ホーム > ブログ >MP4 動画をDVDに焼く方法

【MP4 DVD書き込みソフト】コツ!MP4をDVDに素晴らしく書き込みできる方法をご解説!

MP4 DVD書き込み


MP4はその動画形式の優良性ですでにメジャーな動画形式として、多く利用される。ネットでも、撮影機能付きのデバイスでも、MP4形式が多く見られるね。DVDをMP4に変換するならどこでもいつでもDVD内容を楽しめるとは便利だが、MP4をDVDに書き込みたい場合もあるのね。

例えば、携帯電話やタブレットなどでいろいろ親友に関するのMP4動画を撮った。誕生日や結婚などの記念日に友人に直接で勝手にMP4動画を転送するより、やはりMP4をDVDに作成して、DVDディスクで友に贈ればもっと誠意と大切な気持ちを伝われるだろう。MP4をDVDに変換すると友人に自分のまじめな態度と本気の気持ちを表す。そのため、MP4をDVDに焼くつもりな人も多いね。

MP4をDVDに書き込み:MP4をDVDに素晴らしく作成しよう!

あの、もし事前にMP4動画効果をよく扱わないとMP4をDVDに作成しても、DVD動画が高質ではなくごたごたばかりなら、何とか、むだ骨を折るような感じね。で、DVD 作成ソフトを利用してMP4をDVDに書き込みの前に、MP4動画をまじめに扱ったほうがいいと思う。

要らない部分をカット、いくつかの動画をマージなど、と言うことは、MP4 動画をよく編集したあと、MP4をDVDに書き込みをすれば、DVDディスクの動画効果がもっと素晴らしく、見ると気持ちもいいね。そのDVDディスクをもっと大切になって、収集価値ももっと向上だろう。

そこで、MP4をDVDに書き込みが正式にスタート前に、まずMP4を素晴らしく編集しよう。素敵なMP4 動画をDVDに焼くとは最高!今回オススメのMP4 DVD書き込み方法について、動画の編集から動画をDVDに焼くまでも詳しく解説する。

編集とはちょっと専門が、では今回は素人でもうまくいける簡単かつ実用的な編集方法をご紹介。今回強くオススメのMacX Video Converter Proがすごい。筆者もずっとこのソフトを愛用している。その理由は:

Mac用
Windows用

1. インターフェースとデザインがシンプル、操作が簡単!
2. トリム/クロップ/ウォーターマーク/字幕追加などの多彩な機能を搭載。ウォーターマークが好き。MP4をDVDに変換した後、再生された動画にはあなたの面白いウォーターマークが表示できる。製作者の名前、または好きなアイコンも動画に追加でき、まるでテレビ局のマークのような感じ、面白いね。
3.動画だけではなく、写真をBGM付きスライドショー、動画に作成できるので、複数の写真も動画の形式でDVD 焼くことが可能。
4.ただ編集機能ではなく、動画変換機能も凄い!任意の動画形式(M2TS / MTS / MKV / 4K UHD動画も対応)を世界一の速度と優れた出力品質で任意の動画とデバイスに変換できる!
5.動画ダウンロード機能も素敵!リンクの解析能力が強いので、YouTubeダウンロード、Openload、ヤフー、ニコニコ動画、FC2動画、ツイキャス、Hulu(フールー)、ひまわりおよび他の人気の高い動画共有サイトから動画気楽にダウンロードできる!
6. Mac版のスクリーンレコーダー、カメラ・ビデオレコーダーの録画機能も使いよい〜

とにかく、本当に超高性能の動画編集、動画変換、動画ダウンロードなどオールインワンソフトね。

それでは、MP4をDVDに書き込みの前、まず一緒にMP4など動画を素敵に編集して素敵なMP4をDVDに作成しよう!
まずはMacX Video Converter Proをダウンロードして起動してください。

