ホーム > ブログ > iMovie DVD 保存方法

無料且つ簡単】iMovie DVD焼き方をたくさんまとめた!(Windows&Mac)

iMovie DVD焼き方

「iMovieの動画をDVDに焼く方法を教えてください。詳しくない私でもわかるように説明して頂けると助かります。PCはWindowsです。」

「MacでDVDの焼き方おしえてください!また、Macで作った(iMovieから作った)動画をDVDにする方法をおしえてください」

確かに、iMovieが発表されて以来、多くのユーザに愛用されているね。iMovieで動画をよく編集し、好きな効果を追加し、動画を多彩で面白くにする。で、わざわざiMovieで出来た動画をDVDに焼いたいとき、どうすればいい?今回はWindowsでiMovie DVD 作成する方法MacでiMovie DVD焼き方を全部解説。

 

【★見なきゃ損★ 】iMovieで作成した動画データが大きすぎで、DVDには焼けない対策!

iMovieで動画を作った動画が、ファイサイズが大きなってスマホで見れない、オンラインサイトに投稿できない、またDVDには焼けないという状況がよく発生してしまう。特にiMovie動画をDVDに焼きたい人にとって、それは本当に厄介なことである。ここでは、ファイルサイズの問題でiMovie DVD焼けない時に、絶対役に立つソフトMacX Video Converter Proをおすすめ。

先進的な動画変換機能と豊富な動画編集機能があり、例えば、クロップ、トリム、ビデオビットレート、フレーム及びオーディオエンコーダー、オーディオビットレート、チャンネル調整、動画を今流行っている映像形式に変換できる。そして、動画のビットレート、再生時間、解像度、形式変換等の作業により、iMovieで作成した動画をほぼ無劣化で大幅に圧縮することができる。

Mac用
Windows用

一、まず、Windows編: iMovie DVD焼き方〜気楽にWindowsでiMovie DVD 作成しよう

WindowsでiMovie DVD 作成方法その1: ImgBurnでiMovieの動画をDVDに焼く

ImgBurnでiMovieの動画をDVDに焼く

ImgBurn 3.5.4.0を無事にインストール&日本語化されてから、起動してください。「メニューバー」→「モード」→「EZモード選択」を選択してください。

EZモード画面から「ファイル/フォルダをディスクに書き込み」ボタンを押すと、「通常のファイルをDVD-RやBD-Rに焼く」という画面が現れる。後の操作は以下の通り。

  • @ 、ここにDVDに焼き込みたいiMovieで作成した動画フォルダやデータを、ドラッグ&ドロップで追加する。右側には削除ボタン、追加ボタンなどという各種ボタンが用意される。
  • A 、DVDディスクアイコンを押すと、登録したiMovieで作成したデータ/フォルダからDVDへの書き込みがスタート。
  • B 、書き込み速度やコピー枚数を指定する他、DVDやBDに焼き込む際の詳細な設定ができる。ここでは、確認しておくべき項目をご紹介する。「オプション」タブの設定では、DVDの場合は「ファイルシステム」の項目が「ISO9660+UDF」、や「UDF Revision:」の項目が「1.02」と設定しているか否かをご確認ください。(なお、BDの場合は、「UDF Revision:」の項目が「2.50」になっているか確認してください)
  • ImgBurnの詳しい使い方はコチラ>>

    WindowsでのiMovie DVD焼き方その2:WinX DVD Author でiMovie DVD 保存

    WinX DVD Author でiMovie DVD 保存

    ステップ1:
    空のDVDを挿入して、WinX DVD Authorを起動して「Video DVD Author」ボタンをクリックしてください。

    ステップ2:
    「+」
    ボタンをクリックしてiMovie動画ファイルを追加してください。 下のDVD-5/DVD-9のところで空のDVDの空き容量が確認できる。iMovie動画ファイル追加完了後、「 >> 」 ボタンをクリックして次のステップへ進む。

    ステップ3:
    スクリーンサイズ&DVD メディアの種類を選択 してください。
    例えば:素材のiMovie動画のスクリーンサイズにより選択(4:3または 16:9) 。レターボックス(黒帯)を自動追加して画像比率を維持する( 有効 / 無効 ) 。「DVDメニューを生成」のチェックを外す 。「黒いボーダーを添加」のチェックを外す。 DVD-5 (4.7GB) か DVD-9 ( 8.5GB )よりDVD メディアの種類を選択してください。

    ステップ4.
    設定が終了したら 「 Start  」 ボタンをクリックしてWindowsでiMovie DVDに作成が始まる。

    MP4をDVDに素晴らしく書き込みできる方法をご解説>>

    WindowsでiMovie DVD 作成方法その3: DVD FlickでiMovie DVD 作成

    DVD FlickでiMovie DVD 作成

    DVD FlickはAVI , FLV , MOV , MKV , MJPG , MPG , M2V , MP4 , M4V , NSV , NUT , QT , MOV , RM , SMK , OGM , WMV , ASF , 3GP , 3G2など、様々な動画ファイル及び画像ファイルをDVDに書き込む、ISOイメージに作成することができる。次は、お気に入りの動画ファイルをDVDに焼く方法を説明する。(以下の操作方法は特に初心者向け、必要がなく、面倒な設定を抜いておく。)
    ステップ1:インターフェースの右側にある「タイトル追加」アイコンをクリックして、DVDに焼きたい動画ファイルを選択する。複数の動画ファイルを99ファイルまで相次いで追加することができる。
    ステップ2:ソフトの下部にある「参照」アイコンをクリックして、出力ファイルを保存用のフォルダを指定する。
    ステップ3:ソフトの上部にある「DVD作成」をクリックして、動画ファイルをDVDへのエンコード中を開始する。エンコードプロセスが終わったら、常にDVD Flickと連携して使われるImgBurn(DVDメディア書込み専用のソフト)が自動的にエンコードされたファイルをDVD-Rに書き込んでくれる。

    DVD Flickの日本語化&詳しい使い方>>

    二、Mac編:iMovie DVD焼き方〜MacでiMovie DVD焼き方が簡単!

