ホームBlog > PS5 最新情報おそろい

PS5発売日、PS5性能、価格、最新情報おそろい!プレステ5スペック更新、新機能追加!

PS5 発売予定は確実、次期のプレステ5お楽しみ

PS4とPS4 Proの次に、PS5は姿を現れた。PS5発売日は早くとも2018年で、遅くなっても2020年になると予測されている。PS4とPS4 Proから進化され、残念なところも満足させ、またPS5性能も大きく進化するという。確かに確かにプレステ5のライバル機種のWiiといったデバイスが既に搭載されたVRなどの新機能ならPS4 Proではライバルにならない。プレステ5に進化されたらライバルから勝つ力が持っている。ではこれからPS5最新情報をまとめて、PS5発売日、PS5性能、スペック向上、新機能などをご紹介しよう。

PS5 発売予定情報:PS5発売日はまもなく、価格上がり?

リリース

公式から発表されたPS5発売日情報:2020年年末商戦

PlayStation 5の発売日はいよいよ公式発表されます。具体的な時間はわかりませんが、2020年の年末商戦で発売されることになります。

PS5 発売日

PS5発売日情報:2018年後半か、2019年年末か、2020年か

「PS4でPlaystationシリーズを終了するつもりはなく、次世代のPlaystationも考えている。」と、PS4開発責任者である伊藤雅康氏が述べている。が、Playstation 4 Proの後に次世代機種としてプレステ 5の存在が認められた今は、発売情報は全然公開されていない。今はこのような三つの時点が予測されている。

  • 【外れ】2018年後半(Damian Thong氏より)
  • 【可能性低い】2019年年末(Playstation新機種リリース周期により)
  • 【可能性高い】2020年年中(2020年オリンピック記念説により)

まず2018年後半にプレステション5が発売されるという。PS4 ProとPS4スリムの発表を正確に予測したことで有名なアナリストDamian Thong氏が「PS5 may arrive in 2nd half of 2018.(PS5は2018年後半に登場するかもしれない」と予測した。この情報はウォールストリート・ジャーナルの望月崇がツイートで公開された。

また、従来のPlaystation公開日を見れば、2019年年末に公開されるほうが可能性が高いと思われている。新機種はよく前代より6年後に公開される。また、Playstation2をぬけ、すべてのPlaystationは第4四半期に公開される。

  • Playstation1発売日:1994年12月3日
  • Playstation2発売日:2000年3月4日(PS1から6年後)
  • Playstation3発売日:2006年11月11日(PS2から6年後)
  • Playstation4発売日:2013年11月15日(PS3から6年後)
  • Playstation5発売日:2019年年末(PS4から6年後)

2018年3月4日により、Playstation4は全国発売停止となった。それと同時に、Playstation5キットは開発者に配布開始という情報も公開された。PS5の画像も公開され、お弁当箱みたいな機体である。歴史機種のキットが配布開始から発売までの時間から考えると、PS5発売日は2019年年末になる説が有力である。

が、PS5最新情報によって2020年にPlaystation 5は発売されるのは一番有力である。これにより東京オリンピックの開催年でPS5発売予定だとも予測されている。ソニー側としてはいつものペースに乗って、新機能が不安定といった問題を解決した後に後ろ押したほうがいいと思われている。もう一つの理由は今PS4もPS4 Proもよく売っているので、ソニーとしてこのいい状況をPS5発売で終わらせるわけがない。

リリース

PlayStation 5最新情報によって、PS4に比べてCPUとGPUの性能が大幅に向上する。その結果、最新の画像処理技術であるレイトレーシングに対応し、音響もより立体的になる。この立体的な音響は、ヘッドフォンを着用してプレイするとその違いが体験できるという。Googleが開発した強力なStadiaより遅く公開されるデバイスとして、PS5性能も機能も負けないという。

PS5発売予定情報:PS5の値段は上がり?

