ホームiPhone・iPad・iPod > iTunes iPod同期できない原因と解決法

iTunes iPod同期できない悲鳴上がる!iTunes音楽同期に一番の解決法!

iPodをMacに連携できない、また連携しても認識されないなど問題でiTunes iPod同期できないことがよくある。それに、iPod iTunes転送したはずなのにデータが見つからないこともよくあり、ほかの不具合でiTunes同期できない報告も多い。なぜiTunes音楽同期がなかなか成功できないか。問題はなにか。それより一番知りたいのはどうしたら解決できるか。これからiTunes iPod同期できない原因と解決法を説明する。
iTunes iPod同期できない時の対処方法|iTunesを使わずiPodデータをPCに同期する方法!

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送したり、Apple Music、Apple iBooks、iTunes Storeから購入した音楽・動画にかかっているDRMを解除したり、各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

iTunes iPod同期できない理由は?解決する前にまず原因究明

iPodまたはiTunes設定が間違い

iPodはMac PCに連携したらパソコンに信頼すると選択すること。iPodがMac PCに信頼しないと充電だけできる。iTunes同期できないしiPod Touch同期できないことになる。また、iTunes 設定によりiTunes iPod同期できない場合もある。iTunesに「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」や「音楽とビデオを手動で管理」にチェックを入れるとiPod iTunes転送できないこともある。

iPodとiTunesバージョン不対応

iPodをバージョンアップしたらiTunesもバージョンアップしなければならない。古いバージョンのiTunesが新しいiOS搭載しているiPod Touch同期できない。また、新しいバージョンのiTunesが古い機種に対応できないという報告もある。バージョン不対応のせいでiTunes iPod同期できない場合にほかのバージョン、またはほかのiPod iTunes転送ソフトを利用すれば解決できる。

iTunes不具合

最近iTunesは不具合がよくある。iTunes音楽同期が成功できるはずなのにバックアップファイルが見つからない。また最新バージョンの場合にiTunesからデータを取り戻す時にiTunesライブラリ検出できない。それに、iPodがパソコンに確かに連携できるがiTunesに認識されない不具合もある。
iTunes同期できないエラー発生中!その原因と対処法まとめ

iPodスペース不足

iPodに音楽を転送する時に、その音楽ファイルを格納できるスペースがないとiTunes iPod同期できないに決まっている。でもiPodからiTunes同期できない時にスペース不足のせいのかもしれない。iPodがiTunesに連携することが一定のスペースが必要である。特に音楽以外にiOS10アプリも格納できるiPod Touch同期できない時にメモリスペースを確認してください。

正しいiTunes音楽同期方法で操作を確認しよう

まずはiTunesをダウンロードして、インストールしてください。起動して、iPodをMac パソコンに連携してください。最新バージョンでない場合にまず最新バージョンにアップしてください。
ステップ1:iPodをパソコンに連携したらiTunes界面の左上にスマホのアイコンが書いているボタンがある。そのボタンをクリックしたら音楽といったiPod iTunes転送できるライブラリリストがある。
ステップ2:左にあるライブラリリストの中に「ミュージック」をクリックして選択する。
ステップ3:「音楽を同期」のしたにいくつの設定があり、設定ができたら右下にある「適用」と書かれたボタンをクリックして、iPodにiTunes音楽同期する。

iPod Touch同期できない問題に終極的なソリューション

正しい方法でもiTunes iPod同期できないと、iTunes自身の問題かと思われる。iTunes不具合や、バージョン不対応など、しかもアップルエンジニアしか解決できない問題が多くある。これらの問題を一々解決するより、もっと簡単なのはMacX MediaTransを利用してiPod同期する。iPod機種を問わずにこのソフトがちゃんと対応しているので不対応など問題がない。iTunes音楽同期するよりずっと簡単高速で、iTunes同期できないのような悩みがない。ではこれからこのソフトを使ってiPodとMac PCと音楽を同期する方法をご紹介してあげよう。

iTunes iPod同期できない時の対策|iPod iTunes転送よりずっと簡単な方法ご詳説

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。音楽を保存するiPodを連携してください。
ステップ1:音楽転送ウィンドウを開ける。
標記されるところにクリックして、音楽転送ウィンドウを開ける。
あわせて読みたい
iPod Touchの場合に音楽だけではなくて写真と動画も転送することがある。このソフトなら音楽以外に写真、ビデオ、電子書籍なども転送できる。詳しい方法はこちらで:
iPodからMacに音楽をコピーする場合に:
ステップ2:iTunes iPod同期できない音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。
この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。
ステップ3:「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPodで保存される音楽をMac PCに転送することが始まる。
MacからiPodに音楽転送する場合に:
ステップ2:「音楽追加」というボタンをクリックして、音楽ファイルを選択する。
追加しない音楽を選択してしまうと「音楽消除」をクリックして追加された音楽を消去する。消去した音楽の前に「Del」と書かれるとその音楽はiPodに同期しない。
ステップ3:音楽を確認したら「同期」を書かれた青いボタンをクリックして追加される音楽をiPodに転送し始まる。
Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPodから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。
上記の操作手順を参考にしながら、iTunes iPod同期できない、iTunes iPod認識しない、iTunes iPod曲が入れないなどといった不具合を完璧に解決できる。更に、MacX MediaTransはiPod内のデータ(音楽、ビデオ、写真、電子書籍)を同期できるだけではなく、iPhone/iPad内にあるデータも手軽に同期できる。その他、iTunes Store/ibooksから購入したDRM付き音楽ファイル、ビデオファイル、オーディオブックをiPhone/iPad/iPodに転送できる。機能が非常に豊富、この素晴らしいソフトをお見逃しないでください。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iTunes iPod同期できない原因と解決法