NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod > iPadをUSBメモリと接続方法
iPadをUSBメモリと接続し、iPadからUSBへデータ転送をしましょう!
iPad空き容量が足りない!iPadに対応なUSBメモリがほしい!

iPadは持ち運びに大変便利なタブレットで多くの人に愛用されている。バスや電車、外食の待ち時間などの時間っぶしに、iPadでゲームや自撮り、動画視聴、音楽を聴くことがカンタンにできる。ところで、iPadを使えば使うほど、写真や音楽、アプリなどが増えていき、あっという間に空き容量が少なくなってしまう。その時、PCに転送したり、オンラインストレージへアップロードしたり、外部メモリに移行したりするのはよく見られる。最近、iPadで外部ストレージとして使えるUSBメモリが人気高い。iPadをUSBメモリと接続しただけで、お好きなようにiPad内のデータをUSBメモリに転送して保存することできる。iPad空き容量不足の解消に良い方法と思われる。今回の記事では、(初代iPad/ipad2/iPad3/iPad4/iPad Air/iPad mini/iPad mini2(Retina)/iPad mini3/iPad mini 4/iPad Pro 12.9inch・9.7インチ)iPadをUSBメモリと接続方法及びiPadデータをUSBメモリに移動する方法を紹介する。

iPadをUSBメモリと接続ことが要らず、iPadデータをUSBメモリやパソコンへ転送

MacX Mediatransはパソコン側で動作するiPad専用データ転送ソフトウェアである。MacX MediaTransを使って、iPadをUSBメモリと接続ことが要らず、iPadデータをUSBメモリやパソコンへ転送したりすることできる。数回クリックで、iPadにある写真、音楽、動画、電子書籍等様々なファイルを外部USBメモリへ移動することができる。転送速度も超爆速!まったく鬼のように便利なツールである。

iPadをUSBメモリと接続する前の準備
初心者や機械音痴の方にとって、iPadに対応可能なUSBメモリの探しに悩んで、どれがいいかすら分からないかもしれない。ここでは、iPadの外部USBメモリを選択する時、注意すべきポイント2つを解説する。
@ Appleの認証プログラムに合格し、iPadやiPhoneとやりとりするためのICチップが搭載されているMFi認証製品を選ぶ。
A USB端子とLightning端子の2つを備えたUSBメモリを選ぶ。
iPadの外部USBメモリメーカーが、サンワサプライ、アイ・オー・データ、leef iBRIDGE、トランセンド、HooToo USB 3.0、イメーション、 iKlips Appleライトニング 等様々である。販売価格も2000円から数万円まで開きがある。通常タイプのUSBメモリーは5000円〜9000円で販売されている。USBメモリを決めたら、iPadをUSBメモリと接続しよう。
iPadをUSBメモリと接続する操作手順
iPadをUSBメモリと接続すると、すぐiPadのデータをUSBメモリに移動できるわけではない。Appleポリシーによると、データの保存に利用されるファイルシステムの拡張は認められていない。つまり、物理的には接続可能だが、「接続されたデバイスはサポートされていません」と表示され、認識に失敗することになる。そのため、iPadやiPhoneのデータを外部メモリに転送するためには専用アプリが必要。専用アプリって自分でわざわざ探す手間がいらず、USBメモリがすでに用意している。初めてiPadをフラッシュメモリと接続する時、自動でApp Storeにアクセスする。そして、画面の指示にしたがって専用アプリをダウンロードすれば準備完了。自動でApp Storeに接続しない場合は、メーカーHPから専用アプリをダウンロードする。専用アプリによって、転送できるファイルの種類が違う。写真や動画以外に、OfficeファイルやPDSファイルも転送したい場合、対応していることを確認して購入してください。要するに、外部USBメモリを使っても、iPad側にサードパーティーのアプリをインストールして、そのアプリを経由してデータの転送を行う仕組みのこと。

以下の内容は、サンワサプライのLightning USBメモリGmobi iStickを例として、iPadをUSBメモリと接続方法及びiPad USBデータ転送方法を説明する。
iPadをUSBメモリと接続方法
@ ボタンをスライドし、Lightningコネクタを接続する;
A 「AppStore」を開いて、「iStick」を検索しインストールする;
B 「iStick」のアイコンをタップして、アプリを起動する;(iStickを起動する前にサンワサプライのUSBメモリをiPadと接続し、iPad側が警告メッセージが表示される場合、「許可」をタップする。)
これで、iPadをUSBメモリと接続する操作手順が完了。正しく接続されると「iStick」が点灯する。

iPad USBデータ転送方法
@ メイン画面の「フォトライブラリー」をタップする;
A 転送したいファイルやフォルダ、例えば「カメラロール」を選択する;
B 「カメラロール」内のコピーしたいデータをタップして選択する。選択が終わったら「完了」を押す;
C コピー先が表示されるので「iStick」をタップすると、コピー先を選択の画面に入る。「ここにコピー」をタップして、iPad USBデータ転送がスタート!
ご注意:iPadをUSBメモリと接続してデータ転送するのが完璧ではない!
面倒な作業を解消するため、iPadをフラッシュメモリと接続してデータ転送をするか。だが、外部USBメモリを利用したほうも万全とは言えない。
@ iPadをUSBメモリと接続してデータ転送することにより、iPadバッテリーの消耗は激しくなってしまうような気がする。バッテリー持ちの悪いiPadにとって厄介なことである。
A 通常タイプのUSBメモリは7000〜9000円で販売されている。かなり高価なものではないか。そして、そんな余裕がない人なら、2000〜4000円ぐらいの安価なものを購入するかもしれない。だが、安価なUSBメモリはMFi非認証製品もあるが、iOSがバージョンアップしたら使えなくなったり、トラブルが多いそうである。
B iPad USBメモリデータ転送する場合、iPad側が専用なアプリをインストールしなければならない。iPadのストレージ容量を圧迫するではないか。
iPadをUSBメモリと接続要らず、MacX MediatransでiPadデータをUSBメモリやパソコンへ転送しよう!
以上書いた通り、MacX Mediatransはパソコン側で動作するiPad専用データ転送アプリケーションである。iPadをパソコンに正しく差し込むと、MacX Mediatransに認識される。そして、保存先を外部USBメモリに設定すれば、iPadにある写真や、音楽、動画、電子書籍など様々なファイルをUSBメモリに転送することができる。それに加えて、iPadデータを編集や削除することも可能。また、爆速スピードで魅力的。テスト結果によると、音楽20曲エクスポートが3秒、写真1000枚エクスポートが30秒、396MBのMKV動画変換が140秒!

【動作環境】:macOS Sierra, OS X 10.11/10.10/10.9/10.8/10.7、Windows 10/8.1/8/7/Vista, Windows Server 2008 SP2/R2 SP1,Windows Server 2012/2012 R2


【対応iOS】: iOS 7以降、iTunes 11.x2以降


【日本語対応】:可能(コンピュータで使われている言語によって自動的にインターフェース言語を選択する仕組み。)


【お得価格】:2,980円

高価なiPad対応外部USBメモリと比べて、MacX MediaTransのほうがずっとお買い得。このような操作性の容易さ、転送速度の速さ、機能の豊富さがすべて優れたものをぜひ見逃さないでください。
       
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >iPadをUSBメモリと接続方法
X