PS5価格高める

PS5発売日はいつになっても、今PS5 発売予定だと確実なことと信じられている。でもPlayStation 5に新機能が追加されることにより、PS4とPS4 Proより値上がることがする可能性が高いと予測されている。PS4 Proのような4K対応機能はもちろん、今度のプレステ5にVR対応機能なども追加されて、ストレージも大きくなると言う。スペックも大きく向上されてPS5性能が一段的に上がることでプレステ5は高くなるというわけである。

Playstation4もPlaystation4 Proも発売された時に399ドルで発売されたが、その後継機のPS5の値段は上がり、450ドル〜500ドルになる。ストレージによってもう100ドルから150ドル上がる機種がある。ゲーム機としてはPS5の値段は高いが、そのライバルの価格、または新機能を考えると合理的な価格だと思われる。

PS5性能、スペック情報:一段的な進化にご期待を!

PS5価格は上がり、それなりにスペックと性能も一段的に進化される。画面も演算性能もフィードバックも、またストレージも、PS5性能は面々にも向上される。PS4よりも、PS4 Proよりもよい体験が得られて、PS5価格があがってもコストパフォーマンスがよくなる。

PS5スペック最新情報

    PlayStation 5コンソールゲーム機本体

  • 超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
  • AMD社製カスタムチップ搭載:
    CPU: x86-64-AMD Ryzen "Zen2", 8 cores/16 threads
    GPU: AMD Radeon RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
    3Dオーディオ処理専用ユニット
  • ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
  • PlayStation 4タイトルとの互換性実現に向けた設計
  • PlayStation VR対応

    PlayStation 5新型コントローラー

  • ハプティック技術搭載
  • L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用

    物理メディア

  • Ultra HD Blu-ray
  • ゲームディスクとしての容量は100GBに
PS5性能 スペック


PS5性能、スペック情報:CPUもGPUも次世代に

一番期待されるのは、プレステ5にプレステ4より次世代チップが搭載されています。AMDの「APU」と言われる8コアのCPUと進化されたGPUと合成したより強力なチップが搭載されること。これによって、プレステ4より5倍の処理能力が持つと期待できる。画像の精度や、動きへの反応など、より強く力が持つ。ゲームはより滑らかに動作でき、より精確の操作ができるようになる。特に対戦ゲームの体験はより一層快適になると間違いない。


PS5性能 スペック

PS5性能、スペック情報:ストレージはカスタムSSDに!

PlayStation 5にストレージはHDDになる噂がありますが、残念なことに実現できなかった。が、PS5最新情報によって、カスタムSSDを搭載することによって超高速のアクセスが可能となり、ゲームのロード時間は格段に速くなるそうだ。読み込みも書き込みもより早く完成でき、PS5発売日になったらよりスムーズな表現が期待できる。

PS5もストレージによって複数の機種を提供する予定で、容量が多いほど、ゲームまたはそのデータが多く保存でき、より良い体験が得られると決まっているが、PS5価格も100ドルから150ドル上がる。PS5はUltra HD Blu-rayディスクなどにも対応できるので、容量の多い機種が必要かと考えてからPS5を購入したほうがオススメ。

PS5性能 スペック

PS5性能、スペック情報:バッテリーの向上に消費電力の削減

PlayStation 5に搭載されるバッテリーは従来より大容量になる予定である。また、USB-Cへの接続が対応でき、ゲーム中に充電できるようになる。

米ニューヨークの国連本部で23日開催された「気候行動サミット」でSONYは次世代PlayStationの待機時の消費電力について0.5Wを目標にすると発信した。待機電力0.5Wとはかなり低くPS4でも5W程度と言われていますので10数分の1という事になる。待機電力が低いとされている液晶TV並みである。

プレステ5でニコ動画が見れるようなソフト - 100% 安全

MacX Video Converter Pro - プロな動画変換ソフトで、高性能な動画変換機能とダウンロード機能が提供している。無劣化でニコ動など動画サイトからウェブ動画をダウンロードしたり、PlayStation 5で再生できるファイルに変換したりすることが手軽に完成できる。絶えず更新中、PS5発売日になった以上すぐ対応できる。

 
 

PS5新機能情報:VR、8K、Blu-rayに対応!

