ホーム > ブログ >ImgBurn使い方&インストール&日本語化

ImgBurn使い方|ImgBurnダウンロード、日本語化、設定方法、I/Oエラーへの対処法まとめ

ImgBurn使い方

高機能なライティングソフトImgBurnダウンロードしたい?

ImgBurn(イメージバーン)は、DVD Decrypterの開発者LIGHTNING UK!氏が作成した多機能かつ使いやすいライティングソフトウェア。自作のビデオをDVDやBDに焼きたい、オリジナルの音楽をCDに作りたい、ディスクをダビングしたい際は、全てImgBurnに任せてください。複数のモードが存在し、各モードは異なったタスクを実行できる。だから、ユーザーは100%安心して使える。そのメリットと言えば、主に5つがあると思う。つまり、@、CD/DVD/BDへの書き込みができる、A、正常に記録されたかチェックする機能がある、B、CDやDVDからイメージファイルを作成できる、C、メイン画面が目的別で分かりやすい、D、日本語パッチに対応しているということである。

ImgBurn使えない、ImgBurn日本語化できない、ImgBurnI/Oエラーへの対策おすすめ!
ImgBurn使い方

ImgBurnはどんなに優秀であっても、ImgBurn日本語化されていないので、英語が苦手な方にとって、大変ご迷惑をかける。また、事実に開発終了なので、ImgBurnは次々と登場す新たなコピーガードにあまり対応できなくなってしまう。そのため、ImgBurn日本語化できない、Imgburn焼けない、Imgburn I/Oエラーが多発、ImgBurn代わりになれるソフトを使った方がいい。レンタルDVDをコピーしたり、DVD-Rに焼いたり、iPhone/iPad/Android端末に取り込める。詳細は下記のボタンをクリックしてご楽勝に使ってみてください。

ImgBurnについて

●著作権者:LIGHTNING UK!
●ソフト種別:フリーソフトウェア
●対応OS:Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8(64bit版を含む)
●最新バージョン:V2.5.8.0(2013年6月16日にリリース)、約3.3MBのファイル
対応言語:英語・日本語

ImgBurnの主な機能

●DVDディスクを読み込んで、ISOファイルを作成する
●HDDのファイルをISOファイルにしたり、ドライブに書き込んだりできる
●DVDinfoProのグラフデータを基に、メディアとドライブの特性を知ることができる
●ディスクをきちんと読み込めるかチェックを行う
●イメージファイルをDVDに書き込める

ImgBurnに関する知識を理解した上で、以下ではImgBurnダウンロード、ImgBurnインストール方法、ImgBurn日本語化、ImgBurn使い方、ImgBurnでDVDに書き込む方法、Imgburn I/Oエラーが発生する場合の対処法をまとめて紹介する。興味があれば続きをどうぞ!

ImgBurn使い方@:ImgBurnダウンロード&ImgBurnインストール方法

ImgBurn使い方

ImgBurnミラーサイトから、最新版2.5.8.0 ImgBurnダウンロードして、インストールしてください。操作手順は以下のとおりである。SetupImgBurn_2.x.x.x.exeをダブルクリックして、インストーラが立ち上がるので、指示に従ってインストール作業を進めていけば良い。但し、Windows7/8の場合、通常UAC(ユーザーアカウント制御)が反応する。そういう場合は、「はい」をクリックしてコンピュータへの変更を許可する。

ImgBurnのインストーラが起動して、「Next」をクリックする。その後、使用許諾書が表示され、「I accept the terms of the license agreeement」にチェックを入れ、「Next」をクリックする。次は、コンポーネントの選択が出てきて、通常は初期設定のままでお好みにあわせて変更しても構わない。確認した後、「Next」をクリックする。

そして、インストール先の確認が表示され、ImgBurnを日本語化したい場合は、インストールするフォルダがどこにあるのか覚えておくべき。忘れない為、メモしてくださいね。後は、「Next」をクリックする。