MacX Video Converter Proに関する詳しい情報>>

【MP4 DVD書き込み】MP4をDVDに素晴らしく作成出来る方法〜

Macユーザ:起動してから、スクリーンの上にある「help」キーを押して、界面言語を日本語に指定できる。

Windowsユーザ:起動してから、界面デフォルト言語は英語なので、(?)をクリックしてから、界面言語を日本語に変更することができる。

MP4 DVD書き込み

ステップ1:動画(MP4をはじめ、任意の動画形式でも対応できる)を追加後、動画編集の「Edit」をクリックして、動画編集のインターフェースが現れる。

 

ヒント:そこで、「元のビデオの情報」、「リネーム」、「出力形式の変更」、「ビデオパラメーターの設定」などの選択肢が用意しておき、お好みに合わせて設定してください。

 

MP4 DVD書き込み

ステップ2:お好みの動画編集オプションを選択してください。

字幕追加:「字幕」をチェックし、「字幕設定起動」を設定有効にしてください。内蔵された字幕トラックまたはダウンロードした外部字幕ファイル(.ssa/.ass/.srt)を動画に追加する。字幕ファイルがない場合は、opensubtitles.orgに訪問して、字幕を無料にダウンロードしても良い。その後は、「完了」をクリックしてください。

トリミング:「トリミング」をチェックしてトリミング設定起動を設定有効にしてください。開始時間/終了時間を直接設定するか、再生しながらビデオプレビューウィンドウの下にあるスライドバーを左右にドラッグして、残したい部分が決定したら、「完了」をクリックしてください。

 

MP4 DVD書き込み

クロップ&拡張:「クロップ&拡張」オプションをチェックし、「クロップ設定起動」を設定有効にしてください。動画のサイズと位置の数値を入力してリセットをクリックして、手元の動画の縦横比を16:9(320×180)/4:3(320×240)/1:1(320×320)に変更することが可能である。或いは、プレビュー画面でクロップしたい範囲を直接調整しても良い。それで、動画のの上下/左右の黒帯を消す。後は、「完了」ボタンをクリックしてください。

ウォーターマーク追加:一番右側にある「ウォーターマーク」オプションをチェックして、「水印プラス」を有効状態にしてください。ビデオにイメージ/テキストウォーターマークを追加することができる。それに、追加されるウォーターマークの透明度、方向を調整することが可能である。後は、「完了」ボタンをクリックしてください。その後、MP4をDVDに焼くことがはじめられる。


Windows用動画ダウンロードソフト

MacX Video Converter Proの使い方>>

 

動画を素敵に編集した後、MP4をDVDに書き込み始め〜

一応ネットから調べると、MP4をDVDに作成ソフトが多いね。MP4などの動画を素晴らしく編集したあと、WindowsのユーザはWindows向け、MacのユーザはMac向けのDVD 作成ソフトを利用して気楽にMP4 動画をDVDに焼く。でも、どのMP4 DVD書き込みソフトを選択する前に、ご自分のOSと互換性があるかを確認してください。今、多くのDVD書き込みソフトがすでに開発終止されたので、最新のMacのOSやWindows 10で利用できない場合が多いよ。みなさんはご注意してください。

Windows&Mac|高評価の多い人気MP4をDVDに作成ソフトランキング>>

Windows編: ImgBurnでMP4をDVDに変換

 

MP4 DVD書き込み

ImgBurn 3.5.4.0を無事にインストール&日本語化されてから、起動してください。「メニューバー」→「モード」→「EZモード選択」を選択してください。

EZモード画面から「ファイル/フォルダをディスクに書き込み」ボタンを押すと、「通常のファイルをDVD-RやBD-Rに焼く」という画面が現れる。後の操作は以下の通り。