PS5 VR

PS5性能の向上で従来の機能はよりよく動作できるが、それより新機能への対応がPS5性能向上に一番の理由である。VRも4Kもなにも、PS4とPS4 Proに残念なものはすべてPS5に果たすと期待できる。


PS5新機能情報:VRへの対応

VRゲームは今大人気になった。ゲーム機としてPlaystationもそのライバルもVRに力を入れる。が、PlayStation4は処理能力の制限で60fpsが表示可能上限なので、VR対応が不可能。でもプレステ5の場合に90fps〜120fpsのVRが対応可能となった。PS5最新情報にも、公式としてPS VRに対応可能である。プレステ5の進化された処理能力により、VRゲームも滑らかに動きを表現してくれると期待されている。これはPS5の発売予定情報を期待する一番の理由とも言える。

リリース

レイトレーシング機能

PlayStation5の注目された新機能で、簡単にいえば光線の屈折や反射を追跡するように描画する機能である。今までのゲームはより精細に映すのはもちろん、これからもよりリアルで、画面に要求がより高いゲームがPlayStation5に対応できるようになることこそ一番期待されることである。

PS5 4K

PS5新機能情報:最大8K解像度とBlu-rayへの対応

4Kに対応するPS4 Proが公開したら、果たして本物の4Kではなくて「擬似4K表示」というものだった。画質は確かによくなるがそれだけで満足できない。PS5性能の向上により最大8K解像度の出力に対応できるようになる。これで720Pから8Kまで寛幅に対応できるように、やれるゲームも多くなる。しかもどんな解像度でもPS4 Proよりの体験が得られる。が、4Kテレビがないと4Kの表示ができないので、テレビは4Kに対応できないと期待しないほうがいいと思います。

物理メディア規格のほうは、Ultra HD Blu-rayディスクが対応できるようになる。

PS5 4K

PS5新機能情報:向上されたハプティック技術

PlayStation 5最新情報だが、本機ではなくコントローラーの新機能情報である。触感フィードバック(ハプティック技術)の向上によって、より迫真の感じが作られる。

まず振動機能がより繊細になり、もっとさまざまな感覚を伝えられるようになる。

またはL2・R2トリガーに導入される「アダプティブトリガー」技術によって、より豊富でより迫真な感覚が伝えできる。

この二つの新機能はプレステ5專門のコントローラーでなければ利用できないということで、專門のコントローラーをオススメ。

PS5ソフト情報:プレステ5は下位互換性?

プレステ5の新機能が期待で、どんなゲームが遊べるかとも肝心な問題である。実にソニーは今回下位互換性を持つゲーム機を開発するそうで、海外ニュースが報道している。PS4のゲームは一部対応でき、PS4 Pro向きに開発されたゲームにPS5が対応できる可能性が高い。従来のゲームだけでなく、今ゲーム開発者がPS5に対応するバージョンを開発すると公開されて、その中に新作もあれば大人気の続作もある。

PS5 ゲーム

  • パラッパラッパー
  • ニード・フォー・スピード ライバルズ
  • バトルフィールド4
  • FIFA 14 ワールドクラスサッカー
  • 真・三國無双7 with 猛将伝
  • 信長の野望・創造
  • コール オブ デューティ ゴースト
  • トゥームレイダー ディフィニティブ エディション
  • アサシン クリード IV ブラック フラッグ
  • NBA 2K14
  • 龍が如く 維新!
  • KILLZONE SHADOW FALL

【最大95%OFF】特典プレゼントセット -(期間限定)

  • DVDをコピー/リッピング/焼く、オンライン動画をダウンロード、動画変換・エンコーダー・編集、動画/音楽を再生、iPhoneバックアップなどが全部これ一本!
  • 最安値で購入したい方はこの大特価セール機会を是非見逃さないで!

大感謝のプレゼントセットを特価で入手

原価:16000円 現価:4800円

あなたへのおすすめ

ホームBlog > PS5発売日、性能など最新情報おそろい

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。