NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod >MacX MediaTransで音楽転送方法
【世界一高速】メディアファイル転送ソフトMacX MediaTrans使い方:音楽転送編

iPhone iPadなどのiOSデバイスにある音楽ファイルが多すぎて、データ容量は日々増えていて、容量不足のメッセージも出る。それらの音楽ファイルを直接に削除するより、ちゃんとお使いのコンピュータに転送して保存したほうが楽になる。iTunes StoreやApple Music で購入した音楽ファイルは、iTunesを使って手軽くiPhone iPad iPodからコンピュータに転送することができる。だが、iTunesで音楽を転送する時、転送速度が非常に遅いし、意外に不具合が発生したりしてうまくいかない状況がよくある。そして、iTunesは音楽ファイルの管理にも弱い。どちらかというと、iTunesはiPhone iPad iPodからコンピュータに音楽を転送することおにいて、絶対ベストな選択肢ではない。今回の記事では、iTunesのかわりに、第三者の音楽転送ソフトMacX MediaTransを利用して音楽を転送する方法、つまりMacX MediaTrans使い方の音楽編を紹介する。

誰にも簡単に操作できる安さが特徴一 MacX MediaTrans

様々なメディアファイル(写真、動画、音楽)をiPhone iPad iPodなどのiOSデバイスとMacの間で相互転送したり、Apple Music音楽、iTunes Storeから購入した音楽にかかっているDRMを解除できるソフトウェア。MacX MediaTransを使って数回のクリックしただけで、驚きの速度でファイルを一括処理、あるいはアルタイム処理のモードで転送することが実現!そして、お好みによって、新規プレイリストを作成してほしい曲を入れたり、音楽のアーティストを編集したり、要らない音楽ファイルを削除してiOSデバイスと同期したりすることが可能。使い勝手の良さと魅力が満点!

MacX MediaTrans 音楽使い方:iPhone iPad iPodからMacへ音楽転送や管理の操作方法
Part1:MacX MediaTrans ダウンロードとインストール
MacX MediaTrans詳細情報一覧

【ファイルサイズ】:39MB

【動作環境】: Mac OS X10.7以上(macOS Sierraにも対応)

【対応iOS】: iOS 7以降、iTunes 11.x2以降

【日本語対応】:可能(コンピュータで使われている言語によって自動的にインターフェース言語を選択する仕組み。)

1. 上記の「ダウンロード」アイコンをクリックして、最新バージョンのMacX MediaTransセットアップファイルをダウンロードする。そして、ダウンロードしたmacx-mediatrans.dmgをダブルクリックする。

2. MediaTransのアイコンをApplicationsフォルダにへドラッグ&ドロップしてコピーしてください。インストールはこれで完了である。

Part2:MacX MediaTrans使い方:音楽転送

1. MacX MediaTransを起動したら、iPhone iPadなどのiOSデバイスを USB ケーブルでお使いのMacに接続する。

2. 接続が成功すると、このコンピュータを信頼するかどうかを確認する警告が表示される。 デバイスのロックを解除して「信頼」をタップして次の手順へ進む。

※初めてMacとiOSデバイスを接続した際は、画面の指示に従って、iTunesにおいて必要な設定を済ませる。

3. 以上の操作が終わると、MacX MediaTransのインターフェースに入る。そして、「音楽管理」アイコンをクリックする。

4. Macに接続されたiOSデバイスにある音楽が表示される。そして、転送したい項目にチェックを入れて、「エクスポート」をクリックすれば、MacにiPhone iPad iPodの音楽が転送される。また、この画面で表示されている楽曲すべてを対応機器へ転送する場合、「すべてを選択する」にチェックを入れてください。

※前回から新しく増えた曲だけを自動的に認識して転送する仕組み。前回転送済みですでにMacに入っている曲が再び転送されない。

5.「エクスポート」アイコンをクリックして、先選んだ曲をMacに転送することがスタート。転送が完了すると、Mac側に転送した音楽が表示される。

Part3:MacX MediaTrans使い方:音楽編集

1.【曲や音楽ファイルの追加・編集・削除】:

@このボタンをクリックしてから、アイコンを押すと、アーティスト名を編集することが出来る。

A上のメニューにある「編集」ボタンをクリックして、楽曲の情報(曲名/アーティスト名/ジャンル名など)をご自由に編集することができる。

B 編集したい曲のチェックボックスににチェックを入れてから、上のメニューにある「削除」ボタンをクリックして、不要名音楽を削除することができる。

2.【曲・音楽のプレイリストを作成・編集・削除】:

@ 「音楽管理」界面の左側にプレイリストの一覧画面が表示される。をクリックして、新規プレイリストを作成することができる。

A 編集したいプレイリストをクリックして、プレイリストの右側にアイコンを押す。すると、勝手にプレイリストの名前変更を行える。

B 削除:編集したいプレイリストを選んだ後、プレイリストの右側にアイコンを押すと、簡単に不要なプレイリストを削除する。

Part4:MacX MediaTrans使い方:音楽管理においての必殺技機能が大発見!

ここでは、MacX MediaTransならではの必殺技機能を紹介する。

「最新の情報に更新」

1.ちょっとした不注意や勘違いのため、大事な音楽ファイルや、プレイリストを削除してしまって、「最新の情報に更新」 をクリックして、以前の状態に戻る。

2.「最新の情報に更新」をクリックして、iPhone iPad iPodに追加された新しい音楽はリアルタイムで表示される。具体的に言えば、Macに接続した後、iPhone iPad iPodに追加された新しい音楽をMacに転送する場合、接続からやり直す必要がなく、「最新の情報に更新」ボタンをクリックしただけで、MacX MediaTransで表示される。そして、他の操作をやり続けることが可能。

「同期」

この機能を利用すると、Mac側とiPhone iPad iPod端末側の音楽ファイルが同期することができる。

MacX MediaTrans無料版には制限がある、正式版へアップデートしよう!

MacX MediaTransが無料で使えるが、一日に転送できる数に制限がある。この制限は、一日に、最大30曲を無料で転送できる。曲数は30曲までとなっており、これを超える曲数の音楽は転送できない。それに対して、2つの解決方法がある。一つは、翌日まで待って、残っている曲を転送し続けるのである。もう一つは、MacX MediaTrans正式版を購入してください。正式版の場合、何の制限もなく、自由に使えることができる。USBケーブル、パソコンのハードディスクのフォーマットと、他の外部要素によって、iPhone iPad iPodからMacに7000以上の曲を入れるのにわずか約16分間かかるのである。そのような驚きの転送速度を体験したい場合、ぜひMacX MediaTrans正式版をお使ってみてください。


いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >MacX MediaTransで音楽転送方法
X