、午後にはバッテリーがなくなってしまったという経験のある人も多いそうである。
一方、あるAndroidモデルは5インチのディスプレイかつ多彩な機能のため、いずれも大容量のバッテリーを搭載しているが、バッテリーがすぐに無くなってしまう。バッテリーの持ちから見れば、 アイフォンとアンドロイドのいずれもこれから改善の余地がある。(iPhone8電池の減りが早すぎ|iPhone8バッテリー長持ち対策・節電アプリ/ソフトまとめ>>

(6).iPhone Android違い:ディスプレイサイズ

  
iPhone7 iPhone8どっち
大型化されたスマホを探しているか?最近、スマホの画面が大型化しつつある。アンドロイドスマートフォンは、iPhoneに先駆けて画面の大型化に取り組んできた。そして、今年、Android最上位モデルSamsung Galaxy S9 / S9+、画面サイズはS8が約5.8インチで、S9+が約6.2インチである。またソニー製Xperia XZ2 / XZ2 Compactは別に5.5と5.0インチである。
 
一方、iPhone側は、2014年に発表された「iPhone 6/6 Plus」から4.7インチと5.7インチの大型化ディスプレイサイズを搭載するモデルを用意していた。そして、iPhone10周年の記念モデルとして11月3日から発売される「iPhone X」は、5.8インチのOLEDディスプレイを搭載する。ディスプレイサイズが気になる方にとって、AndroidとiPhoneどっちでもいい。

(7).iPhone Android違い:AIアシスタント

iPhone7 iPhone8どっち  
スマホ市場の競争が一段と激しくなるところ、大手スマホメーカーは人工知能(AI)の分野で力を尽くしている。AppleのAIの特徴はすべてのデータを「直感的なユーザーインターフェース」に取り込むことであり、それが「(データを)非常に魅力的なものにしている」とFederighi氏は語る。iPhoneに搭載されるSiriはAIアシスタントとされて、注目を集めている。SiriはiOSやmacOS Sierra向け秘書機能アプリケーションソフトウェアとして、自然言語処理を用いて、質問に答える、推薦、Webサービスの利用などを行う。
一方、Google(グーグル)もiPhoneのSiriと対抗馬になって、Androidデバイス向けのAIアシスタント「Google アシスタント」を開発した。Android7.0/6.0を搭載したすべてのAndroidデバイスに対応可能。Googleアシスタント利用して、Google検索やアプリをAIと対話しながら操作することができる。そして、サムスンは、韓国内の「Galaxy S8」と「Galaxy S8 Plus」を対象に、仮想アシスタント「Bixby」の音声コマンド機能をリリースした。
 
要するに、AIアシスタント技術は新たな売りどころとして、ハイエンドモデルに必ず搭載されるほどと言っても過言ではない。比較的に言えば、iPhoneはAIアシスタントの先駆者として、一時に上位を占めるかもしれない。

iPhoneとAndroidどっちがいいか?

iPhone7 iPhone8どっち  
以上言った機能やスペックなどの違いによって、iPhone Androidどっちがいいと簡単に判断できない。iPhoneはメリットとデメリットがあるが、Androidも良いところと惜しいところがある。どっちが一番ご期待に応じるかとポイントとなる。また、ほかに無視できないこともある。例えば、初めてスマホをもつユーザーなら、分かりやすいインターフェースで、使い勝手の良さを誇っているiPhoneが優先;価格から言えば、高機能で低価格なAndroidスマホは良い;iPhoneで使いたいアプリがない、あるいは、いろんなカスタマイズをしたいなら、Androidをオススメ。
 
機種変更・データバックアップ、iPhone XとiPhone 8/8 Plusどっちに買ってもデータは損失しない

iPhone XとiPhone 8/8 PlusなどのiPhoneデバイスにとってはかなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレ イリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日あなたのiPhoneとほかのAppleデバイスをもっと楽しめ、もっと自由に。

新型iPhoneとAndroidどっち?iPhone XとiPhone 8/8 PlusとGalaxy S8と Xperia XZ Premium

   
2017新型のアイフォン アンドロイド機種といえば、間違いなく、2017年9月12日にリリースされたiPhone XとiPhone 8/8 Plus、6月8日から発売されたSamsungのフラッグシップモデルGalaxy S8、及び6月16日発売開始のSonyの旗艦機種Xperia XZ Premiumが最も人気高い。この4つのモデルは、どれが優秀か?どれが一番売れるか?さて、以下の表から、今年一番強いiPhoneとAndroidモデルのデザイン、スペック、新機能、価格などををご覧んください。
 