続いて、スタートメニューへの登録で、ここは特に変更する必要がないから、直接に「Next」をクリックする。「ツールバーのインストール」という表示が出てきて、通常は「Amazonブラウザをインストールする。Amazonウェブサーチ………」と「Amazonウェブサーチをデフォルトのホームページ………」のチェックを外して、「Next」をクリックしてください。そして、「Baidu IMEのインストール」が要求され、インストールしたくない場合は、「カスタムインストール(上級)」を選択してチェックを全て外して、「Next」をクリックする。

後は、「以前にDVD Decrypteをインストールしていた場合、上記ダイアログ「ディスクイメージを焼くツールを、DVD DecrypteからImgBurnへ置き換えます。イメージを焼く際の、DVD Decrypteへの関連付けを解除しても構いませんか?」という画面が現れる。これは絶対に「はい」を選ぶようにする。上記の操作が終わってから、インストールファイルの展開がスタート。少し時間がかかるので、暫くお待ちください。

なお、以上のバージョンからのアップグレードをした場合は、次のようなメッセージ、いわゆる「ImgBurnを起動する度にインターネット上に新しいバージョンが存在するかどうか確認する?」と表示されると、一応「はい」でチェックするのがオススメ。インストールが完了したら、「Close」をクリックすればインストールは終了。

ImgBurn使い方A:日本語化工房でImgBurn日本語化

ImgBurn使い方

日本語パッチがあるので、インストールすると、既にインストールして使用しているImgBurnを日本語版に変更することは可能となる。操作方法には下記をご参照ください。

続いて、日本語化工房−ImgBurnからダウンロードした日本語言語ファイル「imgburn2580_jp.zip」を解凍する。解凍すると、「Japanese.lng」が作成される。日本語化パッチをあてる際、ImgBurnのインストール先に要注意。もっと言えば、先にメモしているインストール先にJapanese.lngをドラッグ&ドロップする。通常、システムドライブのファイルを変更する場合は上記ようなダイアログが出てきて、「続行」をクリックしてファイルの変更を許可する。

Japanese.lngファイルのコピーが終われば、ImgBurn日本語化が無事終了した。このようにして、自動で日本語に変わらなくても大丈夫。

ImgBurn日本語化が上手くいかない場合の解決策

メニューバーから「Tools」→「Settings…」を選択し、「General」タブの中から「Language」のプルダウンリストから「日本語」を選択、「OK」を押せば良い。

ImgBurn使い方B:Imgburn設定方法を詳しくご解説

ImgBurn使い方

普通は、インストール後のデフォルト設定の方がいい。変更する必要がない。だが、上級者のため、出力ファイルの品質・リッピングスピードを向上するため、デフォルト設定を変更するのがおすすめ。

DVDやブルーレイに焼く時、設定を変更したい方は、ソフトのインターフェースのメニューバーにある「ツール」⇒「設定」をクリックする。様々な設定があり、お気に入りの項目にチェックを入れてください。もし複雑と思ったら、左下にある「デフォルトに戻す」ボタンをクリックする。

TIPS:「IOタブのバッファサイズの変更」「構築タブの読み込みバッファサイズの変更」二つ項目の設定を変更する時、要注意。後は、「ベリファイ前にトレイを入れなおすの変更」といった項目は、ノートPC、CD/DVDドライブがスリム型、又は外付けに限って、設定を変更する時もよく考えてください。

