ホームBlog >動画編集ロゴなしPCソフト

ロゴが入らない動画編集ソフト|透かし・ウォーターマークなしで動画を無料で編集する

「動画編集ソフトでロゴマークや透かし/ウォーターマークがないソフトウェアがありますか?」とよく聞かれる。

動画編集フリーソフトはたくさんがあり、無料で使えるメリットがある一方で、編集した動画ファイルの隅には会社のロゴや透かしを入れ込むのだろうか。例えば、最も有名な編集ソフトFilmora(フィモーラ)、Adobe After Effects CC、WeVideoなど。

動画編集機能が素晴らしくて動画を自由に編集して出力したが、作品の隅または真ん中にでかでかと会社のロゴが入ってしまったケースが多い。有料動画編集ソフトの無料体験版なら、どれでも出力ファイルには会社のロゴが入れ込むんだろうか。

検索してみると、無料で使え動画を自由に編集できてロゴや透かしなしで出力できるソフトも存在している。

以下では、ロゴが入らない動画編集ソフトをランキング形式でご紹介する。

ロゴなし動画編集/動画変換・ダウンロード・録画|100%安全

高い評価を得るMacX Video Converter Proは、プロな動画処理ソフトで、絶えず更新中、最新のOS(macOS Catalina&Windows10)にも対応し、100%安全・超高速・高品質で動画を編集できる他、動画ダウンロード、動画録画、動画変換、DVDリッピング&DVD編集機能も兼ね備え、これ1本であらゆる作業をこなす。
 
 

動画編集ウォーターマークなしで行えるソフトおすすめランキング

動画編集透かしなしで行えるソフトを探している方はこの記事を読んでみてください。

こちらは、いやなロゴやウォーターマークに困っている方に向け、ロゴが入らない動画編集ソフトを厳選しておすすめする。

動画編集ウォーターマークなしで行えるソフト 特徴
1位 動画編集ロゴなしで行えるソフト:
MacX Video Converter Pro

3680円

【対応OS】:Windows&Mac

【開発者】:Digiarty

【日本語対応】:対応

【特徴】:ロゴが入らない動画編集を行えるソフト。ハードウェアアクセラレーション技術を備え、バランスがよく、動作が軽く、動画編集がサクサクと完成できる。

【機能】:動画編集、動画・音楽変換、動画・音楽ダウンロード、動画録画、DVDリッピング。

【デメリット】:無料体験版なら、5分しか出力できない。

 

 

MacX Video Converter Proの編集機能について

(1)かなり多くのビデオフォーマットにサポートしていて、4K UHD/8K/H.265(HEVC)動画までも扱え、軽くて高画質で動画を編集できる;

(2)基本的な編集機能を持つ。例えば、トリミング、クロップ、字幕挿入、エフェクト、回転・結合、ブレ補正、手ぶれ補正、ノイズ除去、レンズ補正、透かし、倍速再生・スローモーション、静止画、GIF作成、ビデオ強化、MKV作成など。

(3)Intel QSV、NVIDIA CUDA/NVENCハードウェアアクセラーションをサポートしていて、全ソフトの中で作業速度が一番速い。

(4)最大な特徴は、素敵なビデオ処理ソフトで、動画編集だけでなく、画面録画/DVDリッピング/動画・音楽ダウンロードなども行える。

 

動画編集ウォーターマークなしで行えるソフト 特徴
2位 動画編集ロゴなしで行えるソフト:iMovie
0円

【対応OS】:macOS High Sierra 10.3.2以降

【開発者】:Apple

【日本語対応】:対応

【特徴】:Apple社が提供する動画編集ソフト。結婚式のオープニングムービーやプロフィールムービー、余興の動画を作れる。Macで使えるだけではなく、iPhoneとiPadでは使える。デザインが素敵で直感的に操作できる。

【機能】:動画編集透かしなしで行える他、DV取り込み、書き出し、Youtube/Facebookアップロードなど。

【デメリット】:Mac/iPhone/iPadしか動作できない。Windowsでは使えない。

 

 

iMovieの編集機能について

(1)MPEG-4 (.mp4)、QuickTime movie (.mov), MPEG-2、AVCHD、DV/HDVといったビデオフォーマットにサポートしている。

(2)クリップのカット、クリップの長さ調節、音楽・効果音を入れ、音声録音、画像/写真入れ、テキスト入れ、トランジション入れ(動画間の切り替え効果)、再生速度変更、オーディオエフェクト、クリップフィルタ、クロップ、動画作成など。

(3)気になった素材がタイムラインで並べ、自由に選択することが可能。

 

動画編集ウォーターマークなしで行えるソフト 特徴
3位 動画編集ロゴなしで行えるソフト:VideoStudio(ビデオスタジオ)
13000円

【対応OS】:Windows

【開発者】:コーレル

【日本語対応】:対応

【特徴】:映像編集、スライドショー作成を目的にとしたノンリニア編集ソフト。対応ファイル形式の種類が多くて、編集機能も豊富で、有料版動画編集ソフトの中では最も人気がある。

【機能】:動画編集ウォーターマークなしで行える他、DVD/Blu-rayオーサリング、オーディオダッキング

【デメリット】:Windowsしか使えない。Macコンピューターを所有している方は使えない。

 

 

VideoStudio(ビデオスタジオ)の編集機能について

(1)DV-AVI/MPEG-2、MPEG-4/ハイビジョン/4K/360度カメラなどで撮影した動画、画像、音声ファイルをサポートしている。

(2)静止画、タイトルメッセージ選び、トランジション、モザイク、膨張、フィルター、画面分割、レンズ補正、魚眼レンズ補正、色補正、3Dタイトルエディタ、ビデオの切り抜き、ストップモーションアニメーション、トラックの透明度など

