ホームBlog >撮影/録画したものをDVDに焼く方法

【詳細】録画動画をDVDへダビングする究極の方法を解説!

録画をDVDにコピーする方法があるか?

外付けハードディスクに録画したテレビ、又は録画した番組、アニメ、ドラマなどをDVDに焼き、保存したいか?でも、録画をDVDに書き込みしようが、うまくダビングできない問題が発生。さらに、録画動画をDVDに保存しても、再生できない問題が発生。では、うまく録画をDVDにコピーして再生できる方法がないのか?

さて、これからは録画動画をDVDへダビングして再生できる方法を詳しく解説する以外に、焼いたDVDが再生できない原因と対処法も紹介。本文は録画動画/撮影した動画をDVDに焼くことをしたい方にとってはとても役に立つと思う。では、録画をDVDに焼いて、存分に楽しもう。

録画したものをDVDに焼くには役に立つツール- 100% 安全

MacX Video Converter Pro - 綺麗な映像で録画動画をDVDに焼いて順調に再生したいなら、MacX Video Converter Proを利用してください。MacX Video Converter Proで録画した動画を無劣化でMPEG-2に変換するのはDVDの焼くことと再生には非常に役に立つ。また、超高速・高画質で動画ををMP4, MOV, M4V, FLV, AVIなどの形式およびiPhone7/6 Plus,Xperiaなどの最新スマートフォンに取り込むことをサポートしている。また、動画編集・ダウンロードなどの機能も満載。
 
 
     

一、順調に録画をDVDに焼く・再生するために、知っておきたいこと

DVD映像ファイルはMPEG-2形式。直接録画した動画ファイルをDVDにコピーすれば、DVDプレーヤーで再生できない可能性が高い。そのため、録画動画をMPEG-2に変換した後、録画動画をDVDに焼いたほうがいいと思う。

さて、これからは録画動画をMPEG-2への変換から録画をDVDにコピーするまでの操作手順を詳しく解説。 (ご注意:焼いたDVDが再生できない問題や音ズレなど問題の発生を防止するために、普通のMPEG-2形式ではなく、DVD焼き用MPEG-2形式に変換してください)

(ヒント:実は、多くのダビングツールは録画動画の元のファイル形式を認識しないから、録画動画をDVDへダビングできないこともある。つまり、録画をDVDに焼く前に、まずは、動画変換ツールで録画動画をダビングツールが認識できる形式MPEG-2に変換したほうがいい。 )

二、録画したものをDVDに焼く前、録画動画をMPEG-2に変換/エンコードしておく

録画動画をMPEG-2に変換する時、動画変換ツールが必要になる。ここでMacX Video Converter Proという動画変換ツールを使って、録画動画をMPEG-2に変換する操作手順を詳しく解説。

ヒント:MacX Video Converter Proに動画変換・動画ダウンロード・動画編集・録画などの機能が満載されているので、愛用している。
ただ僅かな操作手順で録画動画を高画質でMPEG-2ファイルに変換・編集(カット、合併、字幕追加、ウォーターマーク追加)できる以外、録画した動画をMP4, MOV, MKV, FLV, MKV, MP3, AA3など形式とPhone, iPad, iPod及びその他のデジタルデバイスにも変換できる。

さて、さっそくMacX Video Converter Proで録画動画を無劣化でMPEG-2ファイルに変換しよう。変換が完了した録画動画をDVDへダビングするだけでいい。

100%安全
100%安全

 

録画をDVDに焼く前に、録画動画をMPEG-2に変換する

録画動画をDVDへダビング

Step 1:「ビデオ追加」ボタンをクリックして、DVDに焼いたい録画動画を追加する。

 

Step 2:自分お使用目的に合わせて、出力動画形式(拡張子)を選んでください。ここで、「DVD動画」→「NTSC DVD 動画」→「完了」の順で操作してください。(ここでの「NTSC DVD 動画」の形式はDVD焼き用MPEG-2形式だ)

 

Step 3:「ブラウザ」をクリックして、保存先フォルダを選択してください。

 

Step 4:ソフトの右下側にある「RUN」ボタンをクリックして、録画動画を焼き用MPEG-2に変換することがスタート。変換のプログレスが見られ、随時にキャンセル可能。

 

合わせて読みたい:
MacX Video Converter Proの詳しい使い方>>

2.録画動画をDVDへダビングしよう!劣化なし

@ Windowsユーザへの録画をDVDに焼く方法

録画動画をDVDへダビング

ImgBurn 3.5.4.0を無事にインストール&日本語化されてから、起動してください。「メニューバー」→「モード」→「EZモード選択」を選択してください。

EZモード画面から「ファイル/フォルダをディスクに書き込み」ボタンを押すと、「通常のファイルをDVD-RやBD-Rに焼く」という画面が現れる。後の録画/撮影した動画をDVDに焼くには簡単な操作は以下の通り。

@ 、ここにDVDに焼き込みたい録画動画フォルダやデータを、ドラッグ&ドロップで追加する。右側には削除ボタン、追加ボタンなどという各種ボタンが用意される。

A 、DVDディスクアイコンを押すと、登録した録画をDVDにコピーするのがスタート。

B 、書き込み速度やコピー枚数を指定する他、DVDやBDに焼き込む際の詳細な設定ができる。ここでは、確認しておくべき項目をご紹介する。「オプション」タブの設定では、DVDの場合は「ファイルシステム」の項目が「ISO9660+UDF」、や「UDF Revision:」の項目が「1.02」と設定しているか否かをご確認ください。(なお、BDの場合は、「UDF Revision:」の項目が「2.50」になっているか確認してください)


 

 

合わせて読みたい:
高評価!Windows 10 でDVDを書き込みする完全攻略>>

A Macユーザへの録画をDVDに焼く方法|初心者でもすぐに使いこなせる

Burn編:録画動画をDVDへダビング

録画動画をDVDへダビング

ステップ1:
Burnを起動すると、「ビデオ」タブ→「一般」→「一般」タブ→「NTSC」の手順設定してください。

ステップ2:
「ビデオ」タブ→「DVD」→「MPEG2エンコードを強制する」をチェックする。複数の映像ファイルを入れるのであれば「DVDテーマを使用」をチェックしたほうがいい。

ステップ3:
左下にある「」ボタンからファイルを追加。「mpgにそのファイルを変換しますか?」と表示されますので、「変換」を選択。その後、ファイルの保存先を指定してください。

ステップ4.
「ディスク作成」をクリックすると録画をDVDに書き込みの処理が開始。あとはDVDができあがるのを待つだけ。


合わせて読みたい:
【無料且つ簡単】iMovieのDVD焼き方をたくさんまとめた>>

録画したものをDVDに焼くには役に立つツール-MacX Video Converter Pro

綺麗な映像で録画動画をDVDに焼いて順調に再生したいなら、MacX Video Converter Proを利用してください。MacX Video Converter Proで録画した動画を無劣化でMPEG-2に変換するのはDVDの焼くことと再生には非常に役に立つ。また、超高速・高画質で動画ををMP4, MOV, M4V, FLV, AVIなどの形式およびiPhone7/6 Plus,Xperiaなどの最新スマートフォンに取り込むことをサポートしている。また、動画編集・ダウンロードなどの機能も満載。

あなたへのおすすめ

ホームBlog >録画動画をDVDに保存する方法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。