@ 、ここにDVDに焼き込みたいMP4動画フォルダやデータを、ドラッグ&ドロップで追加する。右側には削除ボタン、追加ボタンなどという各種ボタンが用意される。
A 、DVDディスクアイコンを押すと、登録したMP4データ/フォルダからDVDへの書き込みがスタート。
B 、書き込み速度やコピー枚数を指定する他、DVDやBDに焼き込む際の詳細な設定ができる。ここでは、確認しておくべき項目をご紹介する。「オプション」タブの設定では、DVDの場合は「ファイルシステム」の項目が「ISO9660+UDF」、や「UDF Revision:」の項目が「1.02」と設定しているか否かをご確認ください。(なお、BDの場合は、「UDF Revision:」の項目が「2.50」になっているか確認してください)

ImgBurnの詳しい使い方はコチラ>>

Mac編:FinderでMP4をDVDに書き込み

Macに標準搭載されているアプリケーションFidnerでMP4 動画をDVDに焼くことができる。

ステップ1:

光学式ドライブに空のDVDディスクをセット。

ステップ2:

MP4 動画を左クリックして、「ファイル」>「“<ディスク名>”のディスクを作成」と選択し、指示に従って操作ししてればOK。

ヒント:【Finder】を利用してDVDを書き込むには知るべきことがある。“書き込み“というより、むしろ【Finder】は出力DVDディスクをUSBメモリ化にして、ソースファイルをそのままでDVDディスクへ保存する仕組みである。つまり、映像データは、DVD-Videoフォーマット規格ではなく、MP4の映像の元の形式でDVDディスクへ保存するのである。それにより、【Finder】で作成したDVD映像が一部のDVDプレーヤーで再生できないこともあるので、ご注意ください。

Mac編:BurnでMP4をDVDに作成

Burnを利用すればMP4をDVDに焼くことも簡単に実現可能。MP4 DVD書き込み

ステップ1:
Burnを起動すると、「ビデオ」タブ→「一般」→「一般」タブ→「NTSC」の手順設定してください。

ステップ2:
「ビデオ」タブ→「DVD」→「MPEG2エンコードを強制する」をチェックする。複数の映像ファイルを入れるのであれば「DVDテーマを使用」をチェックしたほうがいい。

ステップ3:
左下にある「」ボタンからファイルを追加。「mpgにそのファイルを変換しますか?」と表示されますので、「変換」を選択。その後、ファイルの保存先を指定してください。

ステップ4.
「ディスク作成」をクリックするとMP4をDVDに書き込みの処理が開始。あとはDVDができあがるのを待つだけ。

合わせて読みたい:
綺麗な映像でYoutubeをDVDに焼く方法>>

MP4 DVD書き込みに役立てるソフトMacX Video Converter Pro

MP4をDVDに書き込みの前に、このソフトでMP4を素晴らしく編集しよう!優れた動画ダウンロード・変換・編集ソフトMacX Video Converter Proは、任意の動画をiPhone(iPhone 7/7 Plus/SE/6s/6s/6), iPad (iPad Pro/Air 2/mini4/mini3), iPod(iPod Touch6/nano),Xperia(Xperia Z5/Z4/Z4 Compact),サムスン(Galaxy Note7/Galaxy S7/S7 Edge/S6/S5)などのお使いのデバイスにダウンロードできるほかに、様々なビデオ編集機能も備える。それで、スマホで撮った旅行写真をスライドショーに作成したり、撮影した動画のフレームレート/ビットレート/解像度を調整したり、字幕・ウォーターマークを追加したり、動画の要らない部分をカットして動画を合併したり、内蔵カメラ/ウェッブカメラで動画を録画してYouTube/FaceBookなどという共有サイトにアップロードしたりできる。動画編集にはまっている人にとっては、この動画変換ソフトは非常に役に立てる。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

MacX Video Converter Proの使い方はシンプルで、日本語にも対応していて、初心者でも扱いやすい。MP4 DVD書き込みに役に立てるソフト。動画変換を行える他、動画ダウンロード、動画編集、動画録画も可能。

関連チャンネル