     

    MacでiMovie DVD焼き方その1:iDVDでiMovie DVD 作成

    ステップ1:新規プロジェクトを作成。

    まずiDVDを起動する。「新規プロジェクトを作成」を選択する。新しく出たウィンドウに名前を入力し、場所を選択してください。

    ステップ2:テーマを選択する。

    テーマを選択することと同時に、背景イメージや背景ムービーや、タイトルや、ボタンまで選択できる。まずお好みに合うテーマを一つ選ぶ。ウィンドウがなにか出たら「OK」をクリックする。
    この時に、右のボタンでDVDのメディアとボタンが設定できる。

    ステップ3:コンテンツを追加する。

    追加ボタン(下にある三つのボタンの中で一番右にあるボタン)をクリックして、iMovie DVD 保存したい動画を追加する。そうしたら左のボタンを押して、マップビューになる。マップビューにプロジェクトを整理する。動画の再生順番のようなものを、この時にする。また、次から次へと、タイトルに戻らなくて再生する動画は、一番目の動画をステップ2で追加するが、ほかの動画をこの時に追加する。

    ステップ4:プロジェクト情報を確認して、DVDを作成する。

    「プロジェクト」で「プロジェクト情報」を選択したら、新しいウィンドウが出てくる。このウィンドウで、各情報を確認する。そうしたら「ディスクを作成」ボタンをクリックする。ディスクの挿入指示が表示されたら、ドライブに空のディスクを挿入する。そうしたらiMovieからDVDに無料で焼くことができあがった。

    あわせて読みたい:iDVDの詳しい使い方>>

    MacでiMovie DVD焼き方その2:FinderでiMovie DVD 作成

    Macに標準搭載されているアプリケーションFidnerでiMovieからDVDに無料で焼くことができる。

    ステップ1:

    光学式ドライブに空のDVDディスクをセット。

    ステップ2:

    iMovie動画を左クリックして、「ファイル」>「“<ディスク名>”のディスクを作成」と選択し、指示に従って操作ししてればOK。

    ヒント:【Finder】を利用してDVDを書き込むには知るべきことがある。“書き込み“というより、むしろ【Finder】は出力DVDディスクをUSBメモリ化にして、ソースファイルをそのままでDVDディスクへ保存する仕組みである。つまり、映像データは、DVD-Videoフォーマット規格ではなく、iMovieの映像の元の形式でDVDディスクへ保存するのである。それにより、【Finder】で作成したDVD映像が一部のDVDプレーヤーで再生できないこともあるので、ご注意ください。

    MacでiMovie DVD焼き方その3:BurnでiMovie DVD 書き込み

    Burnを利用すればiMovieからDVDに無料で焼くことも簡単に実現可能。BurnでiMovie DVD 書き込み

    ステップ1:
    Burnを起動すると、「ビデオ」タブ→「一般」→「一般」タブ→「NTSC」の手順設定してください。

    ステップ2:
    「ビデオ」タブ→「DVD」→「MPEG2エンコードを強制する」をチェックする。複数の映像ファイルを入れるのであれば「DVDテーマを使用」をチェックしたほうがいい。

    ステップ3:
    左下にある「」ボタンからファイルを追加。「mpgにそのファイルを変換しますか?」と表示されますので、「変換」を選択。その後、ファイルの保存先を指定してください。

    ステップ4.
    「ディスク作成」をクリックするとiMovie DVD 書き込みの処理が開始。あとはDVDができあがるのを待つだけ。

    iMovie DVD焼きソフトおすすめ|MacX DVD Ripper Pro

    iMovie DVD焼き方を紹介したが、MacX DVD Ripper Proが最新の暗号化されたDVDのコピープロテクトを解除機能は目に立つ。最新のディズニーDVDコピープロテクトや、CSSで暗号化されたDVD、ソニーARccOSでプロテクトDVD、およびリージョン1−6の商業用DVDを全てサポート可能。また、デコーダとエンコードのパラメータを調整する機能や音声/画像を抽出する機能も持っている。特定の用途に使用したい人にとってすごく便利になる。先進な技術でリッピング処理を最適化させて、速いスピード・高い品質を保持しながら、あらゆる種類のDVD データ コピーして再生する。

    お役に立つ可能なソフト

    MacX DVD Ripper Pro

    世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

    MacX Video Converter Pro

    MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

    MacLife レビュー

    MacX Video Converter Pro高品質と想像にもつかないほど高速を誇っているオールインワン式の動画変換ソフトである。手軽かつ完璧にMacで動画を変換可能。

    関連チャンネル

    X