(3)NVIDIA、Intel、AMD DirectX ビデオ アクセラレーション対応、軽く動作できる。

 

動画編集ウォーターマークなしで行えるソフト 特徴
4位 動画編集ロゴなしで行えるソフト:Avidemux
0円

【対応OS】:Linux/macOS/Windows BSD

【開発者】:Mean

【日本語対応】:対応(日本語化方法があり)

【特徴】:動画編集透かしなしで行える無料ソフト。「処理速度」「便宜さ」を重視しながら、様々なフォーマットへの変換も可能で、自由にビデオをカスタマイズできる。

【機能】:動画編集はもちろん、動画フォーマットの変換機能も備える。

【デメリット】:日本語化されていない場合は、ソフトのメイン画面が全て英悟で表記され、初心者にとっては分かりにくい。

 

 

Avidemuxの編集機能について

(1)AVI/MPG(MPEG-1/2/TS )/ VOB/ASF/WMV/MOV/MKV/OGM/FLV/MP4/M4V/3GP 等の形式にサポートしている。

(2)カット、連結、リサイズ、クロップ、黒ベタ追加、画質・色調補正、回転・反転、フェード効果挿入、字幕合成、音ズレ補正、ロゴ除去、音声抽出、フィルター、明るさ補正、拡大/縮小、シャープなどといった編集機能を持つ。

(3)Nvidia の NVENCを利用できるGPUが搭載されていて、H.265/H.264をハードウェアエンコーディングできる。

 

動画編集ウォーターマークなしで行えるソフト 特徴
5位 動画編集ロゴなしで行えるソフト:VideoPad
0円

【対応OS】:Windows&Mac、iOS6.0〜Android2.3.3以降

【開発者】:NCH Software

【日本語対応】:対応

【特徴】:誰でも扱えるプロっぽい動画を作れる動画編集ソフト。簡単な操作で素早く動画を編集することができる。サイズが大きい動画に対して、このロゴが入らない動画編集ソフトは一番。

【機能】:動画編集、ゲーム録画

【デメリット】:VideoPad無料はwmv形式しか書き出せない。また、クロマキー合成も使えない。

 

 

VideoPadの編集機能について

(1)カムコーダやVHS、ウェブカメラなどの様々な録画ファイルや、AVI、WMV、MPV、DivXなどほぼ全ての動画フォーマットにサポートする。

(2)エフェクト、切替効果、再生速度の変更、字幕挿入、エンドロール挿入、テンプレート作成、音声挿入、BGM作成、レイヤー画像挿入、3D動画編集、手ブレ補正、GIF作成、画面切替、DVD書き込みなどといった機能を持つ。

(3)動画ファイルを劣化させず、そのままの画質で編集可能。

動画編集ロゴなしで行えるソフトを比較してみよう

 
4K
H.265
360度
アクションカメラ
縦動画
画面録画
自動編集
DVD
Blu-ray
MacX Video Converter Pro

×

iMovie

×

×

×

×

VideoStudio

Avidemux

×

×

×

×

×

VideoPad

×

×

×

×

×

×

ロゴが入らない動画編集ソフトMacX Video Converter Proを使って、動画を編集してみよう

以下では、MacX Video Converter Proを使って、ロゴなしで動画を編集する操作手順を図でご紹介する。

100%安全
100%安全

Step1:MacX Video Converter Proを起動して、「ビデオ」ボタンをクリックして、編集したい動画ファイルをソフトウェアに読み込ませる。

conver2使えない

Step2:動画ファイルが全てソフトウェアに読み込まれたら、ファイル情報の下に「編集」ボタンをクリックしてビデオ編集機能を起動する。

conver2使えない

Step3:動画をカットしたい時に「トリミング」をクリックする。下側には「トリミング設定起動」にチェックをいれて、開始時間と終了時間を入力する。確認した後、右下にある「完了」ボタンをクリックしてください。

他には「字幕」「透かし入れ」「音量調整」「クロップ」などといった編集機能があり、使用用途に合わせて、使ってみてください。

conver2使えない

Step4:「ブラウザ」をクリックして、出力ファイルの保存先を変更する。全てが確認できたら、右下にある「RUN」ボタンをクリックしてください。

conver2使えない

動画変換
  1. 多彩な編集機能(文字入れ/クロップ/カットなど)を搭載、素晴らしい動画に作れる。
  2. シンプルで分かりやすい操作画面でパソコン初心者が簡単に使える。
  3. 4K/5K/8Kなどの動画にサポートし、あらゆる動画形式に最速変換できる。
  4. ツールボックスも搭載、便利機能がいっぱい、自由自在に動画をカスタマイズできる。
  5. 録画機能(iOS/PC/Mac/PIP)を持ち、実況ゲーム・生放送動画を劣化なしで録画できる。
  6. 動画・ダウンロード機能を使って、お気に入りの動画・をiPhone/Androidに保存する。

あなたへのおすすめ

【無料】iPhone動画編集アプリフリーランキング

iPhone動画編集アプリフリーランキングTOP10を紹介する。

音楽編集アプリ:Androidに入る携帯音楽編集アプリ

評判がいいスマホ音楽編集アプリをまとめてご紹介。

無劣化でMP4を結合Mac用一番カンタンな方法おすすめ

MacでMP4 動画を結合する一番簡単な方法を紹介。

人気画像編集ソフト&アプリおすすめ!画像を手軽に!

画像編集ソフトフリーおすすめ&画像編集アプリフリーおすすめ

ホームBlog >動画編集ロゴなしPCソフト

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

×