ImgBurn使い方C:ImgBurnでDVDに書き込む方法一覧

(1)ImgBurn使い方:イメージファイルをディスクに書き込む方法

ImgBurn使い方

ImgBurn 3.5.4.0を無事にインストール&日本語化されてから、起動してください。「メニューバー」→「モード」→「EZモード選択」を選択してください。

EZモード画面から「イメージファイルをディスクに書き込み」ボタンを押すと、「ISOファイルをDVD-RやBD-Rに焼く」という表示が出て、後の操作は以下の通り。

  • @、上のフォルダボタンを押すと、エクスプローラ画面が開く。保存したいISOファイルを指定する。又は、保存したいISOファイルをドラッグ&ドロップしてもOK。
  • A、出力先では、DVDやBDを書き込むドライブを指定する。DVDドライブなどが一つしか無い場合は、特に変更する必要がない。
  • B、DVD-RWなど消去可能なメディアはこのボタンで消去できる。
  • C、「テストモード」にチェックを入れると、指定したISOファイルを無事書き込むことが出来るかテストしてくれる。エラーが起きやすい場合に使う。
  • D、「ベリファイ」にチェックを入れると、データを書き込んだあと、データが正しいか否か確認することができる。時間は余分にかかるが、大切なデータを保存する場合はチェックを入れたほうが良い。
  • E、DVDディスクアイコンをクリックすると、DVDのライティングがスタートする。
  • F、書き込み速度を変更できる。通常は「AUTO」で大丈夫が、エラーがよく発生する場合は変更してください。(もしここでエラーが起きて作業が中断してしまった場合は、「MacX DVD Ripper Pro for Windows」によるリッピングを試してみてください。)
  • G、「コピー数」の設定は、コピーする枚数を設定するということである。
  • (2)ImgBurn使い方:ファイル/フォルダをディスクに書き込む方法

    ImgBurn使い方

    ImgBurn 3.5.4.0を無事にインストール&日本語化されてから、起動してください。「メニューバー」→「モード」→「EZモード選択」を選択してください。

    EZモード画面から「ファイル/フォルダをディスクに書き込み」ボタンを押すと、「通常のファイルをDVD-RやBD-Rに焼く」という画面が現れる。後の操作は以下の通り。

  • @ 、ここにDVDに焼き込みたいフォルダやデータを、ドラッグ&ドロップで追加する。右側には削除ボタン、追加ボタンなどという各種ボタンが用意される。
  • A 、DVDディスクアイコンを押すと、登録したデータ/フォルダからDVDへの書き込みがスタート。
  • B 、書き込み速度やコピー枚数を指定する他、DVDやBDに焼き込む際の詳細な設定ができる。ここでは、確認しておくべき項目をご紹介する。「オプション」タブの設定では、DVDの場合は「ファイルシステム」の項目が「ISO9660+UDF」、や「UDF Revision:」の項目が「1.02」と設定しているか否かをご確認ください。(なお、BDの場合は、「UDF Revision:」の項目が「2.50」になっているか確認してください)
  • (3)ImgBurn使い方:ファイルをDVD・BD化にしてISOファイルを作成する方法

    ImgBurn使い方

    ImgBurn 3.5.4.0を無事にインストール&日本語化されてから、起動してください。「メニューバー」→「モード」→「EZモード選択」を選択してください。

    EZモードから「ファイル/フォルダからイメージファイルを作成」を選択し、作業をスタートする。以下は、ImgBurnでブルーレイビデオのISOファイルをDVDに作成することを例として説明する。

  • @ 、ここにフォルダをドラッグ&ドロップで追加する。
  • A 、「オプション」タブの設定では、「ファイルシステム」の項目をご確認ください。BD-Rの場合は、UDF2.6に、BD-REの場合は、UDF2.5に設定してください。
  • B 、「ラベル」タブの設定では、BDは255文字まで、特殊な絵文字などを除き、ほぼ全ての文字が使える。但し日本語フォントを使うと、稀に文字化けが発生する。DVDの場合は、ボリュームラベルに使える文字は半角大文字英数字、_0123456789ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ だけ、 文字数は最大32 文字までである。小文字やスペース、日本語を使わないようにする。
  • C 、出力先では、ドライブ、フォルダ、ファイル名を指定してください。
  • D 、ディスクボタンをクリックしてやれば、ISOイメージを出力することができる。
  • ImgBurn使えない、ImgBurn日本語化できない時の