機種名
Galaxy S8
Xperia XZ Premium
iPhone 8
iPhone X
画像
Galaxy S8
Xperia XZ Premium
iPhone 7s
iPhone 8
発売日
6月8日(木)
6月16日(金)
2017年9月22日(金)
2017年11月03日(金)
OS
AndroidTM 7.0
Android 7.1
iOS11
iOS11
ディスプレイサイズ
5.8インチ;155g;
149 x 68 x 8.0mm
5.5インチ;191 g;
156 x 77 x 7.9 mm
4.7インチ;148 g;
138.4mm×67.3mm×7.3mm
5.8インチ; 174g;
143.6 x 70.9 x 7.7mm
デザイン

縦長でスリムなディスプレーの採用や、側面から背面にかけても美しいシンメトリーなデザイン。

Corningの「Gorilla Glass 5」を使用したプレミアムガラスループデザインは、表面にミラー効果を作り出し、高級感と耐久性を兼ね備えている。

基本的にiPhone 7からあまり変わっていないが、現在のアルミニウム合金からガラスへ変更して、ガラス製筐体となっている。

全面がスクリーンのように見える斬新なデザイン。

ディスプレイ解像度
QHD+(1440×2960)
4K(3840×2160)
1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppi
カラー

ミッドナイトブラック、オーキッドグレー、コーラルブルー

ディープシーブラック、ルミナスクロム、ブロンズピンク

シルバー、 ゴールド、 スペースグレイ

シルバー 、スペースグレイ

CPU
Qualcomm MSM8998
2.35GHz+1.9GHz
オクタコア
Snapdragon 835
2.45GHz(クアッドコア)+1.9GHz(クアッドコア)
オクタコア
A11 Fusionチップ
10nm FinFETプロセス
A10よりも35%早い
A11 Fusionチップ
10nm FinFETプロセス
A10よりも35%早い
★ 容量
64GB(SDカード(最大256GB))
64GB(SDカード(最大256GB))
64GB/256GB
64GB/256GB
メモリ
4GB
4GB
2GB
3GB
カメラ

アウトカメラ:約1200万画素(デュアルピクセルセンサー)
インカメラ:約800万画素(AF対応)
 

 

外側カメラ:約1,900万画素、Motion Eye?カメラシステム 有効画素数約1920万画素 裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RSR for mobile
内側カメラ:有効画素数約1320万画素 裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RSR for mobile

12MP カメラ f1.8 光学手ぶれ補正 クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ 5倍デジタルズーム ポートレートライティング(ベータ版)

12MP カメラ x2 広角:f1.8 望遠:f2.4 光学手ぶれ補正 クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ 光学ズーム 10倍デジタルズーム ポートレートライティング(ベータ版)

AIアシスタント
Bixby
Touch ID(指紋認証)
Face ID (顔認証)
★ 防水防塵
IP68
防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
IP67(耐塵防浸型)
IP67(耐塵防浸型)
★ バッテリー容量
3,000mAh;
3,230mAh
1,821mAh
連続通話時間
約1,250分
約1,140分
その他
サムスンペイ
指紋認証、PREMIUM 4G(受信最大788Mbps)、VoLTE、HDR動画再生機能、ワンセグ/フルセグ、おサイフケータイ
ワイヤレス充電機能
ワイヤレス充電機能、新しい操作、インターフェース、革新的なセルフィー「TrueDepthカメラ」
★ 本体価格
Galaxy S8 93,960円(税込)
64GB 7万1500円
256GB 8万2500円
64GB 7万8800円
256GB 9万5800円
  64GB 11万2800円
256GB 12万9800円
 
iPhone Androidどっちがいいか?無損失で新型iPhoneへデータをバックアップを行える!

上記の「iPhone Android比較、iPhone Android違い」を読んでから、新型アイフォンへ買い替えたい人は多いだろう。アイフォン8へ乗り換えて、旧アイフォンモデルにあるデータは損失するのか。心配しないで、かなり優秀な評価の高いデータバックアップソフトMacX MediaTransがあればOK。優れたiPhoneバックアップソフトで、ほぼ全てのiOSデバイスにも対応していて、アイフォンにある音楽、動画、プレイリスト、写真、電子書籍をPCにバックアップしたり、新しいiPhoneに同期したりできる。

いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >iPhone Androidどっちがいい